上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回、前々回とセルロースファイバー断熱材について書いた。
現時点で、総合的に見るとセルロースファイバーは最も優れた壁内充填材と言えると思う。笹
勿論、ある狭い範囲の性能に限れば他の選択肢もある。例えば、決められた厚さの中で、出来る限り熱を逃がしたくないというのであればウレタンを現場発泡した方が良い結果に成る。しかし、いずれにしても住む人に取って健康的で快適な住まいである為の選択でなければならない。
また、断熱材は一生の間払い続けなければならないランニングコストを決めてしまう最も大きな要素の一つでもある。
断熱材は未だに価格で選ぶという風潮もあるが、一生の間のランニングコストに影響を及ぼすので、少しのことをケチルなんてしない方がよい。
ランニングコストというのは、老齢になりローンがやっと終わっても死ぬまで払い続けるものである。
今の新築される住まいを見ていると、そんな重要な事であるにも関わらず、本当にそういうことまで含めて配慮して気遣っているのか疑問に思うことも多い。
断熱材に比べれば取るに足らない目先の目立つ物に予算を割き、金が足らないからと言って断熱材をケチるなど、絶対してはならないことだと思う。
まあ、金を払う施主がそう言うのであればどうしようもないが・・・・しかし、もうそろそろ、もう少し未来を見つめての予算の割り振りの仕方を提案しても良いのではないだろうか。ジェットエンジン
現在の日本社会を支えているエネルギーのほとんどは、化石燃料を燃やして作り出している物である(原子力も地中から掘り出したウランを使っている、という意味では同じだろう)。
地球という有限の入れ物から取り出している化石燃料は有限に決まっているし、それを燃やし続ければ早晩無くなってしまうのは、幼稚園生でも解る当たり前の論理である。
新たに生産される物ではないのだから当然減るだけである。そんなメカニズムぐらいもそろそろ理解し、その対応するためのビジョンぐらいは模索すべきだろう。
CO2温暖化の問題も有るから、化石燃料は無くならないとしても、早晩、その使用が制限されることは、これも誰が考えても当たり前のことである。
冷蔵庫の中に蓄えておいたアイスを買い足しておかないでどんどん食べてしまえば、直ぐに無くなってしまうことぐらいは遊びに来る孫でも知っている。
これは地球上で化石燃料を掘り起こして使っているの全く同じ原理である。そういう事が少しは考えられるなら、先ずは、なるべく化石燃料を使わない様にしようということにすべきであるだろう。こういう感覚は、本来、全く普通の人間の、普通の感覚なのではあるまいか。
そんな化石燃料の使用量を左右するにもかわらず、人生最大の出費である住まいを建てるに当たって、使う断熱材が国の規格を守っているからそれで良いじゃないかということで、本当に良いのだろうか。飛行機
今、建てる家は30年後も使うのである。それに備える設計は30年後ではなく、今しなければならないのだ。
そんな訳だから、もし新築を検討しているのであれば、その家の条件として「ランニングコスト」を指定してみたらどうだろうか。
例えば、オール電化であるなら電気代として月最大5000円、つまり年間の電気代を60000円以下になる家にしてくれと言うことである。
断熱材は次世代基準だから大丈夫と言うことではなく、具体的にどんな生活の人生が送れるかということを新築の条件として盛り込むのである。
但し、本当はランニングコストではなく、CO2の排出量でなければならない。
何故なら、オール電化の電気代というのは普遍的な数字ではなく、現在の社会の中で色々な都合で施策として作られた数字に過ぎないからだ。
国や電力会社の政策転換や化石燃料の高騰で何時どう変わるか解らない数字だからである。
特に今は太陽電池で発電した電気を高額で買い取るシステムなどは、未来に対しての明確なビジョンを未だに作れないで居るこの国のチャランポランさを考えれば、全く当てに出来るものではない(この国に限っては全てのエネルギーを自前により賄うと言う明確なビジョンを作るべきだと思う)。
にもかかわらず、大きな太陽電池を載せて、今の高い買い取り価格で計算して、ランニングコストがゼロである等と言うのは、まさに詐欺まがいとも言えないだろうか。クロッカス
新築した家で生活するのは太陽電池の電気を高価で買い取る間だけの話ではないことなど百も承知であるはずだ。
勿論ガス代にしても同じであるり、何時価格が変わるか解らない。
それではCO2なら、どれくらいの排出量にすべきなのだろうか。
勿論本来はゼロとすべきである。
もしそれが可能なら、ランニングコストは基本的には一生の間ゼロ円だからである。
そうは言ってもCO2をゼロにするには莫大な努力が必要だし、時間が掛かるだろうが、時代は確実にゼロの方向に向かっていることは確かだ。
いずれにしても、ローンが終わってもランニングコストは死ぬまで掛かるお金である。
家を建てる時、それをいかに少なくしておくかに予算配分を十分にすべきであろう。
ペイすべきかしないかと言う言葉は好きではないが、十分ペイするのではなかろうか。少なくとも、うん百万円のシステムキッチンなど見てくれはともかく、ペイなどするはずがないのだ。

