上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月21日、日曜日、映画「嗚呼、満蒙開拓団」を岩波ホールで見た。
満蒙開拓団が敗戦の年の昭和20年に成っても、国から進められていたことを初めて知った。
しつこいほどの勧誘だったそうだ。
もしその誘いがなければ多くの人が開拓団として行かなかったらしい。
624白小
東京空襲が行われ、沖縄戦の組織的な抵抗が終わろうしている正に敗戦間際というのに、それでも国によって満蒙移民が奨励され、実行されていたなど全く知らなかったし、非常な驚きであった。
国が一度決めたことは、全く状況に合わなくなっても、同胞の命がどうなろうとも遂行されるという典型的な例である。
国とはこんなことまで平気でするものだと改めて恐ろしくなった。
そしてご存知の様に開拓団の人達を置き去りにしたのである。
この戦争を起こした張本人達は家族共々最優先で列車に乗り、一目散に逃げてしまったのである。
624アヤメ
軍人に限らず情報を得られる立場の人間は我先に皆そうしたらしい。
全く情報を閉ざされた開拓団の人達だけが取り残されることになった。
どうして同胞に対してこんなことが出来るのだろうか。
この国の軍隊は勿論同胞の税金で運営されているはずである。しかし、その納税者を虫けら以下に扱ったのである。
何とも酷い話だ。
その結果、多くの残留孤児を生むことになった。
にもかかわらず、2002年に中国残留日本人孤児たちが起こした国に賠償を求める集団訴訟は、賠償責任は除斥期間が経過しているため消滅している、と国の責任を認めなかったのだ。
これがこの国の心であり、仕組みなのである。

また、方正地区の日本人公墓のことも初めて知った。
松田ちゑさんという中国の人と再婚した日本人女性と、周恩来首相の尽力によって、中国方正県政府が建設したものである。
しかし、そのことが文化大革命の時、日本のスパイという口実を与え、松田さんに死刑が言い渡されることになった。
それを助けたのも周恩来首相であった。
そこに流れる明確な理念は「日本人民も開拓民も日本軍国主義の被害者だ」ということだった。
624サンショウ
理不尽にも侵略され、国土を踏みにじられた国の人が、侵略者であり、その上同胞を見殺しにた国の人を助けたのである。
何とも皮肉である。

国とは何か、を改めて考えさせられた。
国や軍隊は国民を守るためにあるのではないこと確かである。
沖縄戦でもこの国の軍隊は正に同胞を犠牲にしていった。
近年に於いても、公害問題でも、薬害問題でも、開発と称した環境破壊工事でも・・・・国は決して被害者の側に立とうとしないばかりか、単に自己保持の為にしか行動をしないことは多くの事例で示している。
所詮、人間であるからしょうがないのかもしれない。

社会の中で最も信用できないのが国を動かしていると称する組織であろう。
その組織があたかも国であるかのような顔をしてやりほうだいなのは許し難い。
責任を取る意志のない組織を持った国の未来はどうなるんだろうか。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。