上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原発の事故からもうすぐ三ヶ月になろうとしている。
案の定、当然であるが、未だに解決策は見付かっていない。
にもかかわらず、この国の政治状況は何とも理解しがたい状況にある。
原発を推進したのは自民党である。その推進した自民党が国民に対して何の謝罪も無いばかりか、この機会を利用して政権を取り戻すことだけを考えている様に見える。ピンク花
未だに原発の何たるかを全く理解していないばかりか、国民のことよりも党の方にだけ目が向いているのだろう。
国民によって党があり国民のために党がある事すら政治家は理解していないのだろうか。
まるで、国民よりも国よりも軍の維持とメンツだけを考えていた以前の何処かの軍隊のようだ。
この国は当時と何も変わっていない。
今は政党などどうでもよいではないか。こんな緊急時に於いても何でそんなに群れたがるのか???
今は被災地の復興と原発事故を収束させることにオール日本で立ち向かえば良いだけである。一人の人間として被災者の身に成れないのか・・・
たまたま、現在、民主党が政権にいただけで、自民党が取っていたとしても、今より事態が良くなるなどということは到底考えられない。
何故なら、何とかごまかしてでも原発推進の火が消えるのを防ごうとするだろうからだ。カヌーと二人
今、推進派の人達は放射線のなるべく少ない所で、高性能の浄水器の水を飲みながら何をしているのか。
ただただ批判するだけで、大体、誰がリーダーシップを取るのかすらはっきりしないし、何をやるのかも全く解らないで、単にダメだダメだと言っているだけである。
「私どもに任せて下さい」と言っているが、今まで任せたために、結局、こんな原発状態になってしまったのだろう。任せてくれと言う前に、先ず反省を明確にするのが順序というものではないだろうか。
おまけに、注水を一時止めたのはけしからんと騒ぎ立てたが、これからなら、政治空白を起こして良いと言うのか。
交代して少なからぬ政治空白が出来ても、その方がどういうメリットがあるのかの誰も言わない。
それこそ、未だに原発のことを理解していない証拠である。
現在、原発は未だに全く予断を許さない状況にある。
現在出ている強烈な放射線が、時間を稼げば弱まるわけはない。しかし、そこに人が行かなければ直せない。
それなのに政争かよ!と言いたくなる。それとも推進派の人達が中に「俺が原発の中に入り直してやる!」と言う人が居るのか。そんな話はついぞ聞かないが・・・・
誰がやろうと、同じ危機管理の疎い歴史の中に居た日本人なんだから変わるわけがないだろう。そんなことは誰でも解りそうなものである。花と葉
原発事故の収集の見込みがない現在に於いても単なる政争をしている事を見ていても、この国の国民は二の次三の次に置かれていることは明らかである。
まして今更、もし谷垣氏が出た所で、そんなことをしている時間が無駄になるだけで、国民の為に成らないどころか弊害の方が大きいだろう。
民主党の中にも民主党の為に菅総理を降ろそうと言うことらしい。
そこに国民への視点はゼロである。
そんなのが国会議員で居るのだから国民は救われないが、それを選んだのは国民なのだから、そういう意味では更に救いようがない。
しかし、自分も同じ日本人であるのだから何とも複雑な気持ちである。

日本の歴史を振り返ると、元寇以外に外敵に直接攻められたことはない。
詰まり、ほとんど危機管理をしたことがない至って恵まれた歴史を持った、希な国なのである。
そんな訳で、黒船来航の時と、この前の戦争の時と、今回の原発の対処の仕方は非常によく似た状況のように私には感じる。
この国は農耕民族であるため、毎年毎年同じパターンの繰り返ししか経験していないのである。
その為、危機管理をしなければならない状況に巡り会うことは希であり、ゆったりとした365日のサイクルの穏やかな歴史を積み重ねてきたのだろ。
ボート
一方、ヨーロッパでは、ホモサピエンスが入り始めた時、既にネアンデルタール人が生活をしていた。
ネアンデルタール人はホモサピエンスによって絶滅されてしまったため、どんな状況であったか知るよしもないが、ホモサピエンス(ヨーロッパ人)との危機管理に破れたのではなかろうか。
その後、ホモサピエンスは集団ごとに食量を奪い合う戦いに明け暮れたのだろう。
そこで生き残るため危機管理能力を身に付けることに拍車が掛かったのではなかろうか。
欧米の戦争の仕方を見ているとそんなことを感じる。
そして何が切っ掛けで、近代技術文明を生み出したのか解らないが、いずれにしてもその文明を持ってこの国にやって来た。
しかし、その時、文明の余りの見てくれの違いに驚き、その文明の表面的な形だけを慌てて真似したのではないのだろうか。
機械力を持って自然を制覇するという、24時間サイクルで物事を考えるエネルギー至上主義である。
そこに危機管理という概念が隠れていたことに気が付かず過ごしてしまい、それが今に成ったのではあるまいか。
紫藤
それが未だに危機管理とは何かを理解できず、いい年をした大人達がまるでガキのケンカの様な状況を呈しているのではないだろうか。
原発事故により強制疎開された方々は一分でも早く以前の生活を取り戻したいはずだ。
政争をするために政治家に税金を払っているのではない。
先生と言われて肩で風を切って居たいなら、こんな国難の時にこそ、先生らしく振る舞うべきではないのか。
ガキのケンカは似合わない。
政争をやっている暇があるなら、その前に挙国一致で先ずは目の前の問題を解決すべきことが常識ではないのか。
こうしている時間にも、復興のことに議論をしているのではなく、菅総理をどのように降ろそうかという相談に喧喧諤諤と時間を費やしているのかと思うと、鳥肌が立つ思いがする。
この前、イギリスがドイツとの戦争をした時、イギリスの戦争指導をしたのはチャーチル以下5人だか6人の将軍だったと言うことを読んだことがある。
危機管理の歴史の無いこの国で、そんなことを真似しようとしても所詮一朝一夕に出来るものではなかろう。
この国の実情にあった危機管理システムを構築するのに良い機会である、というような大きな気持ちで全力で対処できないのだろうか・・・・
スポンサーサイト