最後に現在の次世代省エネ基準には大きな不備がある。
地域により熱損失係数の決まりはあるが、肝心の総量規制はないからだ。
熱損失係数というのは、ある温度差の時、家全体から逃げる熱量を延べ床面積と温度差で割ったものである。夕富士
その為、同じ熱損失係数だからといっても大きな建物に成ればそれに比例して消費エネルギーも増えることになる。つまり同じ一軒で、同じ人数の人が生活していても、温熱環境を同じにする為には面積に比例して発生熱量を増やしてやらなければならないことになる。つまり、お金持ちで大きな家に住んでいる人はCO2を沢山出しても良いんだ、という至って不公平な基準に過ぎないのだ。
勿論、未だに次世代基準も理解できないで居る人達も多くいる。そんな中で、その先まで考えて家を造ろうと言っても無理かも知れないが、新築を望む人がもっと勉強し、相変わらずの目先の願望などに止まらず、未来を見据えたきちんとした仕様の要求を出すことが必要であると思う。そういう事が、この国の建築界全体のレベルを引き上げることになるのだと思う。
太陽電池を載せるだけでランニングコストがゼロに成る、なんて言うことに欺されないように、もう、そろそろそんなことぐらいは見抜ける知識と知恵ぐらいは持ちたいものである。


スポンサーサイト

そんな選定基準の中でも最も大切な一つは、結露に対する性能である。
結露を考えることは、家内外の温度と湿度の関係を考えることであり、断熱材を沢山入れることは、家内外の温度差をきっちりと付けるということである。IMG_4531.jpg
自然な生活をしたいから、家の中も出来るだけ外の温度に近づけたいというのであれば、どんな暖房器具も使わないのであれば、結露のことなどほとんど意識する必要はないが、家の中を暖かくして、適当な湿度を保とうとすれば必ず結露の問題が発生する。
家内外の温度と湿度が冬と逆転する夏期の場合も同様である。
いずれの場合も、温度が大きく変化する部分、つまり、断熱材の中に於いて露点に達する部分で結露が起きる。
その為、その部分は一般的には結露水が発生してしまうことになる。
それが起きないようにしてやるためには、断熱材の中で露点状態が起こらないようにするという考え方がある。
グラスウール内部で発生する結露水のもとに成る湿気を入れないようにしてしまおうという方法である。
ご存じのようにポリエチレンなどの防湿シートを断熱材の室内側の面に取り付ける施工方法である。朝焼け
しかし、湿気はどんな所でも入り込むので、かなり完璧な防湿施工を求められる、という条件が付く。
この方法は冬のメカニズムを考えた対策であり、逆な現象が起きる夏の事も考えた対策ではない。
これらの方法は断熱材自身が水分を吸い込まないグラスウールなどに採用されている(しかし、建築現場では未だに結露のメカニズムを理解せず、いい加減な施工をしている所が多くあり過ぎる。建築業界は一度思い込んだら絶対変えたくない人達が非常に多い所だとつくづく思う)。
もう一つの断熱材の考え方は、露点部分が出来るのは自然の原理だし、それを無理矢理押さえ込むのではなく、露点部で発生した結露水は断熱材に吸い込ませ、自然のメカニズムにまかせて最終的には蒸散させてしまおうということである。セルロースファイバーなどはその範疇である。
もう一つは発泡させたボード上の断熱材である。これは断熱材自身が湿気を通さないので良いように見えるが、これも完璧に隙間が空かないように施工するという難しさがある。実際の現場で隙間がないように施工しているのを見たことはない。
もう一つは現場発泡の断熱材である。これは湿気を通さず、その上、基本的には隙間が出来ないので熱的には優れているが、室内の湿度の調整をどうするかを考える必要がある。
断熱材を選定するためには、熱伝導率、厚さは最重要であることは勿論であるが、熱容量(重さ)、結露に対する特性、防音性能、燃焼時の性質、細部に於ける充填性、施工性などを考えて選択しなければならない。勿論、LCCO2も考えなければならない。

