上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プリウスに乗って今まで考えてみなかったことに初めて気付かされた。

IMG_29461**.jpg


(その1)取扱説明書を見ないとスタートもできない車は初めて。
(その2)エンジンの力が必要ない時(信号や渋滞で一時停止している時、
     アクセルを離した時、坂道を下っている時など)はエンジンが止
     まる・・・・ドイツでは信号停止でもエンジンを切るのがマナー
     だそうだ。
     必要ない時にエンジンを切ってガソリンの消費を押さえるという
     至極当然なことをプリウスに乗って見て初めて気づかされた。
(その3)減速は運動エネルギーを回収すること。
(その4)加速することはガソリン消費を大きくするが、同時に
     エネルギー回収の準備ということ。
(その5)登り坂は位置エネルギー利用の準備ということ。
(その6)エンジンブレーキではなくて発電ブレーキになり、エネルギーが
     生産される。
(その7)車の流れと先の信号を見ながら、できるだけモーターと慣性を利
     用して走ると有利。
(その8)それらの結果、ブレーキパッド、シューやタイヤの寿命が延び
     る。
(その9)歩行者はプリウスの近づいた音が聞こえないので、より歩行者の
     立場で優しい気持ちで運転ができる。
等々、考えてみたことのないことを考えさせてくれる、正に常識破りのすごい車です。
でもこれらのことは気がついてみれば至って当然なことで、必要の無い時は、せめてエンジンを止めるぐらいは全ての車でやればいいのに・・・・




プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。