上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2030年までに風力発電で電力の20%を賄うとアメリカ大統領が発言した。ちなみにアメリカにおける2007年風力発電の割合は0.8%である。
429赤い花
多分、ケネディー大統領が1960年代中に人類を月に送ると言ったことに匹敵するか、未来に対する夢の大きさとしては、それ以上のことではないだろうか。しかし、何ともワクワクさせられるビジョンを立ち上げるものである。
大統領は、今後10年間、クリーンエネルギー開発に年間150億ドル(約1兆4600億円)を投資し、石油依存型経済からの脱却と2050年までに温室効果ガス80%削減を目指す決意だそうだ。
それに比べこの国は選挙の票のために単に単発で2兆円をばらまいたが、新しい経済システムになるだろう環境対策において、アメリカに先を越されてしまってどうするんでしょうか。
環境対策は正にこれからの経済そのもだと思うんですが・・・429ハナミズキ
人間社会が問題にぶつかった時や、飛躍しなければならない時、最も必要なことは出来るか出来ないか議論をすることでなく、ビジョンを明確にすることである。ビジョンさえ明確になれば人間にはやり遂げることが出来ると思う。今まで、人類が「こうあったら良いな」という事は必ず実現してきた。とは言っても今まで政治的な関わりのあるものはほとんど実現していないが・・・・
化石燃料から熱エネルギーを取り出し、使い尽くす社会から、化石燃料を有限の希少資源として捉える社会への変革は正に政治判断だと思うが、これは是非とも成し遂げなければならない。その場合の熱及び電気エネルギー源は勿論太陽エネルギーしかない。
ちなみに、太陽から地球の降り注いでいるエネルギーは、毎秒広島型原子爆弾が250個分(山賀進さん「かけがえのない地球」http://www.s-yamaga.jp/nanimono/uchu/taiyo-04.htmより)だそうだ。1時間では900000発分ということになる。多分これで十分なのだろう。というより、これだけのエネルギーで人類がどう生きるかということである。
エネルギーというのは所詮有限であるし、それを利用する私達が住む空間も勿論有限である。エネルギーという視点から見れば、限りない経済発展など有るはずがないのだ。429欄
この国でも、これからのエネルギーをどうしようかと税金を使って検討して居るんだろうが、いまだに私達が未来に夢を持てるようなビジョンが見えてこない。
ちょっと次元は違うが、70年ばかり前に闇雲に時代錯誤巨大戦艦を3隻造るぞとぶち上げたビジョンの実績(このことそのものを学ぶ必要はない)があるのに、今はそれすらも出来ていないような気がする。何しろ私達に意気込みが伝わってこない。
しかし、どう考えてもエネルギーの大部分を輸入に頼っているこの国は、最も率先して太陽エネルギーの利用率を上げなければならないことは小学生でも分かる論理だろう。それなのに何で私達がワクワクするような、夢を持てるようなビジョンを明示出来ないんだろうか。
何でこうも違うんだろう。この国は長い歴史があるため、その間に動脈にコルステロールがびっしりと張り付き、頭の回転も相当鈍ってしまったのだろう。その上、現在この国では、政治的に動脈硬化で完全なる脳梗塞を起こしている様な気がしてならない。
オバマさん!100日間ぐらいで良いので、この国の総理大臣役で出向してもらえないでしょうか?

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。