上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私が初めてカメラを持ったのは小学校5年生(昭和30年)の時だったと思う。サイコロみたいな形をして黒のプラスチックでできたブローニーフィルムを使うコダック社製だった。主に遠足と運動会に持って行ったことを憶えている。これよりシンプルなカメラはないだろうというようなカメラである。シャッター速度も絞りもピントも決まっていて、ただ上からのぞき込んでシャッターボタンを押すだけだった。中学時代は二眼レフのヤシカ4*4を使った。これは確かローライのデザインをほぼ盗用した物であったと思うが、形はとても気に入っていた。(こんな事を思い出してみると、当時の日本はドイツやアメリカなどから今の中国の様に見られてたんだろう。大体の物は所詮真似からしか進化できないのだろう)ペンD*高校・大学時代はハーフサイズのオリンパスペンDをサイクリングに山に持っていった。ペンタックス*社会に出て初めてアサヒペンタックスSPという一眼レフを手に入れた。
被写体はほとんど家族のスナップであり、単なる家族の記録用だった。このカメラはTTLスポット測光という、撮影するレンズを通して被写体を直接測光するという機能を備えていた。
それ以後持ち物の軽量化のためにオリンパスXPも使った。オリンパスXA*APS のカメラに変えようかと思案している内に一眼レフもデジタルカメラが主流になり始めた。最初に手にしたデジタルカメラはリコーの光学ファインダーの無いタイプだったが、余りにも使い難く、つぎはちゃんと光学ファインダーの付いているキャノンのPowerShotG1に変えた。G1*.jpgそして今はEOS Kiss Digital Xを使っている。レンズは18~55mmと17~85mm(ブレ防止付き)の標準ズーム、10~22mmの広角ズーム、70~300mm(ブレ防止付き)の望遠ズーム、それに100mmと60mmのマクロを持っている。6本の交換レンズはそれなりに使い分けている。自転車旅行や山へ行く時は標準ズームを1本、広角ズーム、望遠ズームとマクロレンズを1本けいと計4本を持って行くことが多い。ボディーも入れると何と2.8Kgぐらいになってしまう。旅先で「あのレンズが有ればな~」と後悔したくないし、再び同じ所へ来て撮ることは出来ないかも知れないと思うと、無理してでも交換レンズを複数持って行くことになってしまう。しかし何でこんなにレンズを持って行くかというと、今までの経験上、素人がそれなりに撮るためにはボディーの性能よりも、レンズが決めてではないかと思い込んでいるからである。特にスナップを撮る時の70~300mm望遠レンズと、花や昆虫などを接写する時の100mmマクロは手放せない。100mmマクロのボケ味は何ともすばらしいと思っている。いおす3*
写真を撮る為には、自然の景観を何時も注意して見る必要がある為、葉の一枚一枚、花びらは勿論、雌しべや雄しべの一本一本、虫たちの小さな動きまでにも目を凝らすようになる。同じ場所でも自然は季節と共に、時間と共に、見る角度や方向によって、日射の強さや向きによって時々刻々と変化している。自然の変化に対してとても敏感でなければならない。見慣れた場所でもふと気が付いて慌ててカメラを取りに家へ飛んで帰ることが時々ある。しかし自分が美しいと感激した情景も、カメラで持ち帰ることの難しさにがっかりすることが常である。
もし、自然の写真を撮りたいという人間がもっともっと多くなったら、もっともっと自然を大切にするんじゃないかと思うし、もっともっと自然に優しくなり生き方も変わるんじゃないだろうか。
また写真を撮るということは、全ての物を景観として眺めようとする訓練になると思う。特に人工物(主に建物)とその周りの自然とのバランスに注意するようになる。バランスが取れているように感じさせてくれる景観はとても心地良さを与えてくれるが、それがぶち壊されている場所は嫌悪感と同時に怒りと無力に対する絶望感さえ感じさせられる。