この国はこの前の戦争でその原因の未だに追及をしていない。時代の中でどういう体質が戦争を生み出したのか振り返ろうとはしない。
経済に国民の関心を集中させることで、考えさせることを停止させ、退化させるように仕向け、現在はそれに更に磨きが掛かっているように思える。
この場に及んでも原発賛成と言わせるのだから・・・・
原発事故はそんな社会の中で起こったのではなかろうか。河原

現在までの文明は、成り行き任せの文明であると言える。
薪を使い尽くせば、石炭を見つけ、石油が見付かれば石油を使う。天然ガスが見付かればクリーンなエネルギーだと言い、ウランが見付かり、核分裂をさせられると成ると、先ず原爆を実用化した。
その威力を他に利用しようとしたが見付からず、原発という湯沸器を作った。
そう言えば、小学生の頃の雑誌には原子力により夢のような社会が来るようなことが書いてあったような気がする。
原子力船を初め、原子力ロケット、原子力飛行機、原子力自動車まであった。家庭にも入り込んでいる絵も有ったような気がする。
その中で船だけは軍艦として実用化されたが、他は流石に人類といえども研究をやめたのだろう(それとも未だに誰かがやっているのかな?)。
そして、何とか原子力を残したい人達が原発を思い付いたのだろう。湯沸かし器ぐらいには使えるのではないかと・・・・白チュ

人類は新しいエネルギー源を見つけた時、都合の良い機能だけに目を向け、負に成る部分は検討しないで来た。というより無視してきた。それとも気が付く能力が無かったのかも知れない。
薪を燃やせばどうなるかに始まり、石炭を燃やすとどうなるか、石油を燃やすとどうなるか、など全く考えず、多分、これを使ってどう大儲けをしようかというように考えたのだろう。
慈善事業で、社会の為にこれらのエネルギー源の利用を進めたのではないからだ。
それの冴えたる物が原発である。原発に関しては、特にマイナス部分を意図的に全く無視して来たのだろう。
本当はこんなに危険な物は無いと思っていたのかも知れない。
それが今回の原発事故であり、行き着く所まで行き着き、起こるべくして起こった事故なのであろう。
つまり、延々と築き上げてきた文明の行き止まりを証明した事故なのではなかろうか。
今回の事故はそんな意味を持っているのであると思う。
単なる火力発電所の事故とは違うのだ。
まして「原発事故です」では済まない事故なのである。
それほど人類にとっては重要な意味を持つ出来事であると思う。赤チュウリップ


もう既に太陽エネルギーにするか原発にするかなどと言う議論が求められているのではない。
言うなれば、もう歴史の必然的大変化の時に遭遇してしまったのだと思う。
人類は火に始まり、石器から青銅を経て鉄器へ・・・・そして産業革命を経たが、今は、最後の最大の革命を目の前にしているのではないのだろうか。
人類最後のエネルギー革命である太陽エネルギーへの革命である。
これで、二酸化炭素による温暖化や有害廃棄物の心配、それに勿論、最大の危険廃棄物である原発による核廃棄物も出さないで済むように成る(しかし、今まで出してしまった核廃棄物は残ってしまう。まあ、20世紀までの文明の遺跡にするしかないが、それにしても現代の物で遺跡として千年後の人達に残せる物は他に有るんだろうか?ローマの遺跡や法隆寺のように未来の人達に驚きと感銘を与える物がどれだけ有るのだろうか・・・・・)スズラン


