上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回のブログでアクアレイヤーの売り上げが伸びないことを書いたが、イゼナの大黒柱であるアクアレイヤーについて改めて書いてみたい。橋
現在、アクアレイヤーが使われる場合は、殆どがオール電化住宅である。
当然だが、オール電化住宅で蓄熱式のアクアレイヤー床暖房(ヒートポンプ熱源の場合)を使うとランニングコストはダントツに安いし、CO2の排出量もこれもダントツに少なくなる。
アクアレイヤーには、オール電化に使える電気式床暖房は現在二種類ある。
一つは発熱ヒーターを用いる物、もう一つは電気ヒートポンプを熱源にする物である。
アクアレイヤーはその特性上、どちらの熱源も用いることが出来る。しかし、同じ熱量を出すのにはヒートポンプの方が3倍ぐらい効率が良い(これからの時代は熱源としてヒートポンプが主流に成るだろう)。ビニール
アクアレイヤーというのは水の大きな蓄熱性能を利用している床暖房である。水は自然界で最も蓄熱性のが大きい物質である。
その為、夜の11時から朝の7時までの最も電気料金が安い時間帯の電気を使って蓄熱することが出来る。
電気代が安いオール電化にして、さらに得する床暖房は、このように大きな蓄熱量を持っていなければ成らない。
言い換えると、一番安い時間帯で通電し、蓄熱した熱で残りの16時間の暖房もまかなうことができなければオール電化用床暖房とは言えない。
アクアレイヤー床暖房はオール電化住宅の月々の電気代を更に安くすることが出来る蓄熱式床暖である。
と同時に、世界で唯一のお尻の下だけが熱くなるこもり熱の排除機能を持っている床暖房でもある。また床衝撃音を減衰し、静かな床にする特性、非常時の備蓄水としての機能、長さを自由に決めることが出来るフレキシブル性、昼間の太陽熱も取り込む設計が出来るなど数々の優れた特徴を持っている床暖房である。
一般の単なるシートヒーター式床暖房やパネルタイプの床暖房は蓄熱性が殆ど無いため、安い深夜時間帯で熱をため込むという最も重要な性能を持っていない。
オール電化だからと言って深夜時間帯に熱をため込むことが出来ない電気式床暖房を選択することは全く不親切なことであると同時に、環境への配慮を全く欠いた選択と言うことになる。
オール電化住宅で選ぶ床暖房の種類をまとめてみると以下のようになる。
・オール電化住宅最適床暖房ーーーーーーー水蓄熱式イゼナアクアレイヤー床暖房
・その他の蓄熱式床暖房ーーーーーーーーーコンクリート蓄熱式床暖房
                   潜熱蓄熱式床暖房
・オール電化住宅に不適切な床暖房ーーーーシートヒーター式電気床暖房
                   パネル式電気床暖房
                   パネル式温水ヒートポンプ床暖房
                                など枕木葉

