上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ムフジュ記念
5月4日はいよいよアップダウンのハイライトコースである。
出発前にお隣の伊根工房にお邪魔し、倉さんの作品を見せていただいた。特に今にも動き出しそうな焼き物の人形達が気に入った。その中で「セーフ!」と名付けられた一体を購入した。それに桜の花絵の小皿もいただいた。
伊根工房
その後、海の見える舟屋の部屋でコーヒーをいただき、そうこうしている内に10時になってしまい、慌てて出発することになった。
今日のコースは山の中を通る178号線ではなく、起伏の大きい海岸寄りの道を選んだ。
二人とも体力の衰えもあり、少々迷ったが折角来た丹後半島なので出来る限り海岸線沿いに走ることにした。
伊根の集落を出た途端に登りになった。登り初めて直ぐに海岸沿いに行くため右折する。
これで厳しいコースを最終的に選んだことになった。あとはひたすら、一歩一歩、休み休み、焦らず行くしかない。
伊根遠景

棚田

後ろ姿

テトラ

椅子

夕景


右側に伊根湾が見下ろせ、一晩過ごした舟屋の家並みが静かにたたずんでいた。
舟屋の景色も今回はここで見納めである。舟屋に感謝しながら別れを告げた。
道は更に上り、海抜は130mぐらいになる。当然、大部分は自転車に乗らず押すことになった。
こういう起伏が大きく繰り返す所を通過するときの時間は、半分は押して、残り半分は自転車に乗って下ることを想定して予測する。
例えば起伏区間が20Kmだとすると、10Kmは時速3Kmで押して、残り10Kmは時速30Kmで下る、として計算する。押して歩くのが3時間20分、乗って下るのが20分、合計で大まかに約4時間と見るようにしている。あと残りのコースが自転車に乗って走れる程度の距離であれば、時速10Kmで計算してその日の合計時間を出すようにしている。
最近は年のせいで1日の走行距離を30Kmぐらいにして計画を立てるようにしている。
1日30Kmというのはかなり余裕の持てる距離であり、実際は余り時間のことを意識しないで楽しむことが出来る。
これが50Km以上であると距離を稼ぐことに精力を取られ、のんびりとした楽しい旅にはならない。
折角130mも上ったのに、今度は新井漁港に向かって一目散に下り始める。
どんなことでも上りがあれば、下りがあることは人の世の常なのだが、やっぱりもったいないと思ってしまう。
折角手に入れた既得権益や、楽の象徴である車を手放したくないのと同じ心境なのだろう。登山もそうだが、自転車の旅も人生の縮図ぽい。
新井漁港からまた海抜100m近くまで上り、今度は泊漁港に向けて海抜0mまで下る。そこからまた100m近く上り、津母トンネルを通過、そこから更に50mぐらい上がり野室を通り、本庄浜まで下る。そこを左折してから海を背にして少し走って国道178号線と合流し、また170mばかり上り、こんどは蒲入漁港に向かって急降下する。更に海抜150mの経ヶ岬隧道を抜けて丹後町袖志まで下る。あとは大した上り下りもなく、今日の宿である「カサデファンタひさみ」に無事到着した。
今回の旅の上った高さの合計は、GPSを見ると1000mぐらいになっていた。
1000m上がり、1000m下ったことになる。こう書くと大変な感じだが、実際は前記したように上がったり下ったりの繰り返しなので、私達でも何とか走ることが出来る。
「カサデファンタひさみ」は国道から海側に少し下がったところにある。Uターンするようにして坂道を下り玄関に入った。まず最初に一番風呂をいただいた。ガラス窓を通して日本海を見ながら疲れが抜けてゆくのを感じた。各部屋の海側には部屋ごとに区切られた大きなサンデッキがあり、そこからの景色は絶品である。是非一度訪れてみることをお薦めしたい。http://www.hisami-kasade.com/kasadefanta/
TEL 0772-76-9200


プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。