上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


渋谷でも新宿でも歩いているだけで、ポケットティシュが何個か直ぐに手に入る。
便利な世の中になったと言えばそうだが、こういう社会現象が心の粗雑さを生み出しているんではないかと思う。小花723
つまりポケットティシュはタダなのである。
タダでもらえるということが、そこに隠れた全ての資源やエネルギーもがタダであるかのように錯覚させるのではないだろうか。
ティシュペーパーは昭和39年に日本で初めて発売されたらしい。私が20歳の時である。
ポケットティシュが出たのは昭和43年だそうだ。
我々が小学校の頃はティシュペーパーに変わる物として手ぬぐいを腰にぶら下げていた。
今は保育園生でもちょっと何かあれば、その度に親の真似をしてティシュペーパーを一枚二枚と引っ張り出している。
それがこの時代の常識になっている。温暖化阻止の為には、少なくとも20世紀までの常識は変わらなければならないはずなのに、ことティシュペーパーに関しては変わる兆しさえ見えていない。
日本に於けるティシュペーパーの消費量は年間約50万トンで、材木換算で住宅7万軒分、一人あたりにすると約4Kgで世界一だそうだ。こればっかりは何の自慢話しにもならない。ちなみにトイレットペーパーの年間消費量は約95万トン、木造住宅14万軒相当の木材を使い、紙おむつの年間消費量は約37億枚で、約1000万本の木が必要、紙パックは年間72億本が使われ、その重さは20万トンになるらしい(いずれの数字も地球温暖化白書ホームページより紙 - 『地球温暖化白書』)一人一人の何気ない消費が莫大な消費につながっていることに驚かされる。
この様に何気なく行われている紙の消費は想像も付かない大量なものになっている。
雲723よくホテルやレストランなどのトイレに置いてある、手拭き用のペーパーも2~3枚を無造作に引き出して平気で使っている大人を見かけるが、これなんかもタダであるが為の無駄使いの極地と言える。
店の方はサービスのつもりなんだろうが、この時代、トイレに手拭きペーパーなどいらない。ついでに、あのうるさいだけの風で吹き飛ばす手の乾かし機など全く必要ない。
各人がハンカチを一枚持っていれば済むことである。
これらも又、人の感性や、気遣いを麻痺させ、人の進化の方向を逆転させる無意味な商品達である。まさにアメリカから入ってきた旧世代の遺物である。
私はティシュペーパーを使う時、必要に応じて口から出ている分を2~3センチや、5センチの巾で裂いて使う。
いくらデジタル時代だとは言え、常に一枚が必要なわけではない。
スーパーマーケットのトレイによる決められた量の販売方法には文句を言っているのに、ティシュペーパーを使う時は、状況を少しも考慮すること無しに決められた一枚を使っている。至って矛盾していることを平気でやっている。
しかし、必要量だけ裂いて使うとなると、取り出し口と平行に裂けるタイプのティシュペーパーでないと使い難い。
取り出し口と直角方向に裂ける物はとてもやり難い。
そうするとティシュペーパーを自由に選ぶわけにはいかず、100%再生紙か100%パルプの問題にぶち当たる。
前記した、紙「地球温暖化白書」の数字は100%パルプの場合の換算値だろう。
理想は再生紙に決まっているが、現段階でどちらが良いのか何とも難しい。
社会のエネルギーが全て太陽エネルギーに変わった時、そのエネルギーをいくら使って再生してもかまわないわけだが、現在のように化石エネルギー電力を使う再生紙はどうなんだろうか。
月下だからと言って、砂漠化が進行しているこの地球上の森林を、これ以上伐採して良い訳はない(間伐材など森林育成のために出てくる木材や、計画的な植林とシステム化している木材は別だが)。
いずれにしても、単なるムードや感情論だけで判断する訳にはいかない問題である。
一般的に人の日々の行動基準は慢性化していて、常にそれを見直しながら生活することはほとんどの人がしない。
しかし、温暖化阻止ということは一人一人が、自分の日常生活の中の些細で何気ない行動を見直すというみみっちい行動の積み重ねが必要なんだろう。
今、孫達は紙おむつで育っている。買って使って捨てるだけ、の女性(男性も?)にとっては至って便利な社会環境になった。
三十何年か前に子育てをした時、妻によって一生懸命作られたオムツが、きれいに洗われてまだ手元にある。勿論、オムツ以外のいろいろな用途に現在も便利に利用している。
文明の進化とはこれから何を生みだそうとしているんだろうか?
ますます分からなくなる。
何でもかんでもティシュペーパーを一枚使うのではなく、100%再生紙のトイレットペーパーを必要なだけちぎりながら、ケースバイケースで使い分ける方が良いのだろうか・・・・



プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。