アクアレイヤーの最大の特徴は前記したように、水の大きな熱容量を利用しているところである。
床暖房であるからそれらは当然床構造内に納めてある。
つまり、床材の下は大きな蓄熱庫ということになり、何ら余分なスペースを取らないばかりか、その溜め込んだ熱を直接取り出し床暖房として利用することが出来る。
そのような優れた性能があるため、ソーラーハウスには絶対欠かせない太陽熱を溜め込む蓄熱庫として利用することも出来る。
これからの時代はオール電化と太陽熱の組み合わせが主流になるだろう(何故オール電化かというと、太陽光から電気を作り出す太陽電池が住宅の屋根に取り付けることは常識になるからである)。
今までは、太陽熱の蓄熱庫は外置きのタンクか、床のコンクリートに直接日射を当ててるしかしか無かった。
アクアレイヤーはそれらと違う第三の方法の提案である。田んぼ
そういう使い方が出来るアクアレイヤーは、既存の住宅をソーラーハウス化リフォームをすることを可能にした。
現在、新築においては以前に比べればかなりの省エネ化が図られている。
その代表的な物は断熱化である。壁、床、屋根への断熱材の施工とペガラスの標準化であり、気密化である。
これらによりエネルギーの消費量、つまりCO2の削減する新しい住宅ができ始めている。
このように新築は性能がアップしつつあるのだが、既に建っている大部分の家は今まで通りの性能に据え置かれたままである。
温熱環境の快適さの向上と消費エネルギーの削減、つまりCO2の削減はこれからの社会の緊急事項である。
既築住宅のソーラーハウス化リフォームは急務である。
ソーラーハウスの条件は、集熱と蓄熱である。勿論、それらの機能を付加する前に断熱化をせねばならない。
断熱化無くしてはソーラーハウス化どころか、それ以前の省エネ対策すらも出来ないことになる。
つまり、ソーラーハウスの条件は、1)気密化を含んだ高断熱、2)太陽熱集熱システムの設置、3)太陽熱蓄熱槽の設置、ということに成る。
勿論、ソーラーハウス化にどの条件も欠かせないが、リフォームにおいて、どんな蓄熱庫を、何処にどう設置するかは大きな問題である。
それらの問題をクリアー出来る蓄熱システムはアクアレイヤーが最も適切であると考えている。
このようにアクアレイヤー蓄熱式床暖房が最も真価を発揮するのは、これから始まるソーラーハウス用蓄熱庫としてである。鵜
ソーラーハウス化とは太陽熱を用いて暖房、給湯、調理ができる住まいにすることであり、太陽電池で発電した電気を社会と自宅に供給する住まいのことである。
勿論、自然エネルギーである風や水力で発電することも含まれる。つまり今までのようなお金で買うエネルギーから自前するエネルギーへの転換することである。
化石エネルギーに依存しない社会に作り直すことである。
ソーラーハウス化の中でアクアレイヤーが担当するのは、室内の温熱環境に関わる部分だけである。
ソーラー給湯とソーラー調理にはアクアレイヤーの出番はないが、ソーラーハウス化にとって、その重要度が増すことはあっても減ることはないであろう。

スポンサーサイト

また今年も終わろうとしている。
先日、久しぶりにTVタックルを見た。
景気が悪く個々の人たち仕事が上手く行かないのは政治や国が悪いという意見が多かったようだ。
他の原因に押しつけると多少は心が落ち着くことがあるので、その気持ちは解らなくはないが、ちょっと男々しい(最近はこれで「めめしい」と読む)かなという感じもした。
もう少し自分のことは自分だけで解決してやろうという気概ぐらい持ったらと思った。館

実は超弱小企業の弊社も今年は売り上げが相当ダウンした。
しかし、これは社会が悪いわけでもない。
あえて言うなら単に自分の力不足であっただけである。
当然であるが、イゼナには税金による補助金などどんな援助もない。
自分で開発した環境に関わる商品で食うのが目的でやって来たが、これも当然であるが、開発費も全て自前でやっている。
と言うより、言っているほど大したことをやっていないので貴重な税金など出してはくれないのだろう・・・・
まあ、意地でも税金の援助は受けずに自分の力だけ(勿論、社員を含めた多くの方々や企業の援助がなければ、具体的には殆ど何も出来ないのだが)で何とかやってやろうと思っている。
そんなことを言っているから未だにこの様な超弱小企業に甘んじるしかないのだろう。
時代は変わる、社会は変わると言っていながら、言っているほど自分の業態を変えられないで未だに四苦八苦している。馬
勿論、その為の対策は必死で検討しているが、その中に少なくとも政治が悪い、国が悪い、不景気からだなどという理由は入っていない。
あくまでも、そんな外部要因の勢にして、一度の人生という超貴重な時間を棒に振ることが無いようにしなければならないと思っている。
本来で有れば対応しなければならない外部要因に影響されて、人生を終わらせるのは何とも勿体ない話だと思うからだ。
もし、今、自分の中に、外の勢にするという気持ちが少しでも持ち上がるような事があれば、その時は勿論引退しなければいけないし、イゼナは閉店せざるを得ないだろう。

