上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先回は理念の大切さを書いた。理念が明確でなければ目指す方向も定まらず、スモール企業にとっては致命傷になってしまう。
テーマを決めるのにもう一つ重要なことがある。それは未来の社会のありようを想像することである。それもエネルギーの形態がどうなっているかを想像することである。36赤梅
それにより社会生活のありようが変わるからである。もし薪が主エネルギーに成ると想像するのであれば、それにより成り立つ社会がどうなるのか想像できるし、そこでどんな生活のために、どんな住まいがあるべきなのか思い浮かべることができよう。
核融合がエネルギーの主体の場合は・・・・
太陽エネルギーの場合は・・・・
しかし、少なくとも石油や石炭などの炭化水素系のエネルギーは想像できないだろう。もしこのまま続けば社会その物が存在しなくなり、そんな社会を想像しても意味がないからだ。
未来のイメージが決まれば、その未来社会で必要な物が何か想像することが出来る。その中でそれにつながり今自分で出来ることが開発テーマである。ぺんぺん草イゼナの場合は先ず100%太陽エネルギー社会を想定している。何故なら人類がその存在をゆだねることが出来るエネルギーは太陽エネルギー以外考えられないからだ。つまりメンテナンスフリーで、あと何十億年はエネルギーを出し続ける、無料のエネルギーだからである。
そんな太陽の周りを回っているという事実を無視してエネルギーのことを考えてもほとんど意味がないと思っているし、太陽系の一員としてその必然性にもっと素直に従うべきだろう。そういう社会になれば当然CO2が出ない社会である。住まいから生活によるCO2が出ない社会である。
そういう社会に移行するためには、今、住まいをどうしなければならないのか。勿論住まいだけ考えていても始まらないが、住まいとして今からやっておかねばならない事は何なのかを追求する必要がある。
そういう風に、未来社会を想像することによって必然的に進むべき方向、解決すべきテーマを決めることが出来る。
今あるほとんど全ての物は、未来志向から生まれた物でなく、エネルギーは好きなだけ金で買えるんだ、CO2を出せば出すほど価値があるんだという認識の中で商品化されてきた物である。それらはCO2を出さない物に切りかえる必要がある。開発テーマいくらでも作り出せると思う。36小鳥イゼナは太陽熱を先ず捉え、溜め込み、そしてそれを大切に使う、つまり逃がさないということにテーマを絞っている。
未来社会のエネルギー状況の想定無くして、未来社会のありようなど想像できるはずがない。想像できなければ開発テーマを決めることも出来ない。
未来を目指すとなると、今は誰も見たことのない商品を開発することになる。そうするとほとんど理解されず、当然ほとんど売れない物をつくるということになる。
しかし、いつの時代もごく少数の先を見ている人達がいるものである。インターネットの時代はそういう人達とのめぐり会いを可能にしてくれる。
そういう人達のために商品開発をするのもスモール企業の役割だと思っている。少数であるために大企業は参入してこないが、同時に会社を大きくすることはできない。しかし、誰も手を付けない分野を一人で突っ走るのも醍醐味である・・・・と負け惜しみも言っていられる。

次回に続く

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。