福島の原発事故は由々しき問題であるが、起こってしまった事はしょうがない。
今となっては何とかそれを大いなる戒めにするしかないが、そんな悠長なことも言っていられない。
何とか収束させねば成らないのだが、完全な解決などは出来ないだろう。
解決とは単に燃料棒を冷却すればよいことではない。
今、避難している人達全てが元の生活に戻れることである。しかし、もしそれが不可能であるとしたら、正に取り返しの付かない事故を起こしてしまったことになる。
それでもまだ原発を継続し、利益を得ようとしている奴がいるとは・・・・この国は甘いことを言って満州に移民させておきながら、67年前に平気で置き去りにした実績が有る。甘いことを言ったのは正に原発も同じ、努々繰り返えさせては成らない。
(そしてこんな事故を二度と起こさないようにするには、全てを破棄するしかない。どんな安全策を施そうが、人類がやることに完全はないのだから事故は必ずまた起こる。一般的に原発以外で安全率という言葉を使うが、それは事故の確率を下げることであり、ゼロにすることではない。どんなことでもゼロにすることは出来ない。しかし、原発はゼロでなければならない)
太陽エネルギー文明は人類が初めて体験する新しい文明である。最初にビジョンを作り、それに基づいて意識的に作られる文明であるからだ。今までのような成り行き文明ではない。
そしてこれが最後のエネルギー文明である。
太陽エネルギーに成ってしまえば、もう他のエネルギーを探す必要がない。
50億年後に太陽の寿命が尽きるまで、核融合の恩恵を受け続けることが出来る。
勿論、どんな熱源の事故も起きないし、メンテナンスもいらない。その上、何と言ってもランニングコストがゼロである。白チュウリップ
保証期間は50億年ということになる。
原発とは比べようが無い。
しかし、動かなければ何時まで経っても文明を変えることは出来ない。
先ずは、今までの文明で慣れ親しんできた「買うエネルギー」の消費の仕方を見直さなければならない。
それ無くして、生活のエネルギー全てを太陽エネルギーだけに頼る社会はできないだろう。
今まで、買うエネルギーは使い過ぎているし、エネルギーは買える為、エネルギーを消費しているという自覚さえ持っていない。
まんまとそう教育されている。
人間が生活する為に最も大切なものはエネルギーだという意識すら奪われている。
今までの価値基準の全ては、エネルギーが無限に、無意識で得られる事が前提で成り立っているものである。
そんな生活の中から原発社会は生まれても、太陽エネルギー社会は生まれない。
太陽エネルギー社会は、エネルギーを無意識に買うのではなく、エネルギーを自分で何とかしようという意識から生まれる。
エネルギーを人に任せるのではなく、自分の手に取り戻そうという意識である。テラス

太陽エネルギーの社会は、どういう社会を作ろうかという夢を描くことから始まらねばならない。
少なくとも成り行き任せではない。
太陽エネルギーの世界とは、誰でも日向ぼっこが自由で出来るように、誰でもがエネルギーを自由に使える世界である。
エネルギーを争奪する戦争の無い社会である。
地球上のあらゆる場所にばらまかれた発電システムがネットワークで結ばれた社会である。
それを目指す為には、そういう社会に存在しうる住まいを作る必要がある。
そういう住まいは今までの延長では出来ないような気がするのだが・・・・・





福島原発は相変わらず未だに予断を許さない。改善されているような報道がされているが、特別に良くなっている訳ではない。楓今やっていることは全て初めての試みであり、うまく行く保証は何処にもない。詰まり、二ヶ月も経っているというのに、まだ模索段階であり正解なる手の打ちようなど解っていないのだ。
二ヶ月というのにこの始末と言うことは(但し、現場で作業をしている人の責任ではない)、残念ながら、今後更に悪化することも十分にあり得る。
当然であるが、原発を企画した時に今回の事態は全く予測していないのだから、その事態が起こった時、どうしたら良いか解らないのは当たり前なことである。
現在の状況が示しているとおり、原発とはこんな不完全な発想で開発された不完全な物なのである。
これが事故を起こした原発の実情であり、よほどアホでない限り核分裂技術という物がこういう事になることは予測できたことである。
とは言え、早く何とかしてもらいたい。
イチョウ

