上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


太陽光発電について朝日新聞に載っていた。「設置費 元取るのに20年」の見出しである。太陽光発電パネル設置に対しては十年前と変わらない相変わらずの捉え方である。
黄鳥
結論から言うと、元が取れるかどうかを考える人は、太陽光発電パネルなど載せない方が良い。せいぜい省エネ家電を買い込んで、できるだけ電気を節約して生活をしていた方がよっぽど得だ。
太陽光発電パネル利用に付いては、今までに何度も書いている。太陽エネルギー社会の入り口が見えるまでこれからも何度でも書いてゆきたいと思う。
しかし、太陽光発電のことを検討する時、どうしていまだに価格のことしか考えないのだろうか。
太陽光発電は単に目先だけの価格で判断する程度の物なのだろうか。
20年先の未来がどんな社会になってるかなど考えたことがない人が、今の電気代が1Kwh/25円だからといって、それで計算してしまうとは、どういう事なんだろうか。それで何かが分かったような顔して判断してしまうというのはどういう事なんだろうか。
勿論、10年後でさえ電気代がどうなっているか、エネルギー事情がどうなっているかなんて誰にも分からない。
唯一明確に言えそうなことは、温暖化が進んでいるだろう、ということだ。
それにもかかわらず、いい大人がそれを判断基準にしてしまうというのは何とも不思議でならない。
朝日新聞ともあろう者がもう少しましな書き方はないのだろうか。
黄水仙2太陽光発電パネルを単なる家電製品程度に捉えてしまって良いのだろうか。その辺の位置づけが全く議論されず、金だけでその価値を判断しようとする社会風潮に先ず問題がある。
何故、大分部の人は金が儲かるかどうか以外に意義を見つけようとしないんだろうか。儲かるか儲からないかという金のことしか考えていないから、いきなりペイするかしないかなどという言葉しか出てこないのだ。
太陽光発電パネルはエネルギーを作り出してくれる製品であり、エネルギーを消費する製品ではない。石油や石炭、天然ガス、原子力を使わないでエネルギーを生産してくれる至って優れものである。
現在、太陽光発電パネルは少しばかりの補助金はあるが、個人が設置することになっている。あたかも個人がやらなければいけないようである。
これが先ずおかしい。自分の屋根に乗せて、その電気をどこにも配らないのであるなら、それは個人が金を出すべきものである。
しかし、電力会社の電線につなげるのであれば、それは個人の為だけのものではなくなってしまう。何故なら、その電気を他の人が使うからであり、そうすれば、その分だけ電力会社は発電しないで済むことになる。つまりその分だけ石油の輸入をしないで済むことになる。これは大部分のエネルギーを輸入しているこの国の為にも成ることである。
太陽光発電パネルを載せるということは、国のインフラを作ることに他ならないのだ。
水仙太陽光発電パネルの設置というのは、本来、安全保障手段の一つとして国の最大の事業とすべきことである。それにもかかわらず補助金を出してやるぞ、という態度と、その少なさは本当に腹が立つ。もしかして、原子力さえあればそれで間に合うと思って居るんだろうか。
現在、この国がエネルギー輸入のために使っている金は年間ざっと20兆円ぐらいだと思う。全予算の25%ぐらいになる。これだけの金を使っているのに多分その自覚はない。これを毎年繰り返しているのだ。当然10年で200兆円である。凄い額である。これだけ使ったら出来ないことなど無いのではないだろうか。
太陽光発電パネルの設置の金は全て国が出すべきである。つまり税金を使うべきである。個人の家の屋根を借りるべきである。勿論、屋根を貸すのだから、そこで発電された電気は家主が優先的に使えるのは当然である。
菜の花2
エネルギー問題は正に政治問題である。政治がきちんとした目標を設定し、金を投入すれば解決する問題であると思う。
現在、原子力発電復帰の波がヨーロッパを襲っているようだ。あの環境対策優良児ドイツも、スエーデンも原子力発電の寿命を延ばさざるを得ないと考えているようだ。それだけ温暖化の見通しはせっぱ詰まって居るんだろう。
だからといって原子力復帰で本当に良いのだろうか。それで文明が継続できるんだろうか。
温暖化社会から本当の意味で脱出するチャンスを見逃すことに成りはしないだろうか。
我々は目先の合理性につじつまを合わせた結果、現在の環境問題が発生したことを学んだ。
今こそ、それを生かすべきであろう。
地球上で生きてゆくのに太陽エネルギー以上のエネルギー源は無い。
そうであるなら、一刻も早く太陽エネルギーに頼る社会を目指すべきであろう。
同じ間違えを二度と起こすべきではないだろう。



プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。