バランスの究極は勿論ファインダーの中の切り取られたような狭い範囲ではなく、地球環境全体のバランスである。バランスが取れている時、それを構成している全ては心地よく美しいのだろうと思う。多分、人類が発生していない地球上はとても美しかったんではなかろうか。知的生物と自認する人間は唯我独尊欲望のまま、自然に対するバランス観など微塵もなく、文明進化が人間の幸せ、人間の命は地球より重いという錦の御旗の元に好き勝手をしてしまった。残念ながら、現在に至ってもそれはとても止まりそうもない。その結果、極め付きのバランス破壊現象として温暖化という環境破壊を招いてしまったのだろ。
写真を撮り、残すことは自分の感情を何時までも残せる様な気がするし、自分が生きて存在していた証が残せるような気もする。残された人にとっては大した物ではないかも知れないが、今生きている自分にとっては、少し大げさな言い方だが、永遠の命を与えられたような自己満足が得られる様にも思えて楽しくなる。
これから写真はますます力を入れて行きたいと思っている。特に温暖化による自然変化の様子も捉えていければと思っている。
私が初めてカメラを持ったのは小学校5年生(昭和30年)の時だったと思う。サイコロみたいな形をしてプラスチックでできたコダック社製だった。シャッター速度も絞りも決まっていてただシャッターボタンを押すだけだった。中学時代は二眼レフのヤシカ4*4を使った。高校・大学時代はハーフサイズのオリンパスペンDをサイクリングに山に持っていった。社会に出て初めてアサヒペンタックスSPという一眼レフを手に入れた。それ以後フィルムカメラを何台か買い、APS のカメラに変えようかと思案している内にデジタルカメラが主流になり始めた。最初はリコーのファインダーの無いタイプを買ったが使いにくく直ぐにキャノンのPowerShotG1に変えた。そして今はEOS Kiss Digital Xを使っている。レンズは18~55mmと17~85mmの標準ズーム、10~22mmの広角ズーム、70~300mmの望遠ズーム、それに100mmと60mmのマクロを持っている。6本の交換レンズはそれなりに使い分けている。自転車旅行や山へ行く時は標準ズームを1本、広角ズーム、望遠ズームとマクロレンズを1本けいと計4本を持って行くことが多い。ボディーも入れると何と2.8Kgぐらいになってしまう。
旅先で「あのレンズが有ればな~」と後悔したくないし、再び同じ所へ来て撮ることは出来ないかも知れないと思うと、無理してでも交換レンズを複数持って行くことになってしまう。しかし何でこんなにレンズを持って行くかというと、今までの経験上素人が出来るだけそれなりに撮るためには、ボディーの性能は勿論だがレンズが決めてではないかと思い込んでいる。特にスナップを撮る時の70~300mm望遠レンズと、花を撮る時のボケ味が見事な100mmマクロは至って重宝している。
写真を撮るということは自然の景観を何時も注意して見ることになる。葉の一枚一枚、花びらは勿論、雌しべや雄しべの一本一本までにも目を凝らすようになる。いつ見ても自然には常に発見があり、ふと気が付いて慌ててカメラを取りに家へ飛んで帰ることが時々ある。しかし自分が感激した情景をそのままカメラに納めることの難しさにがっかりすることも常である。

写真を撮ろうと思うと、とても自然の変化に敏感になり、今まで気付かず通り過ぎていった所に新たな発見を見いだすことがしばしばある。同じ場所でも四季それぞれの違いがあることがとても楽しいし、それが発見できた時は更に楽しくなる。もし、みんながどんな自然でも良いから写真に撮りたいと思ったら、もっと自然を大切にするんじゃないだろうか。もっと自然の変化に敏感になるんじゃないだろうか。
写真を撮り、残すことは自分の感情を何時までも残せる様な気がするし、自分が生きて存在していた証が残せるような気もする。残された人にとっては大した物ではないかも知れないが、今生きている自分にとっては、少し大げさな言い方だが、永遠の命を与えられたような自己満足が得られる様にも思えて楽しくなる。
これから写真はますます力を入れて行きたいと思っている。温暖化による自然の変化も捉えて行きたいと思っている。



プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。