上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まだ日程は分からないが総選挙がある。又、日本全国、幼児っぽいお祭り騒ぎが行われるのだろうか・・・・
軍国主義の敗戦から60年以上も経っているのだから、もうそろそろこの国も大人っぽい政治の国にならないとしょうがないと思うのだが。稲刈り1007
選挙の時よく聞く話は相変わらず情緒的に「△△政党を応援している」「代々△△政党だ」「○○政党は嫌いだ」というようなことである。
政党とよほど何か利害関係がある人ならともかく、そうでなければもっとクールに選挙の対応しなければこの国はちっとも良くならない。
お遊びではないのだから、国政を任せる政党は、好みなどという、いつ気分が変わるか分からないような次元で選ぶものではない。国政選挙は小学校の学級委員(現在、こういう制度が小学校にあるかどうか知らない。50年以上前にはあった)を選ぶのとは違う。
選挙とは、国家の中に身を置いている一人一人の生活と人生に大きな影響を及ぼす一大イベントである。
情緒的感覚を持ち込むなど、そんな悠長なことなどしている暇はないのではなかろうか。
政党を構成する代議員は勿論人間だが、政党と言うことになると単に我々が快適で安全な生活を送れるようにするためのシステム、又は道具、手段ということであろう。
好きとか嫌いでなどではなく、我々にとって良いシステムを選ぶのが選挙である。
いなごそれではどんな根拠でシステムを選べば良いのだろうか。
システムというものは、どんな物でも長く使っていると古くなり、疲弊してくる。まして人間により構成されて居るとなると尚更である。
そういうシステムを効率よく我々のために動かすことはシステム同士を常に緊張状態に置いておく必要がある。選ばれるために競い合い、常に切磋琢磨し合うことが必要である。そういう状態を作り出すのが選挙の一つの意味であると思う。
「今まであなた方に社会の舵取りを任せてきたが、どうも最近不備が目立つようになった。少し気合いが足りないんじゃないの。舵取り役を交代させるので、もう一度、舵取り技術を勉強し直して出直したら」ということである。
現在のこの国の選挙の風景は、まるで紅白歌合戦の投票をしている様子と何ら変わらないように見える。
政党の主張が全て自分と一致するなどということは、絶対にあり得ないことである。そんなことを一々詮索するよりも、選ばれない恐怖心を与え、次は選ばれようと努力をさせる事が最も必要である。

全てのシステムに於いて言えることは「安穏と長く続けば続くほどマンネリ化し、緊張感をなくし、覇気をなくし、まともな仕事をしなくなるものだ」ということである。その典型が社保庁であるし、農水省であるし、政党も全く一緒である。勿論これは単なる氷山の一角であり、税金生活者が動かしている全てのシステムに言えることだと思う。
多分上の二つも、自分達だけが見つかって運が悪いな、ぐらいにしか考えていないだろう。要は、そう言う中にいれば何も気が付かなくなってしまうのだ。
特に行政システムというのは、取り替えられる緊張感も生み出せないし、頭を働かせ工夫して稼ぐ必要もないし、権力により「徴収した金」が仕事をしてもしなくてもキチンと毎月支払われる、という超恵まれた状況であり、相当意志をしっかり持ってもらわないと、必要悪ということに成ってしまう。赤花1007
環境対策の面から政党を選ぶとすると、ちょっと決めかねてしまう。所詮、マニフェストも有権者のレベルに合わせて作られるのだろうから、そうなると今のこの国では、環境のことが争点に成るはずもないからである。
環境のことでは票に成らないのだ。街でのインタビューを聞いていても環境なんていう言葉は全くと言っていいほど出てこない。
良い環境あっての文明であるはずなのに、石油はそれを考える能力さえ人間から奪ってしまったのだろう。
「便利さ」という甘い言葉に酔いしれているが、それを支えているのは、文明がどんなに発展しようが地球の自然環境なのである。その基礎を無視してしまっては、社会生活の全てが「砂上の楼閣」に成りかねない。
今に至っても、環境対策がトップにあるマニフェストが出てこないで平気でいられる神経がよく分からない。
環境対策がマニフェストのトップにあり、それに基づいて社会運営を競い合う選挙が行われるなんて事は、夢の又夢なのだろうか。
今の様な選挙におだをあげている内に、石油海に辛うじて浮かぶ砂船はある日突然消えて無くなってしまうのかもしれない。
過去の文明は、樹海というエネルギー源と共に栄え、それを使い尽くすことによって滅んでいったと言われている。
永遠に栄える文明など無いことを多くの遺跡は語っている。
宇宙人に地球文明発掘の夢など与えないようにしなければならない.
そんな選挙ができる日が来ると良いのだが・・・・






プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。