そのようにイゼナの不景気は社会のあり方が影響はしたかもしれないが、少なくともその勢ではない、と思っている。
社会の変化が原因であるなら、それを察知して対策を立てれば良かっただけである。
曲がりなりにも自分で好き好んで起業したわけであるから、どんな社会環境になろうとも全て自分の責任として対処するしかないのである。
大体、政治の勢にしたり国の勢にしたところで、何も解決しないし、何も学べないし、未来の進化につながらないし、ましてや競争力強化にも結びつかない。
政治が悪い、国が悪いというのは仕事をすることとは別次元の話であり、それはそれで考え、対処しなければならない。
但し、単にマスコミの情報だけで批判しているだけであるなら、そんな暇とエネルギーがあるなら、それらを今の自分のしている行動を変えるためのエネルギーに使うべきではなかろうか。
自分の置かれている社会環境はある意味自分の運命である。もしそうなら、その社会環境は自分の力だけでは簡単に動かせない。やつで
であるなら、先ずは自分が変わって見せることが大切なのではなかろうか。
自分の考え方、やり方を変えられれば必ず先が見えてくると思っている。
これは今までの経験からそう感じる。

今から65年以上前の軍国時代に生きた人は、選挙でその状況を変えることなど全く出来なかったし、全てを運命として受け入れるしかなかった。
それもかなり確実な死を伴っていた。
軍国主義に反対しても地獄であり、受け入れても地獄であっただろう。
自分の命は自分以外の力によって虫けら以下に扱われていた時代である。
それに比べれば、今の時代はどこを取っても天国ではなかろうか。
そんな意味でも、文句などを公に言っていられるのは至って幸せな社会における戯言ではなかろうか。

今は誰も敵艦に体当たりせよとは命令しないし、機銃掃射の中に抜刀して突撃せよとも命令しない。
兵站の無いままジャングルに進軍せよなどとも命令しない。何の防御もない輸送船に乗って海を渡れとも命令しない。
当時は自分が死にたくなくても命令で死ななければならない社会情勢であった。
今は死ぬ命令など誰も出さないし、正当な企業活動をするのに殆ど制約などはない時代である。
それほど今は幸せな時代である。ボート

公共事業が減ってしまったことに対して、多くの批判が出ていたが、社会は常に変化しているのであるから、公共事業の内容が変化して行くのも当たり前なことであり、それが時代の流れであり、人類の行動する姿である。
大体、社会は変化を繰り返して来たから今があるのであり、100年前と今は明確に違う。
それを単に元へ戻せみたいな論議は何とも聞き苦しいし、そう言ってみたところで何も自分の成長には結びつかないし、ましてやみんなの為にも成らない。
番組を見ていて感じたことである。
改めて過去の歴史を考えさせられ、今の自分の置かれている立場を考えさせられた。
新しい年もまた人の勢などにせず自分の力で頑張ってみたい、来年はまだ67歳(いつまで「まだ」を通せるか自分にも解らないが気合いを入れることも大切であろう)である、と自分に言い聞かせて・・・・・


