上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年も終わりが近づきつつある。
八月に入ってからブログ数も失速気味になった。暮れが近づくにつれ益々時間の速度が速まり、失速は更に続いている。何しろ気がつくとすぐ一週間が過ぎてしまっているのだ。勿論遊んでいるわけではないのだがブログの書く時間さえ中々取れないのが現状である。
お陰で懸案の「断熱ロールカーテン」の試作品が完成し、今、自宅の出窓で機能テスト中である。
めじろ1227一般的に家の断熱は壁、天井、床に断熱材を入れれば良いと思われがちである。「この家の断熱は?」というと、それらの断熱材の厚さを言ったり、ひどいのは「外断熱です」と、さもすごい断熱性能であるこのように言われたりする。
断熱材の種類や厚さだけいっても家の断熱性能を表したことには成らないし、断熱に関するセンスとしては何とも片手落ちである。

一般的には室内熱の約半分が窓ガラスとサッシを通して逃げる。窓の熱特性を考えずには家の断熱性能を考えたなどとは言えない。今時、断熱のことを本当に考えているのであるなら「ガラスはペア」(ペアといっても熱貫流率が倍も違う物がある)などと軽く言って済ませる話ではない。
十年以上前に、ソーラーデザインという家の熱性能をシミュレーションをするソフトを使うことによって、室内断熱戸の重要さに気付かされた。窓の熱をコントロールせずして、これからの住まいなど成り立たないと感じた。
また、新築だけのCO2削減では本来必要なCO2削減など達成できるはずもなく、既築のリフォームが何としても必要であると感じていた。
ロール1その為にも、窓の断熱を何とかしたいと考えた。既築の窓にフレキシブルに対応するためには、障子や開き戸タイプでは限界があると思い、ロールカーテン方式を選んだ。
また、パッシブなソーラーハウスとしては開口部からのダイレクトゲイン方式がベストであると考えていたので、ロールカーテン方式であれば熱の出入りをオートマチックにコントロールもでき、更にソーラーハウスの性能を上げられると思っていた。
窓というのは実は昔から最も多機能を求められる部品であるのだ。にもかかわらず、そういう捉え方はほとんどされてこなかった。何とも不思議な現象である。窓は明るさだけを入れるだけの物であり、単なる外観のデザインを構成するための部品でしかなかったように思う。
ロール2それらは所詮、エネルギーが自由に買えるという前提の時代に作り上げられた発想に過ぎない。
窓は本来複雑な機能を要求されなければならないはずである。その窓が持っているプラスの機能というのは、太陽光を入れる、太陽熱を入れる、風を通す、外の景色を見る、などがある。マイナス面は室内の熱が大きく逃げることである。それに伴い冷輻射をもろに受ける、コールドドラフトを発生させる、結露を発生させるなどであるり至って負のイメージである。また当然防犯機能を持たせなければならないことも重要である。
一つの部品で正反対の機能を要求されるのは住宅の中で窓だけであろう。特にこれから冬は日射熱を出来るだけ取り込み、ため込み、それを出来るだけ逃がさないようにして大切に使わなければならず、窓の多機能化は何としても成し遂げなければならない事である。
太陽が出たら日射熱を入れ、日が降りたら室内熱が逃げないように遮断する。夏は反対に室内には絶対日射熱を入れてはならないし、夜間は風を通して室内に溜まった熱を外部に捨てなければならない。
この様な窓の性能と、その性能を利用する家の形がこれから求められなければならない。
壁をくり抜いたのが窓などというレベルの発想では、これから求められる住まいに対応することは出来ない。
断熱ロールカーテンの商品化までにはまだ少し時間がかかる。一部の材料選定、組み立て方式の確立をせなばならない。
またどこにも参考にする物がないため、商品化が出来たとしてもいろいろ不具合が見つかると思う。販売方式もE社と検討を始める予定である。
メカ部に関してはK社に決め、今後連携して行きたいと思っている。
床暖房用国産ムク床材、アクアレイアー床暖房システム、リユース床材、集熱床材と開発し、次に断熱ロールカーテンを出す。
かにサボ時代の方向を読むことは間違いなく間違っていない。しかし、床暖房用国産ムク床材以外は時期尚早であった、が必ずその時代が来ると思っている。今でこそCO2を出さない家というと、不可能だとか特殊に思えるが、それが当たり前になる時代は目の前だと思う。
想像し、夢を持つことが出来れば、間違いなく実現化できることは今までの歴史が教えてくれている。
この未曾有の経済危機は単なる歴史の変換点に過ぎないだろう。ビッグ3が立つ行かなくなったのは、単に温暖化対策の時代を見誤ったからに過ぎない。もし彼らが立ち直るのであるなら、まさか5000ccのエンジンを作るわけではない。少なくともハイブリッド車かバッテリー車か、燃料電池車しかないだろう。同じ地球上に存在している家も例外であるはずがない。少なくともハイブリッド的な考え方は必然である。
温暖化対策というのは、エネルギー変換対策と読み直すことが出来る。エネルギーという視点を中心に全てを見直すということである。勿論住宅もそうあらねばならない。
2009年は目先の経済は絶不調かもしれないが、新文明、つまり太陽エネルギーに依存する新文明の幕開けと見れば、大いに夢のある年の始まりである。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。