上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カメラ上最近はキャノンG10を持ち歩くことが多くなった。何と言っても一眼レフに比べればとても軽いからである。そんな基準で持ち歩くカメラを決めるのは、一にも二にも年を取ったからだろう。カメラ横
カメラ前
カメラ部
三脚部しかし、トレンクルと違って軽さだけを最優先で選んだわけではない。むしろG10はコンパクトカメラとしては重い部類だろう。それに、他に持っているキヤノンカメラとの共用部品が特別あった訳ではない。
G10を選んだ理由の第一は古いカメラのイメージを持っているからである。その一つにファインダーがある。どうも液晶画面を見ながらだと、カメラを操作して写真を撮っている気がしないのだ。これは常々否定している既成概念なのかもしれないのだが、どうもカメラの場合は、それが自分の中で機能していないのだ。
それとダイヤルでISO感度が選べることと、露出補正もダイヤル式だったからだ。
特に露出補正がダイヤル式なのは気に入っている。他にもこういう方式のコンパクトカメラはあるのかもしれないが、最初にG10が目に入り、「いいな!」って思ってしまったため、もう他の物は眼中に入らなかったし、興味もなくなってしまった。まるで一目惚れの恋心のようなものだろう。
物を選ぶなんて事はそんな程度で、先入観が最優先されるのだろう(但し、かなりいい加減な私の場合である)。ついでにテレコンバーターレンズも揃えたが、コンパクトさを考えるとかなりマイナスである。
但しこのレンズを付けると少なくとも見てくれだけは更にカメラっぽいイメージには成り、まあ、ほとんど見た目で選んだだけなので結構満足している。
デジタルカメラの最大の欠点は、ちょっと条件を変えようとすると、何でもかんでも液晶画面に呼び出して選択しなければならないところである。
デジタルカメラは盛りだくさんの機能がそろっている(携帯電話も一緒)ため、至って使い難いし、面倒くさい。その点ISO感度と露出補正がダイヤルで選べるのは随分使いやすい。いっそのこと、設定するための機能を一つ一つダイヤル式に取り出してあったら、一目瞭然で使いやすくなると思うのだが、時代に逆行となるためか見掛けない。
写真を撮っている時の使い易さ、使い難さは三脚を使うときにも感じる。トレンクルで旅をしながら三脚を使って写真を撮りたい時、その度にねじ込んで三脚にカメラをセットしなければならず、躊躇することがある。実際は大した時間ではないのだが何となく面倒くさくて躊躇してしまうのだ。
ワンタッチで三脚からカメラを付けたり外したり出来るパーツはあるのだが、一眼レフ用であり、コンパクトカメラにはいかにも大きいし、重い。
そこで自分用に自作してみた。自分で作ったと言うほど大袈裟な作業ではなかったが、作ってみると中々便利である。
購入部品は三脚取り付け用のホットシュー、とカメラ側に取り付けるための手で回せるネジである。
後はそこらに転がっていた1mmのアルミ板だけである。アルミ板をホットシューに入る幅に切り、ネジのはいる穴を開けてからコの字型に曲げた。ホットシューの方は中のバネを外し、1mmのアルミ板がピッタリ収まるように溝の上側に、上面にクッションになる薄いゴム材を張ったアルミ材を貼り付けた。
これでバッチリである。単に三脚側にコの字のアルミを押し込めば終わりである。正にワンタッチでカメラを三脚に取り付けることが出来るようになった。
何でもそうだが、便利な物がなかったら自分で作ることを考えてみるべきである。売っていないからといって不便に甘んじていることはない。工夫さえすれば、かなりの物を自分で便利にすることが出来ると思うのだが・・・・・



プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。