上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夕焼け雲2

しかし、ここまで社会システムが巨大化してしまうと、未来を見ずに現状を維持したい力も巨大である。
核分裂熱発電所が無ければこの国の経済は成り立たないし、二酸化炭素の発生も抑えられないという声が、特に産業界に大きい。
本当にそうなんだろうか。
確かに目先の利益だけを考えている人に取ればそう感じるのも仕方ないかも知れない。
しかし、この国が世界の中でエネルギー対策を根本から見直さねばならないという状況に於かれていることは、マイナスなどではなく、最大のチャンスを手に入れたと捉えるべきではなかろうか。
これだけの被害者が出たのだから、せめてそれを生かそうという考え方が無ければ、この国の国民は救われない。
66年前の敗戦の時の状況を思えば、エネルギーを根本から見直さねばならない今の状況など、天国にいる楽さに等しいのではないだろうか。
核分裂熱発電をやめ、太陽エネルギー社会を目指そうと決めても、既存のエネルギーが社会から無くなるわけではない。
核分裂熱発電所が全て止まった所で電気が全て無くなるわけではない。
少なくても70%(現実には核分裂熱発電の占める割合は10~20%だろう)ぐらいはそのまんまである。
その他、社会の全てのシステムは健在なばかりか、むしろ健全な生活が営まれるのはないだろうか。
そういうい恵まれた中でエネルギーを太陽エネルギーに全力で転換しようというわけである。
基本的なインフラは十分備わっている中での非常に恵まれたエネルギー変換である。
そして、一旦決めれば多くの予算が集中され、常に既存のエネルギー70%に太陽エネルギー分が付加されて行くのである。
変動するとか安定しないなどということは、現実に殆ど関係ないことだ。
その上、付加された太陽エネルギー分は、少なくとも化石エネルギーを輸入しなくて済むことに成る。
プラスの現象しか起こらない。
もし、石油や天然ガスが切羽詰まってから転換するのであればそんなわけには行かないだろう。
いずれやらなけばならないのであるのなら、早ければ早いほど条件は良いのであり、有利であることは今までの歴史が生み出した社会の鉄則である。
それなのに、未だに本当に有識者なのかどうか解らない有識者とマスコミから言われている人達は、殆ど全員が核分裂熱発電所は直ぐには無くすことは日本社会にとって不利になると言っている。
また、太陽エネルギーは、まだ1%弱しかなく、全く頼りにならないと訳の分からないことを真顔で言っている。
誰が考えたって予算も付けず、力も入れていないのだから当たり前なことである。この場に及んで今更ぬけぬけと良くそんなことを言えるもんだと思う。
もし、核分裂熱発電所と同じだけの予算を投入し、力を入れてきたなら、誰も太陽エネルギーが頼りにならないなんて言わないだろう。
有る番組で、某国立大学の関係者が「サンシャイン計画で実験した太陽エネルギーの全ての技術は失敗だった」というようなことを真顔で語っていた。
サンシャイン計画というのは核分裂熱発電を主流にする為の単なる当て付けのセレモニーであったに過ぎないのだから、当然の結果である。
技術というのは誰でも知っている通り、時間を掛けて、何回も改良して初めて実用化する物である。
実験に大した予算も付けず短時間で結論を出したのは、核分裂熱発電が有利だという事を印象づける為だったに過ぎないだろう。
それを今更サンシャイン計画が失敗だったなどとわざとらしく持ち出すのは考えられないことである。
単なる核分裂熱発電村の一員の発言に過ぎないので過剰に反応する必要もないが、こういう事が放映されると影響も大きいので気を付けねばならない。
国民は、まんまと役所と核分裂熱発電産業界とに計画通りやられたのであると思う。

次回に続く
スポンサーサイト

太陽1d
人生67年の間の時代は、振り返ってみると、人類始まって以来の技術激変の中に生きて来たのだなということを感じる。勿論、物心つくまでの期間は、その後いろいろな書物を読んで知り得たのだが・・・
昭和19年5月1日に生まれ出た時、父はビルマ作戦に参加していた。日本は敗戦に向けて、ひたすら加速している時代だった。
一歳の夏、広島と長崎に人類初の原爆が落とされた。
やられほうだいやられ 、都市は焼け野原となり、300万人以上の犠牲者を出して敗戦をむかえた。
そして、その後、世界は多くの技術革新を繰り返して行く事に成る。
戦時中に実用化されたジェットエンジン、ロケットエンジン、そして勿論、核爆発技術・・・・
工業に於いてはコンピューター、トランジスター、トランジスターラジオ、コメットジェット旅客機、テレビ、太陽電池、ICBM、人工衛星、核分裂熱発電所、集積回路、新幹線、カラーテレビ、マイクロコンピューター、携帯電話、インターネット、光ファイバー、液晶テレビ、あらゆる家電製品・・・・
遺伝子工学は生命の謎に迫ろうとしているし、素粒子物理学は物質の極限を解明し、宇宙の誕生から、宇宙の全てを明らかにしようとしている。
この様に67年間生きてきた間で切りがないほどの多くの分野で技術革新が成なされた。
人類史上、これまでも、これからも、こんな技術激変の時代は来ないのではなかろうかと思うほどである。
そういう意味では、まれに見る興味有る体験が出来た時代であり、巡り会ったことは幸運と言って良いだろう。

しかし、その多くの技術革新による社会は、莫大な化石エネルギーをがぶ飲みしなければ成り立たず、自然が持っている能力では吸収できない大量の二酸化炭素を吐きだした。
そして、起こるべくして起きた大震災により、絶対に起こってはいけない核分裂熱発電所が崩壊した。
人間は技術革新にあまりにもいい気になり、己がコントロール出来ない技術まで調子に乗って手を出した結果であろう。

人間が物を動かし何かを生み出す時、100%の変換は出来ない為、必ず廃棄物が出る。
物事が分からない時代なら兎も角、今は何がどのように排出されるかは分かっている時代である。
ウランと中性子を入れ、核分裂させると、熱エネルギーと高レベルの超強毒性放射性廃棄物が出て来る。
石油火力発電所であれば、石油を投入し、燃焼させると、熱エネルギーと二酸化炭素廃棄物が出て来る。
これは自然の基本原理であるので、これが安全に完了できる技術だけが人間の採用すべき技術であるはずである(人類は未だに全てに於いてその社会に至っていない)。
強毒性の核廃棄物まで無害に処理できて初めて、そのシステムが実用化できると判断すべきなのに、その常識を全く無視し、利益を得られる者達が自分に都合の良い所だけを取り出し、実用にしてしまうほど驕りに満ちていたのだ。
この時代に生きていて、終盤近くに成ってそんな物を見せつけられることに成ってしまった。
勿論、今までの技術革新の全てを否定することはないと思うが、この核分裂熱発電所の崩壊を期に、大量に二酸化炭素を放出する文明その物を、それが生み出した核分裂熱発電技術を考え直すべきで時が来たのあると思う。
当然であるが、問題が起こった時、対処すべき術を持たない核分裂技術など人類の技術とは言えず、本来は論外である。
大体、超地震国というこの国に核分裂熱発電技術など、それだけでも常識的に初めから持ち込むべき技術ではなかったはずだ。

次回に続く

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。