上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8月22日から25日までの4日間遅い夏休みを取った。
計画は2ヶ月以上前に作り、その時点で宿の予約も取った。
久し振りの夏の北海道である。
コース地図正
自転車の旅はお任せのツアー旅行と違い、事前に調べることが色々ある。
その前に先ずコースを決めなければならない。
今回は、30年前に霧で何にも見えなかった霧多布方面に行くことにした。
釧路から厚岸、霧多布を通り根室まで海岸沿いの道は150~60Kmぐらいあり、それも1/25000の地図で見ると結構アップダウンのあるコースである。
1日40Kmぐらい走る(今の体力だと精々こんなもの)とすると丸4日かかり、往復する時間を入れると5~6日が必要になる。
その為、厚岸から走ることにした。ほぼ100Kmである。
海と陸しかし今回のコースの問題点は厚岸の次は霧多布まで宿が無く、次は根室の手前の落石へ行くまで宿が無いことである。その間は民宿をやっている集落すら無い。
つまり、一日目に北海道に着き、走り始めると必ず霧多布までアップダウンのコースを40Kmばかり走らなければ成らないことになってしまう。
それはちょっと無理だし、第一あわただしく走ったところで疲れるだけで楽しくも何ともない。そのため、第一日目は走らず厚岸に泊まり、二日目は霧多布まで、三日目は落石まで、4日目は根室まで走る、という日程しか選択肢はなかった。
予約のため厚岸駅前のホテル五味に電話したところ、自転車はホテルで預かってもらえることになった。今までは一日目に走らず泊まるだけという事はなかったので、必ず到着駅の近くの宅急便センター止めにしておいた。
実はこの初めてのことが、非常に助かることになった。
飛行機の予約は一ヶ月以上前にインターネット上で済ませておいた。
そして、その予約完了ページをプリントアウトし、飛行機関係の資料を何枚かまとめてホチキスで留めておいた。その時最初のミスをしてしまった。
白樺
当然、「行き」用の資料が先で、「帰り」はその下になるはずであったが、帰り用の資料の一枚が一番上になってしまった。
出発の前日、出発時間の確認をした時、まさか間違えているとは思っていなかったので、
「東京→釧路」と「釧路→東京」の確認をせず、時間だけの確認で終わらせてしまったのだ。
本来、行きの時刻は14:25だったのが帰りの時刻である16:40と思いこんでしまったのだ。これが二番目のミスである。
それでも普通は16:40では少し遅すぎるのではないかと気が付くのだろうが、年の勢だろう、すっかり予約した時間を忘れてしまったのだ。
昆布取り
今までこんなミスを犯したことがないという過信が再確認をも妨げてしまった。
これが三つ目のミスである。
四つ目は妻に確認してもらうという二重チェックをするという方法を取っていなかったことである。
単なる資料の重ね合わせのミスだったのが、それを気づかせるやり方を取っておらず、おまけに過信が根底にあったことによって完全な失敗になってしまったのだ。
明確なチェックシステムを取っていたなら、当日羽田空港に行く前に見つけられたはずである。その為、羽田空港に行ってから気が付くという最悪の結果になってしまった。


プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。