温暖化問題について世界の会議は相変わらず混乱している。
本当にウンザリする、目を覆いたくなるが、そう言って傍観しているわけにはいかない。川も
少なくとも孫の時代には、その影響は目に見えてくるだろうからである(今でもその予兆はすでに始まっている!)。
しかし、単なる明日の経済だけが良ければ良いという態度は、同じ生き物として理解できなくはないが、少なくてもお猿さんではないのだから、人間の人間たる証である理性を持って地球の事態を見つめても良いのではないだろうか。
今の文明のあり方を継続した場合、つまり、自分だけの欲望で形作られている現代社会を押し通したなら、未来がどうなるのだろうか。イチョウ2
未来はまさに未知であるが、金星までとは行かなくても、かなりの灼熱になるのかもしれない(金星探査機衛星「あかつき」の失敗は残念)。
今は、その成り行き任せの未知を選ぶのか、さしあたって、確実な未来を作ることを選ぶのか、の選択が求められている。
言い換えると、それが選択できる、選択しなければならない責任ある時代に居るということになる。
新たな確実な未来を予想し、それを構築できる技術(太陽電池、燃料電池、もう少し時間がかかるが超伝導電線等々)もすでに獲得している。
今ここで、欲望のままの出たとこ勝負をする意味は全くないと思うのだが・・・・
自分の今さえ良ければ良いというなら、思考はそれまでであるが、そうでなければ、先ずは予測できる未来を構築して行くべきではないのだろうか。
私たちの遺伝子を引き継ぎ、未来に生まれ行く子供たちのことを少しでも考えるなら、行き当たりばったりの欲望で構築される未来に任せるわけには行かないだろう。
特に日本人は理性を持って未来を考えることができる余裕をすでに獲得しているはずである?(勿論、一億三千万人全てではないだろうが)黄色葉3
それに引き替え、中国は何十年前かの日本が通過してきた、少しお金が入って調子に乗っている状況であり、理性とはかけ離れた心理状況にいるのは理解できなくもない。しかし、そうは言っても何十年も前の時代は、特に環境にとって今の時代とは違う。
時代は常にその時の新しい価値観を求めている。特に環境はそうである。
宇宙は常に膨張し、太陽も常に消滅に向かって水素を消費している。
宇宙とて普遍などあり得ないのだ。
ましてこんなちっぽけな地球上では推して知るべしである。
また、アメリカのあからさまの態度も情けない。
アメリカは折角獲得した裕福さ(全ての人ではないが)を維持したいということなのだろが、今もって自分だけの今の欲望だけを満足したいというのは、裕福になった割には余りにも大人げないのではないだろうか。
人間は裕福に成り過ぎるとお猿さん方向に逆走しだすのだろうか?(日本人も逆走する人が増えつつあるのか?)黄色葉
全ての未来と全ての価値観は地球の環境の上にしか存在し得ないことをもう一度思い起こすべきである。
お猿さんでない人間だからこそ、そのことが理解できるはずだと思うのだが、どうも世の中はそうなっていないようにも思える。
手遅れになって慌てふためいているアホな姿だけは晒すべきではない。
人類ホモサピエンスは、もしかしたら人類になっていたかもしれない原人たちを淘汰して今に至たり、繁栄している。
その自分たちだけが生き残りたい、自分たちだけだ良ければ良いという本能は未だに消えていない。
今の世界ができあがるまでに、つまり最後の原人ネアンデルタール人を滅ぼした後も、自己保持だけを考える遺伝子はご丁寧にホモサピエンス内部で同じことを繰り返してきた。
この国もアイヌの人たちを土人と称し抹殺するために多大の努力をしてきたし、アメリカに至っては、一万年以上の昔から(ミトコンドリアDNAとY染色体の研究から確かめられている)そこで生活してきた人たちをインデアンとして差別化し、抹殺し続け、その土地を強奪してきた。
近年に至ってはドイツがユダヤ人を抹殺しようとした。
これら皆、同じ人類であるにもかかわらずである。
そういう人類共通の自分さえ良ければと言う「血」DNAは未だに衰えることを知らないようだ。黄色葉2
遺伝子によって人間が生まれて来る以上、遺伝子で昔とつながっている以上、致し方のない宿命なのかもしれない。
経済ばかりに声高にグローバルなどと言っていないで、先ずは最も重要な地球環境に対してまさにグローバルに対処すべきではないのだろうか。
COP16の会議で、皆が自国のホモサピエンスの本能を背負って自己主張だけを繰り返している姿は、一丁枚のホモサピエンスのような顔をしながら、何だかだだをこねているお猿さんに見えてならない。



10月23~24日
群馬県上野村は山の中にある。
木々と清流が美しい自然に恵まれた村である。
ちょっとブログに書くのが遅くなってしまったが、6歳の孫と二人でその上野村に行った。
大好きなドラエモンを見てのことだと思うのだが、以前から化石掘りに行きたいと言っていたからである。
それなら、この間のキャンプでは出来なかった焚き火をしながらのキャンプ生活を体験させようと思った。4人

