上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家を建てようと思ったことに、明確な目標のようなものが有ったわけではなかった。結婚したのはいいが親の家は狭すぎるので、自分たちのスペースを確保しようと考えただけだった。
家に対して、そう特別な強い思いがあったわけではなかったし、まあ結婚したのだから自分たちの家を持とうか、と軽い気持ちであったと思う。この軽い気持ちが住まいに対して勿論、生き方に於いてもまだまだの証であり、その軽い気持ちで住宅展示場へ行ってしまった。そもそもこれが全ての間違いの始まりであった。
226蕾何事もそうだが、軽い気持ちで安易に出来る行動の選択は、所詮安易でしかなく、重みの無い軽い物しか生み出さないことをその後学ばされることになった。
自分の気持ちがまとまっていないのに、まだ本当に真剣に住まいについて考えたこともないうちに、住宅展示場に行くべきでないことも、後から知らされることになった。
だいたい住宅展示場とは何か、などということも全く考えもしなかったし、ただ社会の空気に大きく影響されて、夢遊病者のごとく住宅展示場へ誘導されてしまったように思う。何も知らない、何も考えたことがない無知で、ずぶの素人が、ある種の完成(広い意味で完成されているかどうかは別問題)された建物をいきなり見てしまうことは非常に問題である。
住宅展示場に有る建物は単なる商売道具に過ぎず、住宅について勉強するどころか、ある既成概念に洗脳するための物でしかない。少なくとも27才の時の自分ではそういう考え方は出来なかった。(住まいは人生に於いていたって重要な物の一つであると思うが、そうでなく、それなりの形が有れば良いという考え方をする人もいると思うので、住宅展示場へ行くことを一概に否定するわけにも行かない)
今振り返るとそんな中で、余り先のことも考えず決めてしまったのだから、かなり恐ろしいことをしてしまったことになる。
前回のブログで書いたように、接着のことを多少聞きかじっていたために、結果として誤った選択をすることになった。
226鳥M社のカタログの中に家を構成する木質パネルの強度のことが書かれていた。勿論、強度が非常に大きいということである。接着剤についてちょっと知ったかぶりをしていた私にとっては、正に我が意を得たりという心境であった。
これで決まってしまった。接着工法は最先端であると思い込んだ。こんな優れた工法はない、と決めつけた。今から見ると何とも救いようがないことをしたわけである。
若さ故であろうが、家に対しては余りにもがきっぽ過ぎた。
そんな訳で、初めて家を手に入れるに際して冒してしまった失敗の中で、最大の失敗は何も考えずにまず最初に住宅展示場へ行ってしまったことなのである。そこへ行けば何かが分かると思ってしまったことであり、住宅構造としては特殊な、木質パネル工法を選んだことにある。これがその後のいろいろな問題につながっていった。
内部結露の問題(これが17年後に明確になった)もあるが、新築時に施工する業者を選べないこともその一つである(M社に発注したのだが、実際の工事に来たのは知らないどこかの工務店であった。そんなシステムで建築がなされることさえも知らなかった。また、これも後で気がついたのだが、何故こういう構造の家の施工をしたがる大工さんがいるのかも不思議になった)。
その後、増築改築時に間取りの変更に大きな制約があること、特殊な構造であるため、近くの大工さんに頼むことが出来ないこと、など何しろ自由度が極端に制約されてしまうことを知った。
226クリスマスローズしかし、これら失敗の原因は全て自分が物事を知らな過ぎた為に起こったことであった。密閉された木質パネルの中に、何らかの理由で水蒸気が入れば、温度条件によって結露が発生するのは、至って当たり前な物理現象である。結露が発生し、時間が経てば木質である以上腐るのも至極当たり前のことである。それに気がつかず初期強度だけを見て決めてしまった事が最大の反省である。
その他、無知であったために後から「えっ!」って言ったことにモルタル壁の定期的な防水メンテナンスのことがある。外壁の選定に当たってそんなことは一言も聞いていなかったが、正にあとの祭りであった。30mmの断熱材が入っていることは確認したのだが、その密度は確認しなかったし、ましてそれで足りるのか足らないのか、どう固定されているかなど検討することは思いも付かなかった。今は多少偉そうなことを言っているが、27才の時にはまだ本当の意味で断熱材の重要さを理解していなかった。

家は洋服のように仮縫いで試すことが出来ない。つまり仮にある期間住んでみて不具合を改善して作り直すことは出来ない(但し、いわゆる未完成で引き渡しを受け、住みながらより住みやすくしていく、というやり方もある)。
