上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


床暖房を通して住まいを見ているが、人の生活は冬だけでなく四季の全てで快適でなければならない。特に夏に対しても快適でなければならないことは当然である。白鳥
今まで(現在もそうかも知れないが)夏場への配慮は冬場と同じように余り真剣に考えられては居なかったように思う。それは性能の良いクーラー(エアコン)が簡単に手に入るようになったからだろう。どんなに暑い部屋でもクーラーのスイッチを入れさえすれば冷風が吹き出し、何とか涼しさを得ることが出来るからだ。その為、日射の方向とそれによって引き起こされる室内への太陽熱の流入に対して、余り配慮された設計がなされていなかったのではないだろうか。しかし、何度も書いているように、ここに来て温暖化対応に対する状況が非常に大きく変化し始めている。夏場対策も適当な大きさのクーラーを入れればいいや、Low-eガラスで日射カットなどと安易(冬場の日射も入り難くなり、少なくても一年を通してCO2発生の低減には余り寄与しなくなってしまう)にはいかなくなったと思う。暑くとも寒くとも必要に応じてエネルギーを買って来れば、何とかなるんだという発想程度では家は作れなくなったのだと思う。新芽これからは、先ず第一にCO2を出さなくても快適に過ごせる家はどうあるべきかを考えるべきだろう。クーラーが無くても夏を快適に過ごせるようにするためには、先ず何を配慮すべきなのか考えるべきである。そんなことは日本の夏では不可能なんだなんて最初から諦めないで、これからは先ず徹底的に可能性を探るべきであろうと思う。
夏に配慮しなければならないことは三つある。一つ目は開口部から入り込む直射光(輻射熱)。二つ目は屋根や外壁を通して入ってくる伝導熱。三つ目は隣の屋根や壁、コンクリートのテラスからの反射熱や2次輻射熱などがあり、それらに対してここに対策を施さねばクーラーを使わず快適な住まいを作ることは出来ない。
勿論これに風の流れや冷輻射面を作ること、夜間冷気や放射冷却の利用を考慮することも至って大切なことである。
一つ目の直射光の差し込みの防止は室内が必ずどんな時間帯も陰になるようにするしかない。入射光防止のためにLow-eガラスは、少なくとも冬には太陽熱を取り込む南面には使うべきではないだろう。広葉樹でもツタ植物でも良いし、必ずしも庇と袖壁にしなければいけない訳ではないと思う。要は直射光を入れない工夫である。
二つ目は正に断熱材である。冬の室内の熱が外に流れ難くするための断熱材は、夏の外からの熱も入り難くしてくれる。材料によっては100℃以上にも上がってしまう屋根部に於いては、特に断熱材の配慮は欠かせない。茅葺き屋根の下の心地よさは1メートルもある茅の断熱性能が生み出していることをもう一度問い直してみる必要がある。それに比べて現在はいくらクーラーが使えると言っても余りにも薄すぎると思う。椿三つ目の外部からの反射熱や2次輻射熱の対策は前もって配慮すべきであるがなかなか難しい。東、西、北面であれば今度はLow-eガラスという手もあるかも知れない。但し一言でLow-eと言っても目的に応じて色々な特性の物があるのできちんと選択する必要がある。まあ余り難しいことを言わずにゴーヤとかヒョウタンとか植物で上手く目隠しをすれば生活をより楽しくできるかも知れない。
CO2を出来るだけ出さないで快適な生活をしようとすると、今まで余り考えなかった自然の仕組みの利用を先ずは徹底的に検討しなければならない。そうすると結局は「太陽エネルギーの利用の仕方」に行き着いてしまう。
CO2を出さない住まいの形と生活の仕方は、これだけ多くの設計士が居ることを考えると、そのみんなが一生懸命考えれば、意外と早く実現してしまうのではないだろうか・・・・

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。