上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民主党政権に変わって一ヶ月が過ぎた。
先ず最も変わったことは政治のニュースが非常に面白くなった。
「こんなことだったのか!」「こんなやり方が行われていたのか!」「こんなことを何故私達は知らされなかったんだ!」・・・・・
1026蕎麦自民党の政治屋と公務員はこんなやり方で、こんなことをしてきたんだということが初めて目の前に曝され、憤慨と発見の毎日を楽しんでいる。
今までの政治裏の実情が分かれば分かるほど民主党への期待が大きくなるのと同時に、今こそ国民が自分自身の生活のこととして協力して行く必要があると感じる。
日本社会の大手術で明治以来の大革命と言っていい。
ここまで我がもの顔で税金生活者に牛耳られてきた社会システムを再構築することは容易なことではないだろう。
1026コスモス明治以来百年以上にわたって常識化されてきた社会システムであり、戦後60年にわたって行われてきた政治システムである。
伝統ある(?)それらのシステムを根本から変えるのであるから、そう簡単には行くまい。
日本人が初めて自ら手に入れた民主主義の入り口である。自分自身のために大切に完成の道を造って行かねばならない。
その中で一つアイデアがある。
それは「役所」という名前を「市民サービスセンター」に変えることである。
名は体を表す、というように「役所」と言っていては、良くも悪くも今までの継続が行われてしまう。
意識までも継続してしまうだろう。
もともと、日本語という偉大な文化を持っているにも関わらず横文字の好きな組織である。
この際、「市民サービスセンター」に変えても抵抗はあるまい。

1026稲穂しかし、ダムだ、箱だとうつつを抜かしている間に、これからの時代を作ってゆく太陽電池ではモタモタし、自動車メーカーでなくとも簡単に参入できる電気自動車ではそのビジョンすらも描けず、生きるための根源である農作物の自給率は低下させてしまった。インフルエンザワクチン対策しかり、環境対策しかり、林業対策しかり・・・・・自民党を中心にしたシステムは、21世紀の激変の時代に対して全ての対応を遅れさせてしまったと思う。
カメラがメカの塊から電子化されて行くのを見て、次は車だと思っていた。環境を考えても、電池の進化を考えても、いずれは内燃エンジンは無くなるだろうと思っていた。但し、燃料電池車の方が先なのかなと思っていたが、それよりもリチュウムイオン電池車が、先ずは大きく普及しそうだ。
燃料電池でもリチュウムイオン電池でもどちらでも良い。どんな方法でも良いから、一刻も早く排気ガスはゼロにすべきである。
何しろ早く日本社会を変えなければならない。政治を変えなければならないと思う。そうしなければ子供達や孫達の未来に夢は持てない。
今日もガンワクチンに対するアメリカとこの国の金の掛け方の大きな違いについて報道されていた。
これを見ていると、この国は個人の命を無視する体質が相変わらず変わらないことを感じる。
変革をするしかないだろう。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。