化石掘りは私も中学時代に一度経験した事があるだけだったので、前々からゆっくり化石掘りをしたいと思っていた。その為、化石堀りの本は随分前に買い込み、眺めては楽しんでいた。
24年前の話だが、新築時に念願の暖炉を取り付けた時、前面の床に自分でモザイク状に玄昌石を貼った。外壁に使った端材である。その中にアンモナイトや三葉虫の化石を買ってきて埋め込んだ。これは妻の発案である。
勿論、今もアンモナイトや三葉虫は暖炉の前でじっとしている。
化石は人類が発生するずっと以前、一億年や二億年前に動き回っていた命を持った生き物である。
それを考えると、何故だか心がワクワクする。あけび
現代の私たちは死んでしまえばそれこそ何も残らない。それに引き替え、化石はその生きているときの姿を何億年も残している。これからも地球が消滅するまで何十億年も存在し続けるのだろう。
私にとって化石にはそんな風に思える存在である。
上野村へ行くことは直ぐに決まったわけではない。インターネットも総動員して調べた結果で有る。上野村に恐竜王国という化石の体験発掘が出来る所を見つけた。キャンプをするイメージも考え、そこに行くことに決めた。
但し、キャンプ場所は決めない事にした。近くにいくつかオートキャンプ場はあるのだが、折角の孫とのキャンプなのに、見ないで決めるのも何なので現地へ行ってから良い場所を探すことにした。
ナイト焚き火
上野村は子供達が小学生の頃、30年ぐらい前に一度通っただけで、キャンプ地に対する地理勘が全く働かない。しかし、久しぶりに出たとこ勝負をしてみることにした。
プリウスにアルミの折り畳み椅子を初め、メスナーテント、寝袋、エアーマット、カセットレンジ、カセットランタン、コッフェル等々、キャンプ道具一式を積み込んだ。
夕食の味噌煮込みうどんの具は、鍋に入れて煮るだけで済むように全てきざんでおいた。
肉は前日から冷凍庫に入れて凍らせた。

上野村に決めた後で、実は我孫子の友人ご夫婦の娘さんが上野村で活躍されて居られることを思い出した。
いくらキャンプ場は出たとこ勝負と言っても、やっぱり情報は欲しい。
結局、現地でキャンプ場を教えてもらった。パン
孫の大好きな鍾乳洞、不二洞に入ったり、天空回廊と称する上野スカイブリッジという吊り橋を渡ったりしてからキャンプ場へ行った。
川沿いの小さなキャンプ場であったが、キャンプをしたのは孫と私の二人だけだった。
テントを張り、夕食の支度をしていると娘さんご夫婦が自転車で来られた。
先ず、薪を拾い集め、火をおこし、4人で焚き火を囲み、とても楽しい夕食と団らんの時間を過ごすことができた。
そして何と何と、ご主人は実は一人で世界を回られた自転車の強者であることを知った。
世界を股に掛けて自転車で走り回った人に初めてお会いし、話を聞くことが出来た。二人
私も高校時代、アジアハイウエーを通りヨーロッパまで走りたいと夢見たことがあった。自転車まで決めていたのだが、単なる若者の戯言で終わってしまったことを思い出した。
何年か前に小樽で無寄港世界一周をめざした人にお会いしたことがある。その方は氷山にぶつかり、修理のためケープタウンに入港せざるを得なくなり、無寄港は果たせなかったが、見事世界一周を成し遂げられた。
自転車にしろヨットにしろ、その精神力の強靱さは想像すら出来ない。
若い日に名古屋まで360Kmを一気に走ったが、そこで豪雨に会い、一日で京都まで走ろうという夢が費えたことがあった。あの時、走る力は残っていたのだが、雨の中で気力が失せてしまっていた。
人間、最後は気力であることを経験させられた一幕であった。
鉈
翌朝、念願の化石掘りに参加した。低学年の子供達を連れた若い家族が10組ぐらい来ていた。
掘り始めてみると、やはり岩を砕いて探し出すのはかなりの重労働であり、なかなか見つけられない。
あるお父さんが30cmぐらいの見るからに化石が有りそうな石を地べたに叩き付けて割ろうとしていた。
勿論そんなことをしても割れるわけはないのだが、案の定、諦めて早々に退散してしてしまった。
早速、それの後を継ぐべくその岩を確保し、丁寧にハンマーで割って行くと、二枚貝と植物の化石が続々と出てきた。
結局その石を全部割ってしまい、持ってきた袋に入れて持ち帰ることになったのだが、重くて重くて坂道を上って車まで持って行くのに閉口した。何事も孫の為なのでしょうがない。
大収穫に孫は午後も掘ろうよと張り切っていたが、何しろ普段ほとんど使わない胸の筋肉を酷使したので、それこそ気力が失せてしまった。
午後の発掘は何とか思い止まらせ、腰のある手打うどんと天ぷらの盛り合わせのお昼を食べ、恒例の骨休めの入浴の為、子宝の湯(これはほとんど関係ないのだが)野栗沢温泉に入り帰路に就いた。

ウエブマガジン「遷」を創刊しました。是非お読み下さい。「遷」


プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。