上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランスでは燃費の良い車を買うと18万円ばかりボーナスがでて、燃費の悪いとペナルティーが課せられると電車の中のニュースで見た。
なんでヨーロッパの国々では温暖化対策としてこのような具体策が出てくるのだろう。
この国から見ていると全く不思議な現象である。
木黄色それに比べ、この国は未来に対する理念も戦略も感じられない中で2兆円をばらまくのだそうだ。
まあ、60兆円も道路だけにつぎ込むという太っ腹な国だから2兆円程度は大したことではないのかもしれない。
一人12000円、65才以上はプラス8000円だそうだ。「ちりも積もれば山となる」の全く逆の「山も崩せばちりになる」である。
2兆円をまとめて社会のインフラに使えば新しい未来へのスタートができたと思うのだが、自分の金でないものだから平気でばらまいてしまうとは、頭の中がどうなっているんだろうか・・・・
キング牧師の番組を見た。彼の人種差別をなくそうという正義に対する意志の強さ、行動力の凄さもさることながら、その行動に対して答えたケネディーという政治家の政治家らしさも凄いものがあったと思う。
紅葉1116それに引き替えこの国の政治屋は2兆円をばらまくというのである。開いた口がふさがらないどころかあごの骨が外れてしまう。
2兆円をばらまく事が本気で良い政治だと思っているんだろうか。こんな事をしているのにこんな政治グループを支える選挙民がいるんだから二度びっくりである。
2兆円あれば近い未来にもっと投資すべきではないのか。少なくとも世界と約束した京都議定書の数値を実現するために使った方が、よほど将来の社会の為、ひいては国民一人一人のためになると思う。
次の世代、その次の世代を見据えた行動こそが政治だと思うのだが、2兆円をばらまくことが政治だと思っているんだろか。
いい年をした政治屋が集まって今時2兆円をどうばらまこうかなど相談している暇があるんですかね。他に時間を使わなければならないことがごまんとあると思うのだが・・・・
「結構この経済危機はいいチャンスかもしれないね、一~二万円ばかり全員に配れば次の選挙の票集めに絶好だし、その上もしかしたら経済対策の足しになるかもしれないし・・・・」
この2兆円のばらまきが決められる時には、こんな対話があったのではないだろうか。
紫1116鳥インフルエンザ対策に2兆円を使うべきではなかろうか。高々二万円ばかりもらったところで、パンデミック対策が不十分なため家族の一人でも死ぬようなことがあったら取り返しが付かない。
今、流行の診療拒否を見ているとパンデミックに成った時この国はどうなってしまうのだろうかと思う。
2兆円がプラスされれば、もう少しまともな対策を具体的に立てられると思うが・・・・
2兆円ばらまいても一人一人には所詮塵分ぐらいしか回らないのだから、経済効果はほとんど期待できないと思う。
鳥インフルエンザ対策に使えば間違いなく2兆円の効果が出るだろう。
鳥インフルエンザでは65万人が死ぬと言われている。2兆円をばらまかなくともまさか65万人は死なないだろう。
今更道路を作るより、2兆円を経済対策と騙して選挙用でばらまくより、先ずは診断拒否の起こらない医療システムの構築が先だろう。
目先の命対策の方が至って緊急性を要するはずだ。何でこの国はそんな常識が通用しないのだろう。
不思議の国日本・・・・・

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。