ここで「気密」について少し書いてみたい。
断熱材の事を考えると気密シートのことも考える必要もあるからだ。雪山2
気密というと、空気の漏れさ加減を言い、一般的には空気と湿気をひっくるめて空気の漏れとして捉えている。
しかし、空気と湿気は分けて考えなければならないと思っている。
何故なら、暖められた空気は外に逃がしたくないが、余計な湿気は自然な形で移動させてやるべきと思うからである。
私たちの先祖が長い時間を掛けて完成させてきた茅葺き屋根や厚い土壁の構造は、現代の要求する温熱性能を満足するまでには至らないが、湿気に対しては十分な性能を持っているのだと思う。それは先祖が残してくれた貴重な伝統技術として見習うべきではないだろうか。
現代の室内温熱環境を考えるために、熱を逃がさないという事だけを考えて断熱材を選ぶのは何ともお粗末な話だと思う。
単に、熱だけのことを考えて、それを逃がさないようにと言うのであれば、断熱材は何を選んでも良いことになる。
断熱材を壁や屋根、床に入れるということは、基本的にはその断熱材の中で露点に達する場所があると言うことである。
そこに、もし湿気が有れば結露することになる。つまり断熱材のなかで水滴が発生することになり、それを防ぐには断熱材の中に湿気が入らないようにすれば良いことは前記した。
発泡系の断熱材はそれ自身が湿気を通し難いので断熱材の中で基本的には結露することはない。
湿気を通す断熱材であるグラスウールなどは、防湿シートを使って湿気を入れない様にする必要がある。
しかし、それが曲者なのである。湿気はどんなに狭い隙間でも通ってしまう性質があるため、かなり完璧に防湿シートを取り付けてやらねばならないが、完璧というのは建築現場の現状から見てほとんど不可能なことである。
たとえそれが出来たとしても、室内側の湿気を強制的に排出してやらねばならない。朝のサツキ
それに対してセルロースファイバーも勿論、自身の中で露点に成り湿気が水になるのだが、セルロースファイバーの性質上その水分を断熱材自身が吸い込んでしまい、水として出てくることが起きないのである。つまり、外部近くのセルロースファイバーが湿るという現象になる。
その湿りをもたらした水分は時間を掛けて蒸散して行くことになる。
その為、結露水の出てこないセルロースファイバーを用いて、その両面に透湿機能のあるボードを貼る構造にすると、防湿シートを用いた湿気を通さない壁と対照的な湿気を通す壁や屋根を作ることが出来る。
おまけに、セルロースファイバーは断熱材の中では密度が大きく重いため、防音性にも優れ、快適温熱と静寂空間の両方を与えてくれる。

去年の3月に実験住宅も兼ねた住まいを娘夫婦が建てた。
その時、4寸柱の間にセルロースファイバー(120mm)を充填し、両側をモイスボードで挟んだ構造とした。
防湿シートを入れる構造がどうも腑に落ちず、折角なので土壁性能擬きを目指した。
外側のモイスの外側は防水のため防水透湿シートであるタイベックを貼り、その外側には通気層を設け、外壁をガルバリューム鋼板とした。
それにより高断熱・透湿壁を実現させた。
屋根側はセルロースファイバーを200mmとし、これも高断熱・透湿の茅葺き屋根擬きとした。雪山1
この様に断熱材を選ぶことは国が示した基準値だけを見ていれば良い訳ではない。
2011年は電気自動車元年と言われている。あれよあれよと言う内に時代はガソリンのいらない車を生み出した。
太陽電池さえ載せてあれば誰でもが二酸化炭素ゼロの車環境を今すぐ得ることが出来る。
少なくても30年後はガソリンで走る車は地球上に走っていないだろう。
そういう社会に向かって私たちはどんな住まいを今、作っておかねばならないのだろうか・・・・

ウエブマガジン「遷」2号を発刊しました。是非お読み下さい。「遷」

仕事で歩いているとよく次世代省エネ基準で選んでいるから大丈夫と言い、何も疑わずに満足している人によく出会う。
国の基準に従っているからそれで良いだろうという訳だ。ガラス窓
国が決めた基準だからと言って、本当の意味で公正で正しい値である保証はないし、場合によっては、単に業界団体の意向を国の名の下に決めているに過ぎないこともあろう。
にもかかわらず、何の疑問も持たず国の基準に従っているのは、本当に住む人のことを考えて設計していることになるのだろうか、と疑問に感じてしまう。
ましてや地球環境のことなど考えているとは思えない。
先ず、国が決めた基準は最低レベルであり、それで良しとする数値ではないことを理解すべきである。
現に、今の次世代省エネ基準の前には新省エネ基準があり、その前に旧省エネ基準があった。引き出し