住宅展示場に行く暇があるなら、自分の5年先、10年先、20年先・・・の人生、生き方をゆっくりと想像し、夢見てみるべきである。社会の流れ、変化を想像してみるべきである。
実際にいろいろな楽しい生き方をしている人の生活と、その建物を見ること、意見を聞くことも参考になるだろう。
それにより自分の生活してゆく形も、おぼろげながら見えてくるだろう。
そしてそんな自分の人生にふさわしい家とは何か、を想像してみるのが最初だと思う。
ゆめゆめ最初に住宅展示場などに行くべきでない。
せっかくの住まいである、先ずはじっくり自分と家族を見つめ直してから始めるべきである。
これが最初に建てた住まいから得られた反省である。
スポンサーサイト

これから私の家に関わる履歴を振り返りながら、家、住まいについて書いてみたいと思う。
その前に、何故、これからの家の在り方について書くのか、自分の経験を書いてみたい。
222犬スグリ
今、ご存知な様に地球環境が変わろうとしている。今まで私たちが享受してきた自然環境を子供や孫に残せそうもないことが明確に成ってきた。特に孫が二十歳に成った時、どんな環境が彼らに襲いかかるのか心配でならない。
温暖化の原因は、人類一人一人の生活向上心にあるのだが、それそのものが悪いわけではない。快適さを満足させるためにの熱エネルギーを化石燃料から取り出すことが原因である。たまたま、地球に石炭石油などが有ったため、私達が使ってしまったことが温暖化を招いてしまったのである。そのことが明確になったのが現在である。
その時代にあって家を建てるとはどう有らねばならないのか、私達は今まで経験したことがない新しい条件を突きつけられることになった。
私達はエネルギーを買わないで一時たりとも生活することは出来ない。その絶対必要なエネルギーというものは、いつでも好きなだけ買うことが出来る物として、社会の在り方全てを構築してきた。そしてそのことが結局温暖化を招くことになった。
それを解決するためには、今買っているエネルギーを使わないようにするしかない。しかし、私達はエネルギー無しでは居られない。となると、どこからかエネルギーを持ってくるしかない。原子力エネルギーに頼ることは核廃棄物の無害化方法が確立していない現在、大きな問題がある。
222ホトケ
現在、すぐにでも使えるのは太陽エネルギーしかないことになる。太陽エネルギーは無尽蔵のエネルギーであるが、大量に集中して取り出せるエネルギーではない。そこが化石エネルギーと非常に違うところであり、化石エネルギーに浸かりきった発想では通用しない。
価値観の大きな転換である。今までやってきた全てが否定されかねない時代なのだと思う。そういう時代の中で家を建てるということが、どういう事なのか考えてみたいと思う。
床暖房の仕事に携わってから三十年になる。建築の勉強をしたわけではなく、建築業界で仕事をしたいと特別思ったわけではない。
カメラメーカーで開発の仕事をしていては独立が出来ないと思っている時に、たまたま床暖房に仕事に巡り会った。
当時、商品開発の仕事をしていたのだが、このままでは独立できないと感じていた。独立して生き残るためには、営業、つまり商品を売ることが出来なければ独立など単なる夢に終わってしまうと感じていた。独立して自分で仕事をすることは学生時代からの夢であったが、サラリーマン生活が十年に成ろうとしているのに、その切っ掛けが中々掴めないで居た。そんなとき知人が経営する商社から、床暖房についての相談を受けた。これが床暖房との運命的な出会いである。その床暖房が古河電工のサンサニー電気床暖房パネルだった。
早速自宅に自分で取り付けてみた。これで営業を勉強してみようと思った。そこから床暖房の人生が始まることになった。
床暖房の仕事で営業を覚え、それから独立しようと思った。自分の理念に基づいた自分の商品を独自に開発して、それで生きて行く人生を選んでみたかった。
しかし、思い通り独立できたのは七年後の四十二才の夏だった。
222クロ
初めて家という物を意識したのは家族で我孫子に引っ越した時になるだろう。十九才の時である。勿論、父が計画したのだが、父の兄が建築家であったためほとんど設計を任せたのだと思う。昭和三十九年(1964年)のことである。屋根の色はグリーンがいい、自室の壁はブラウンのクロスがいい、などと言ったことを憶えている(余りにもお粗末である)。
それが初めて新築と関わった経験である。それまで畳とちゃぶ台の生活がテーブルと椅子になった。テーブルと言っても、それまでのちゃぶ台の足が長くなっただけのような小さなテーブルだった。それでも何だか新しい文化生活が獲得できたような気がしてとても嬉しかったことを憶えている。誰かが来た時のためにとテーブルに取り付けられる補助台を手作りした。しかし、今考えると余りにもちゃちな物であった。当時は下水が設備が無かったため、時々下水吸い込み用の穴も掘った。今思い出すと懐かしいが、2m余りの深さの穴を掘るのは大変だった。それが新築に住んだ最初の経験である。