管首相が浜岡原発を止めることを決めた。
福島の見通しがまだ全く立たずにいる状況を見れば当然なことだろう。
浜岡原発の目の前で、30年以内に87%の確立で大地震が起こるだろうことが言われているからである。
30年先ではなく30年以内であるから、明日起こるかも知れないのである。
特に今回のプレートの大きな動きに接しているのであるから、素人目から見ても何も影響が無いなどと言うことは考えられないことである。
少なくとも、大地震が早まることがあっても、遅れることはあるまい。
以前に地震が起きてからの時間を考えると15年以内に100%と言う方がより近いのではないのだろうか。
そんな不気味な状況であるなら、先ずは原発を止めるという選択は当然なことであろう。
当時の単なる産業政策の一環であるため、経済合理性の方が優先され、少なくとも安全性は二の次三の次になって居たんだろうから、先ずは完全に止める事が絶対条件である。
電力供給が15%減り経済に打撃を与える為、中部電力内で紛糾しているそうだが、目先の事情で判断するとは出来ない。それが原発という物だ。ケヤキ1
今までの生活のあり方を見直し、新しい快適さを目指す良い切っ掛けに成ると思う。
それにしても、今になって初めて社内で議論しているんだろうか(報道を見ている限りそう取れる)。
福島の事故が起こってから二ヶ月経っているのに、政府から言われてから議論を始めているんだろうか?
浜岡は前からその危険性が指摘されてきているのであれば、本来は自主的に先ず止めてから今後実施する安全対策を発表するのが常識ではなかろうか。
政府に言われてから動き出すとは、何とも日本的なパターンである。何もこんな所でおもてなしや、雅の心は必要ないだろう。

原子力発電推進派が発言をし始めている。こんな事になっても、何も懲りていないようだ。
当然と言えば当然だが、今回の事故で原発が危険であることを悟ったとしても、立場上そんなことを今更言う訳には行くまい。
原発をやめる方向に行こうものなら、今まで築き上げてきた地位も、それに付いて来た収入も維持できなくなるからである。
世の中は所詮そんな程度のことで決まって行くのだろう。
安全性など極端に言えばどうでも良いことであり、もし事故が起きても遠くにいれば自分には余り関係ないとぐらいに思っているんだろう。
もしそうでないというなら、推進派の人は原発のある市町村に住んだらどうだろうか。東京に仕事があるというのなら、徳川幕府のように奥方を人質として原発の周りに住んで頂いたらどうだろうか。それで時々は参勤交代で原発の状況を見に来られたらどうであろうか。赤い葉
この事故の教訓として、より安全性が増すという主張が闊歩し始めている。そういう枝葉末節な部分の議論にごまかされないようにする必要がある。
原発の問題というのは、どの程度安全化ではなく、完全な安全性というものが無い以上やらないというのが道理である。
宇宙の原理に反し、猛毒核廃棄物の処理方法の見通しもない技術を生かしておいては成らない。
たかが蒸気を作るのに核分裂は必要ないだろう。

しかし、原発事故は多くのことを気付かされ、考えさせられる事になったのは収穫であったと見るべきだろうし、収穫にすべきである。
また推進派と反対派という二つの人種が居ることが明確に成ったようにも思う。
原発推進派と原発反対派という内容を考えると面白い。
この対立の分析は勿論私の独断と偏見である。
思いつきで書いているのでダブる所もあるのは悪しからず・・・楓2
推進派と反対派は言い換えると
「自然エネルギー反対派」と「自然エネルギー賛成派」、
「現状維持派」と「未来志向派」、
「目先しか見ない派」と「未来の夢を追う派」、
「与えられたエネルギーにコントロールされていたい派」と「エネルギーを自分たちの手に取り戻したい派」
「エネルギーは買う物だと思っている派」と「エネルギーは出来るだけ自前したいと考える派」
「今の自分さえ良ければ良いと考える派」と「今の自分より孫ひ孫まで考える派」、
「余り物ごとを考えず、今の生活や立場を維持したい派」と「これから新しい社会を築いていこうと考える派」、
「今、金が稼げる派」と「特別今、金が余計に稼げる訳ではない派」
「楽が良いと思う派」と「楽しいが良いと思う派」 
「未来を考えない派」と「未来を考える派」
「今の価値基準を守りたい派」と「新しい価値基準作りに魅力を感じる派」
「安全という空気に染まってる派」と「安全なんかあり得ないと思う派」
「核分裂の怖さを考えた事がない派」と「核分裂は制御できなくなる事があると考える派」
「核分裂とは何たるかを知らない派」と「核分裂は危険な物であることを知っている派」
「技術の限界とは何かを考えない派」と「技術には限界があると考える派」
「人間の想像力の限界を考えたことがない派」と「人間の想像力は不完全であると考えている派」
「太陽エネルギー技術のリーダーに成ることに興味ない派」と「太陽エネルギー技術で世界のリーダーになろう派」
「電気は原発でないと作れないと思っている派」と「電気は太陽電池や風力、海流力、水力などいろいろ作れると思っている派」
「太陽電池の意味を理解していない派」と「太陽電池は太陽光を直接変換する光合成に近づいた技術と理解している派」
「これからの日本を考えない派」と「これからの日本を考える派」
などなど、今から対立が激しくなって行くのだろう。ケヤキ2
しかし、往生際が悪いというか、想像力が完全に劣化しているというか、最後は所詮、太陽エネルギーの時代になるしかないだろに・・・・・

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。