上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出張で仙台に行き、久し振りに大学時代の自転車クラブの友人宅に泊めてもらった。
ビールを飲みながら奥さんの手料理をたらふくご馳走になった。特に自家製のぬか漬けの味を楽しみながら、3人で11時頃まで話し盛り上がってしまった。
翌日、11時からの仕事だったので、縄文時代中期(約4000年前)の山田上ノ台遺跡に連れて行ってもらった。竪穴住居
そこに3棟のの竪穴式住居が復元されていた。竪穴だから、いわゆる半地下住宅である。柱の太さや位置、傾きの遺構からの推測なのだろう、屋根に土が乗った構造になっていた。(写真参照)土を取り払って、このまま持ち上げると正に茅葺き屋根の家になることが想像でき、時間の流れを感じることが出来る。
囲炉裏には1年中火が維持されていたようで、屋内側はススで真っ黒になった模様が再現されていた。
1年中焚き火が維持されていたのはアイヌ民族の家と同じである。と言うより、我々より前からこの地に住んでいたのがアイヌ民族であり、縄文人と焚き火の仕方が同じであるのは当然なのかも知れない。
強大な蓄熱槽である大地に1年中熱を与え続けることにより、超快適な自然床暖房にに成ることを知っていたことになる。
屋根に土が乗っていたことは最近の研究で分かってきたらしいのだが、これも今流行の屋根緑化のルーツであり、もし縄文人が知ったら「今頃、真似すんなよ!」と言われそうだ。レンゲ
確かに現在の取って付けたような屋根緑化よりも全体としてのバランスはよっぽど取れていると思う。
焚き火は熱としての利用の他、防腐防虫剤としての機能について当然知っていたのだろう。これはつい最近まで茅葺き住居の無ければならない大切な機能として、永永と引き継がれたわけである。
骨組みには栗材を使っていたらしい。遺跡というとよく栗材が出土するが、腐りにくいことを4000年前から知っていたのである。
再現した建物とはいえ至って理にかなっており、現代の建物のような強引さや不自然さが感じられないような気がした。
きちんと自然との共存を理解していたからこそ、作り得たのではないだろうか、と思ってしまう(勿論、共存せざるを得なかった、という見方もあるだろう)。
多分この4000年前からの伝統は、つまりこの風土に於ける生活の知恵は、積み重ねられてつい最近まで伝承されてきたのだと思うが、現在のいかなる住宅にも生かされている形跡は見あたらないのは至極残念である。
風土を見ずに好き勝手さだけが一人歩きをしているように見える。それを時代が許してきた。これも我々が化石エネルギーを手に入れたからだろう。土器
化石エネルギーも自然から得た物だから自然の恵みには違いないが、特殊な方法と特定な場所でしか採取できないため、また手に入れるためにはお金が必要なため、万人共通のエネルギーとは言えず、貧富の差しか生み出さないエネルギーに成ってしまったのだと思う。
自然の恵みとは誰にでも分け隔て無く行き渡る物でなければならないだろう。
最大の自然の恵みは、勿論、太陽エネルギーである。
太陽エネルギーは基本的に誰でもが自由に手に入れることが出来る。
大都市に住んでいる人は「自由に手に入らない!」と言うかも知れないが、強制されて住んでいるわけでなく、自分の自由意志で住んだのだからしょうがないと思う。
太陽エネルギーが得られなくても化石エネルギーが買えるさ、と言うことで選択したわけであり、太陽エネルギーが得たければ得られるところへ移ればよいだけの話である。
狭いとはいっても日本はまだまだ広いと思う。
これから益々CO2を出さないような生活が求められる社会になると、都市生活者はどうなるんだろうか。
油煙また、この縄文遺跡を見ていて改めて感じたことは「物を作る」ということである。
当たり前と言えば当たり前だが、この時代の道具は全て生活者自身の手作りである。と言っても道具の数は今と比べると極端に少ないが。
しかし、自分で生きて行く能力というのは、現代人と比べると数段上ではなかったのだろうか。
人間として現代人は一体何が進化したのだろうか。人間は進化してるんだろうかと思ってしまう。
現代人はパソコンや車や携帯電話を使っているが、もしここに縄文人を連れてきたら、彼らだってそれらを直ぐさま使いこなすだろう。
反対に、現代人を縄文時代に連れて行ったら生活して行けるのだろうか・・・・
文明って何なのだろうか。人間をどうしようとしているんだろうか。
哺乳類が人類方向に向けて枝分かれしたのが500万年まとされている。
人類史上から見ると化石エネルギーの時代なんてほんの瞬間でしか過ぎない。
しかし、それでもそこから抜け出せず、自分達の命を支えているこの自然環境を自ら破壊しようとしている。
人類とは一体何のために進化しているんだろうか。不思議でならない。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。