それから七年後の昭和四十六年(1971年)に初めて自分の家を建てることになった。
結婚して一年目の二十七才の暮れだった。勿論、七年前と同じように住宅に関しては全くの素人であったため、多くの失敗をし、多くを学ぶ羽目になった。
当時、私はT社でマイクロモーターの新しい部品開発のために貴金属合金シートとエポキシ板を接着する研究をしていた。接着という技術については全く知らなかったので、先ずはあらゆる接着技術について調べてみた。接着というと糊とか、精々セメダインぐらいしか知らなかった私にとって、接着剤とその応用技術の進化に目を見張った。接着剤に出来ないことは無いんじゃないかとすら思ったほどだった。なまじっか物理を専攻していたため、また若気の至りで根拠のない自信を持っていたため、技術屋づらをして、あらゆる事の原理が分かると勘違いしていた。そしてその高慢さ故にその後当然大きなしっぺ返しを食うことになり、数々の反省をさせられることになった。
しかし、それが私の今に大いに貢献してくれたことは間違いない。

太陽光発電について朝日新聞に載っていた。「設置費 元取るのに20年」の見出しである。太陽光発電パネル設置に対しては十年前と変わらない相変わらずの捉え方である。
黄鳥
結論から言うと、元が取れるかどうかを考える人は、太陽光発電パネルなど載せない方が良い。せいぜい省エネ家電を買い込んで、できるだけ電気を節約して生活をしていた方がよっぽど得だ。
太陽光発電パネル利用に付いては、今までに何度も書いている。太陽エネルギー社会の入り口が見えるまでこれからも何度でも書いてゆきたいと思う。
しかし、太陽光発電のことを検討する時、どうしていまだに価格のことしか考えないのだろうか。
太陽光発電は単に目先だけの価格で判断する程度の物なのだろうか。
20年先の未来がどんな社会になってるかなど考えたことがない人が、今の電気代が1Kwh/25円だからといって、それで計算してしまうとは、どういう事なんだろうか。それで何かが分かったような顔して判断してしまうというのはどういう事なんだろうか。
勿論、10年後でさえ電気代がどうなっているか、エネルギー事情がどうなっているかなんて誰にも分からない。
唯一明確に言えそうなことは、温暖化が進んでいるだろう、ということだ。
それにもかかわらず、いい大人がそれを判断基準にしてしまうというのは何とも不思議でならない。
朝日新聞ともあろう者がもう少しましな書き方はないのだろうか。
黄水仙2太陽光発電パネルを単なる家電製品程度に捉えてしまって良いのだろうか。その辺の位置づけが全く議論されず、金だけでその価値を判断しようとする社会風潮に先ず問題がある。
何故、大分部の人は金が儲かるかどうか以外に意義を見つけようとしないんだろうか。儲かるか儲からないかという金のことしか考えていないから、いきなりペイするかしないかなどという言葉しか出てこないのだ。
太陽光発電パネルはエネルギーを作り出してくれる製品であり、エネルギーを消費する製品ではない。石油や石炭、天然ガス、原子力を使わないでエネルギーを生産してくれる至って優れものである。
現在、太陽光発電パネルは少しばかりの補助金はあるが、個人が設置することになっている。あたかも個人がやらなければいけないようである。
これが先ずおかしい。自分の屋根に乗せて、その電気をどこにも配らないのであるなら、それは個人が金を出すべきものである。
しかし、電力会社の電線につなげるのであれば、それは個人の為だけのものではなくなってしまう。何故なら、その電気を他の人が使うからであり、そうすれば、その分だけ電力会社は発電しないで済むことになる。つまりその分だけ石油の輸入をしないで済むことになる。これは大部分のエネルギーを輸入しているこの国の為にも成ることである。
太陽光発電パネルを載せるということは、国のインフラを作ることに他ならないのだ。
水仙太陽光発電パネルの設置というのは、本来、安全保障手段の一つとして国の最大の事業とすべきことである。それにもかかわらず補助金を出してやるぞ、という態度と、その少なさは本当に腹が立つ。もしかして、原子力さえあればそれで間に合うと思って居るんだろうか。
現在、この国がエネルギー輸入のために使っている金は年間ざっと20兆円ぐらいだと思う。全予算の25%ぐらいになる。これだけの金を使っているのに多分その自覚はない。これを毎年繰り返しているのだ。当然10年で200兆円である。凄い額である。これだけ使ったら出来ないことなど無いのではないだろうか。
太陽光発電パネルの設置の金は全て国が出すべきである。つまり税金を使うべきである。個人の家の屋根を借りるべきである。勿論、屋根を貸すのだから、そこで発電された電気は家主が優先的に使えるのは当然である。