旧省エネ基準に基づいて選んだ断熱材の家も、新省エネ基準の家も、次世代省エネ基準から見れば、単に断熱材不足で性能が悪い時代遅れの家に過ぎなくなってしまった。(それではどこに基準を置けば良いかというと、二酸化炭素の排出量で言えば限りなくゼロを目指すことであり、エネルギーの視点から言えば、買うエネルギーから限りなく自前するエネルギーにすることを目指すことだろう)
そんな訳だから次世代省エネ基準を採用しても、同じように近々時代遅れになるのは目に見えている。
国の基準なんて所詮そんな程度のものでしかないのである。にもかかわらず、未だにそんな基準だけを見て、その未来性も考えずに、抽象的に長寿命住宅というイメージを語るのは如何なものだろうか。
つまり国が指定しているから、それを使えば間違いない、ということぐらい大きな間違いはないのである。
国が決めた程度のことはすぐさま時代遅れに成ることぐらいは、もうそろそろ予測して行動しなければならない。
時代がそれを予感させてくれているはずだ。
国が決める基準は、過去に起こった結果や、その時々に起こっている事や社会情勢の結果に基づいて決められるのだ。海と夕日
つまり今のありようを決めているのであり、未来に対して明確なビジョンに基づいて決めている訳ではないのだ。
国が決めることは常に後手々々なのである。
それは人類文明の宿命のようなものなので、いたしかたがない事ではある。(文明は未来に対するビジョンに基づいて進化したのではなく、ぶつかった問題に対処するという方法だけで進化してきた。今はそのビジョンを持たずに進化してきた文明が、二酸化炭素の急増という崖っ淵にぶち当たってしまったのだと思う。つまりビジョン無き文明の終焉を目の前に見ようとしているのであろう)
それ故、未来に対する自分自身のビジョンを明確にして、自分自身の基準で、断熱材についても決めなければならないだろう。
特にこれからの家は30年や50年も持たせなければならない。つまりそれだけ時間がたった後も存続して人が生活するのである。
いま家を建てる人は、今の基準だけを後生大事にしている訳には行かないだろう。
50年後の社会は、少なくとも今のように化石燃料を燃焼させ、二酸化炭素を排出させてエネルギーを取り出す社会ではないだろう。
その位は想像して、今に当たる必要があるのではないだろうか。
断熱材は快適な自然環境と快適な住まいを作るために、未来永劫いたって重要だからである。

人間は着衣をこまめに調整することによって、体を快適な放熱環境に維持している。
人が生きる住まいであれば、その放熱環境に大きな影響を与えることは当然である。
熱を体外に捨てながら体温を一定に維持している人間にとって、人生の少なからぬ時間を過ごす屋内の温熱環境は至って重要である。
(住まいと言うシェルターにとって実は最も大切な要素なのかも知れない)
家とはそういう物である。葦と石垣
特に一日の内の1/3から1/4の時間を費やす睡眠は、断熱材が大きく影響を及ぼす家の温熱環境の中である。
快適な温熱環境を求めるということは、その為に消費する化石エネルギーの使用量を減らすということである。
つまり快適な温熱環境を求めれば求めるほど、二酸化炭素の排出も減らすことが出来るのである。
そのように、住まいの最も大切な要素の中でも、温熱環境を設計することは人にとっても、環境にとっても至って重要である。
住まいを設計する中で温熱環境を設計することは全ての快適さを設計することであり、未来の地球環境を設計することに他ならない。
石垣2段
地球上の二酸化炭素のバランスが崩れてから既に久しい。
急速に二酸化炭素を削減しなければならない現状を見つめ、断熱材とは何かを考え、選択しなければならない。
断熱材は、その種類と厚さと、持っている特性について深く考えて選ばなければならない。
次世代基準が何ミリと書いてあるからこれでいいんだ、というレベルではとても心許ない。
住宅を作るということは、住む人に快適で、同時に環境に対して極めて安全でなければならない。
それが全ての原点であり、その視点から断熱材も選ばなければならない。今はそういう時代である。

それでは断熱材を選ぶのはどうしたらよいのか。
断熱材であるから熱を伝えにくい材料を選ぶ訳であるが、厚さのことを考えず熱伝導率の値が小さいということだけで選んでも快適な家は出来ない(但し、厚さが決められてしまっていて、薄い物しか使えない場合は熱伝導率で選ぶしかないが、今時、薄い物しか入らないなどという設計の仕方が間違っている)。
熱を出来るだけ通さないためには、厚さの方を重視する必要がある。
断熱を考える上で熱伝導率は一つの指標でしかない。
家を断熱するということは、家全体から逃げる熱をいかに少なくするかということであり、いくら熱伝導率の数字が良くても、トータルで逃げる熱量が余り減らなければ何の意味もなくなってしまう。
熱伝導率が多少落ちても、厚さで稼げば良いのだが、それに加えて壁、屋根、床など生活空間を構成する面としての性能を考えることも至って需要である。
つまり断熱材を選ぶ基準は断熱のことだけ考えればよい訳ではないということである。
断熱材は熱ばかりでなく「湿気」や「音」のことも、「熱容量」のことも考える必要がある。

・・・・次回に続く・・・・

ウエブマガジン「遷」2号を発刊しました。是非お読み下さい。「遷」

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。