上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CO2の国内排出権取引方法が決まったらしい。
A首相の発言を聞いて唖然としてしまった。「出来るだけ、多くの企業に参加していただて・・・・」だと・・・。今、誰が首相をやったとしても、未来を予測して、より快適で安全な国造りをするための決断と実行出来る人はいないだろうが・・・・「できるだけ」とはちょっと酷いんじゃないの。筑波山
まあ、この国の国民は浮かれることだけは好きだし、孫の未来より目先の自分達の方が大切に考える種類だから、所詮大した首相は出てこないだろうが、もうちょっと大切な物事はちゃんと決めたって良いんじゃないかと思う。
「できるだけ」とは、「出来なければしょうがない」ということである。
この国は、わざわざ京都でCO2削減の対策を決めて置きながら、決めたことに対して「できるだけ」などという曖昧な言い方はないと思う。
これもまたパブリックサーバントが書いたことを棒読みしただけなのかも知れないが、それにしても「できるだけ」はないだろう。

各企業がCO2の排出を削減するということは、それを無視している諸外国との経済競争において、確かに当面は不利になるだろう。
しかし、それは当面であって、それを言っていたらいつまで経っても事態は悪くなるばかりである。
「やらない人が居るから・・・」なんて子供じみたことを言っている暇はないと思う。
ローズ1023それよりも、それらの状況が新たに自分達に課せられたチャンスと考えるべきである。機先を制した者がいずれ勝つことになる。規制は新しい開発テーマ、新しい商品化テーマを作り出すことになり、まさに新しいビジネスチャンスなのではないだろうか。
それを「できるだけ」などという、現状を変えなくても良いよとも取れる発言は、環境を考えた新しい近未来の競争はやらなくても良いよ、と言っているようなものであり、頭からこれからの経済競争を無視したものだと思う。

CO2削減というのは暇つぶしのお遊びではない。排出権取引などと最もらしいことを言って、経済ごっこをしている場合ではないと思う。
CO2の削減目標というのは、先ず、最終的に地球上に許容できる数値を何とかはじき出すべきだろう。
正確な数値が出ないなら、こうであれば問題が起きないだろうと思われる数値を出せばよい。
つまり今まで通りの風土の中で生活できる数値である。
しかし、数値を出すといっても色々意見があって、そう簡単にはまとまらないだろうが、先ずは国連の最優先課題として取り組むべきである。
数値が決まらなければ国の目標値も決まらない。国が決まらなければ家庭の目標値も決まらない。家庭が決まらなければ個人の排出して良いCO2の量も決まらないことになる。それがないと新しい生活設計が出来ないし、生きて行く方法の新設計が出来ないことになってしまう。
しかし、その間もCO2は加速度的に増え続けているわけだから、数値が決まるのを待つのではなく、それとは別にCO2排出の出さない商品の開発を奨励し、どうせ莫大な無駄使いがあるのだから、それらを投入すべきである。
そういう商品を率先して開発している企業や個人が有利になるような社会気運を醸成すべきである。
そういう二段構えの対策が必要であると思う。
花瓶地球の数値が決まれば、国の担当分の数値が決まり、企業担当分、家庭担当分の数値も決まることになる。そこで初めて実行プログラムの具体的な方向が決まるのではないだろうか。
勿論、そうは言ってもCO2削減を実行することは、今までの生き方の否定にも成りかねず、莫大な金も掛かることであり簡単に行かないだろう。
しかし、取り返しの付かなくなってから、それに立ち向かうより、いま何とかしようと考えれば、努力も金も少なくて済むだろう。
物事全て、結果に対処するより、前もってその原因を除去する方が至って有効である。
かつて本田技研がCVCCエンジンを開発するに当たり、どういうシステムにすべきかを検討した際、本田社長が、言い方は忘れたが「出た排ガスを除去するのではなく、初めから出ないようにしろ」というようなことを指示されたということを読んだことがある。
CO2問題も然りであると思う。現在の結果に対処するのではなく、その結果を作り出した行為にまず目を向けて行くことが最優先であろう。
今こそ強力な政治力が必要だと思うのだが、この国の今の代表者(但し、民意によったものではない)は「できれば」などとまるで他人事のようなのんきさである。
「買うエネルギー」から「自前するエネルギー」に変換しなければならない時代であるが、これは多分、産業革命の比ではないほどの大社会革命だろう。革命であれば多少の痛みはやむを得まい。
子供のため、孫のために腹を決める時期だと思う。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。