上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、仕事で広島に行った。
ついでに前々から気になっていた大和ミュージアムを見学した。
近くまで行くと、先ずは実物の潜水艦「あきしお」が出迎えてくれた。927あさかぜ
でかい!何とも言えない凄さと異様さを感じた。
長さが76m、直径が10mばかりある鉄の塊だ。

大和の展示室に入ると1/10の超精密な大和が置かれていた。927大和
もう少し感動するかと思ったが、それほどでもなかった。
ここに入る前に見た本物の潜水艦が余りにも強烈に感じたからだろうか。
また、「戦艦大和」のイメージが子供の頃から大きかったのだろうか。
そうはいっても26mの大和は壮観である。しかし1/10の巨大さでも模型から本物の巨大さは想像しにくい。
この大きさは模型としては十分大きいのだが実物を想像するには中途半端な大きさなのかもしれな。
それよりも大和ミュージアムの中で最も気になったのは、綺麗に作られた模型よりも特攻用の一人乗り潜行艇「回天」と二人乗りの「海龍」の実物だった。927海龍
表に展示してあった「あきしお」に比べると余りにも小さく、華奢で弱々しく見えた。
しかし、かつてこれにも人間を乗せ、操縦させ敵艦に体当たりさせた物なのだ。
いわゆる人間魚雷である。
こんな物に人を乗せたことなど、今となると考えられない。
真珠湾攻撃に使われた特殊潜航艇は「甲標的」と言い、「回天」「海龍」とは違う。
「回天」と「海龍」を見ていると色々なことを考えさせられた。
今回の戦争を遂行するための兵器と、それを節操もなく使い続けようとした結果、被爆地広島を生み出してしまった。927零戦
それらの兵器達が被爆地広島に置いてあるのに場違いさを感じ、何ともやりきれない気がした。
稚拙な判断基準と明確な戦争目的も立てずに戦争に突入し、多くの同胞を無駄死にさせ、揚げ句の果てに、終戦にさせる判断も決断も出来ず、ずるずると時間を浪費した結果、広島に原爆を落とせる時間をアメリカに与えてしまった。
そんな悪あがきで時間を稼ぐための兵器が広島に置いてあることが何とも理解しにくかった。
まあ、しかし良くもまあ大和のような兵器を作ったと素直に思う。
カメラメーカーに一時いた自分にとって、あんな馬鹿でかい鉄の塊をどう加工するのか今でも想像すら出来ない。
江戸時代を終えてから70年余りでこんな物まで作れるようになるとは、人間の力に恐怖さえ感じる。927田んぼ

しかしこの力を持ってすれば、どんなことも恐れることは無いのではなかろうか。
二酸化炭素25%削減も本気で取り組みさえすればどってことないのだろう。
現状を維持したいだけの人間は、出来ないという理由を考え出そうとする。
それは単に今を変えたくない者の言いぐさであり無視すればよいと思う。
二酸化炭素の問題は未来に関わることである。
今だけのことを言っていても何も解決はしない。






プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。