上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


二人で久し振りに中禅寺湖に行った。振り返ってみると中禅寺湖へはこれまでに何度も行っている。
最初は小学校の遠足で行ったが、阿世潟キャンプ場に最初に行ったのは、高校2年生の夏休みの時だった。もう48年前になる。
釣り人
沼田から金精峠を越え、いろは坂を下り、東京まで自転車で一日で走ったこともある。
大学の自転車クラブの秋合宿キャンプ、友人達と登山のベースキャンプにしたこともあった。樹木1
仕事関係の知人とのキャンプや、妻とカヌーを持って行ったこともある。
中禅寺湖はそれなりにいろいろ想い出がある。
そして今回でやっと阿世潟を通過し、中禅寺湖の南岸を千手が浜まで歩いた。全行程15.2Km、移動時間4時間4分、休み時間3時間18分、合計7時間22分、万歩計は29000歩ばかりになった。
48年前、初めて阿世潟に行った時、中禅寺湖の南岸を全部見てみたいと思ったことが切っ掛けで、今回やっと実現した。自転車で走ってみたいとも考えていたが、それはやらなくて良かった。どんなに良いマウンテンバイクでも現在の自分の能力で走れるような道ではなかった。
もし自転車で行っていたら、当然途中から引き返すことになり、「バカの一つ覚え」と言われることになっただろう。樹木27時から朝食をとり、7時50分に中禅寺湖ペンションを出発。梅雨のど真ん中だというのに雲一つ無い快晴。翌日の予報は雨であるから何とも付いていた。
少々疲れたが最高の森林浴ができる快適なトレッキングコースであった。
中禅寺湖の南岸はほとんど手が付けられていない自然林に覆われ、日差しが強くても緑がしっかり日陰を作ってくれていたので暑さを感じることはなかった。
時たま走る観光客を乗せたモーターボートの雑音以外は、鳥のさえずりだけが聞こえる大自然を堪能できた。樹木3
手つかずの自然林の中には、かつて倒れた老木の株の周りから芽を出した株立ちの樹木がかなり多く見られ、それらを見るだけでも楽しいコースである。
しかし、こんな良い天気の土曜日にもかかわらず、釣り人の何人かと、反対側から歩いてきた二三人の人に会っただけだった。苔
帰りのバスが渋滞で遅れたことを見ると、中禅寺湖に人がいなかったわけではない。
車で来て観光スポットだけを見るだけの人は多かったのだろう。
汗をかき木漏れ日の優しさに感動する森林浴よりも、クーラーの効いた車で歩かない方が楽でよいのだろう。木橋
まあ、今の政治は積極的に国民を車に乗せ、その体力を落とさせても経済を優先させる政策をとっているようだからしょうがない(それに簡単に乗っているのもどうかと思うが・・・)。
ゴールの千手ガ浜へ着いた時、タイミング良く遊覧船が船着き場に入った。
予定ではそこからハイブリッドバスで赤沼まで行き、普通のバスで日光駅まではずだったが、遊覧船を見て急遽変更、予定外のしばしの船旅を楽しんだ。
どんなに綿密な計画を作っても所詮机上の計画に過ぎない。旅でも仕事でも同じだと思うが、臨機応変の判断は大切である。

今回は中禅寺ペンションに初めて泊まった。フルコースの夕食、朝食とも美味しかったし、貸し切り風呂も綺麗で広くて良かった。
オーナーご夫妻の対応とても好感が持てた。
次の機会もここに泊まろうと思う。
バス停からも近いし、南岸トレッキングの際は是非泊まってみることをお薦めする。
http://www.chuzenji-pension.com/
地図



プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。