上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


環境のことを真剣に考えているとは思えないニュースが二つ流れた。
一つ目は洞爺湖サミットのため電話用アンテナにハルニレの木を模した、グラスファイバー幹のアンテナができた、ということである。緑葉426
環境サミットだからといって、わざわざ偽物の造木を作ったというわけだ。
どう見たって縁日の安っぽい造花と同じである。木に似せることがどうして環境と関係あるのか。
木が生えているようにそれっぽく見せることと、CO2の排出を抑えようということと何か関係があるのか。
この国はいまだに緑っぽく見せさえすればそれが環境によい影響があるとでも思っているんだろうか。
木っぽく見せればそれが炭酸同化作用をしてCO2を吸ってくれるとでも言うのだろうか。
偽物を置いて他人の目をくらますと言うことは、自分をも欺くこと、騙すことになるのではないだろうか。
テラス436いずれにしても、これも税金で作ったのだろう。鉄パイプ一本で済むところを、こんな子供だましの物を作って悦に入っているとは・・・・企画に時間を使い、設計に時間を使い、作るのに時間と金とエネルギーを使い、少なからぬCO2を排出させるとは、何と税金の無駄使いなんだろう。
もし冗談でやったというのなら、それは時期と深刻度をわきまえていない軽薄な行為であると思う。
いずれにしても環境に対して国を挙げてピントがずれているところが良く分かる実例である。
まさかこれを首相が自慢げの顔をして各国首脳に「どうですか!日本はここまでやっていますよ!」なんて見せびらかす素振りをしないとは思うが・・・・国民を赤面させるようなことはしないで欲しい。
こんな程度の環境感覚で、サミットの開催国面ではないだろうと思う。
二つ目は風力発電のニュースである。
電圧変動を押さえるために蓄電池を組み合わせたために、系統連係するのに問題が無くなったということである。しかしその為、3億円で建てられる風車が6億円に成ってしまうそうだ。実はヨーロッパではそういう高いシステムを組まなくても済むような送電ネットワークに成っているそうだ。
そういうネットワークを構築することによって、より風力が有効に利用できるなら、このエネルギーの無い国なんだから最優先でやればよいと思うのだが・・・・
黄サツキ426道路に60兆を注ぎ込めるなら、そんな物に全部使わないで先ずはエネルギーの為に、食糧の自給のために、医療の為に使うべきと思う。
日本人はエネルギーが無ければ生きては行けないのだ。こんな事は保育園生でも分かることなんじゃないだろうか。
風力でも、太陽電池でも技術が有る国なんだから、大量に石油を輸入している国なんだから、大量にCO2を排出している国なんだから、世界トップの自然力発電量を目指して然るべきなんではないだろうか。
70年ばかり前に、世界最大の大砲を積んだ戦艦を造った意気込みは何処へ行っちゃったんだろうか。あの時は先を読み間違ったピント外れの行動であったが、それにより痛い目にあったが、トップを目指すことが全て間違っているわけではない。過去にいくら痛い目にあったからとは言え、少なくても「もうトップは目指しません」などという、それこそピントの外れた反省などしてもらっては困る。
今回のトップを目指すことは、むしろ世界に貢献することである。
出来ないのなら兎も角、出来る条件は揃っているんだから、できる内に自前のエネルギー獲得に全力投球するのは当たり前なんだと思う。
温暖化という情況はみんなの合意を得るためにはまたとないチャンスだと思うのだが・・・・



プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。