菜の花2
エネルギー問題は正に政治問題である。政治がきちんとした目標を設定し、金を投入すれば解決する問題であると思う。
現在、原子力発電復帰の波がヨーロッパを襲っているようだ。あの環境対策優良児ドイツも、スエーデンも原子力発電の寿命を延ばさざるを得ないと考えているようだ。それだけ温暖化の見通しはせっぱ詰まって居るんだろう。
だからといって原子力復帰で本当に良いのだろうか。それで文明が継続できるんだろうか。
温暖化社会から本当の意味で脱出するチャンスを見逃すことに成りはしないだろうか。
我々は目先の合理性につじつまを合わせた結果、現在の環境問題が発生したことを学んだ。
今こそ、それを生かすべきであろう。
地球上で生きてゆくのに太陽エネルギー以上のエネルギー源は無い。
そうであるなら、一刻も早く太陽エネルギーに頼る社会を目指すべきであろう。
同じ間違えを二度と起こすべきではないだろう。



地中断熱をすることから、白アリが気になっている。国産の白アリに加え、アメリカカンザイ白アリなども広がりつつあるようだ。先日、テレビでも伝えていた。
折角家を建てても白アリに入られてしまうと厄介な話になる。
白アリが家の木材を食うことは自然現象の一つであるが、何とも不快なことである。人間は自分にとって迷惑なことは断じて排除してきた。それがつまり今の文明である。
0206夕焼け
自然現象を無視、自分の都合が良いように強引にねじ曲げることが進歩であり、発展であるとしてきた。そんな目から見れば、白アリにより自分の所有する家が食われてしまうことは何とも耐え難いことである。そのため人間は目の敵のように彼らを殺しまくっている。
白アリが地上に誕生したのは人類の誕生よりも大分前だろう。人間が木の住まいを作り始めるずっと前だろう。
人間が住み着く前、そこには全てが森だった。そんな遙か昔から白アリはそこに住み、木を食べていたはずだ。
倒木を白アリが食べることにより自然の循環が加速された。倒木は消え去り、土に戻り、そこにまた新たな命が育っていった。0206クロッカス
今、害虫と言われている白アリは、実は地上の自然循環を行う重要な分担者であったのだ。自然循環の役割を持ちながら生活をしていた白アリの土地に、人類が進出し森を伐採し、家を建てた。その為、白アリは食べるべき倒木が無くなってしまった。当然、白アリは家を食べざるを得なくなってしまった。これが今、白アリが害虫として扱われる経緯であろう。
これは勿論、白アリに家を食べさせてあげなさいと言っているのではない。もし自分の家が食われたらしゃにむに殺虫剤をふっかけるだろう。
白アリが大切な家を食べてしまうのは、自然の営みの一環に過ぎない。地球環境を維持するためのシステムの一部なのだ。
環境共生って何だろうか。簡単にそんな言葉を使って良いのだろうか。環境共生住宅という物があるがどれだけの範囲で共に生きれば共生といえるんだろうか。
自然環境の中に不変な物はない。誕生があって、生があって、死があって、分解があって、次の誕生の養分になり、それが永遠に繰り返されて地球上の生物環境は成り立っている。
それが自然の自然たるゆえんである。それらと共に生きることが、すなわち共生だろう。
それらを考えずして、本来、200年住宅などと簡単に口にすべきではないのではなかろうか。
白アリをいかに殺すかだけしか考えていない現代のやり方で、これからの新しい時代が生まれるのだろうか。
白アリのような分解するシステムを、むしろ社会に取り込み、白アリが食えるプラスチックの開発が有っても良いと思う。
家に於いても白アリが興味を示さない材質と構造をもっと考えるべきではないだろうか。
0206梅2
勿論、家に人が住む以上、エネルギーが無くてはならない。自然と共生するためには、それが太陽エネルギーに置き換えられて行かねばならないのも、これからの必然であると思う。しかし、それだけ考えれば済む話ではないのだと思う。
当然、白アリのことだけを考えれば済むわけでなく、共生と言いながら白アリのことすら考えていない在り方で、本当の共生には到達できないのではないかと考えてしまう。
その他にも、気がついていないが、考えねばならない事が沢山あるのだろう。
本当に真剣に住まいを考えることは、何とも難し事である。
とても答えなど出そうにもない、が、いずれにしても答えは出さねばならない。
理想的な家って何なのだろうか。どうあらねばならないのだろうか。
自然素材で作ればそれで済む話でもないような気がする。
今後も追求して行きたいと思う。
次の休みには改めて蟻道が無いかどうか家の周りを点検してみるつもりである。



プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。