上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日で書き慣れた「2009」という数字も使い納めである。
これから人類が生き延びて西暦を使って行く以上、この数字にお目に掛かることは二度と無い。
そう思うとこの一年間使ってきた「2009」に何とも愛着を感じるし、愛おしくも感じられる。
だから2010年に成っても、当分の間は「2009」と書いてしまうのは致し方のないことである。
夕焼けこの世に生を受けたのが1944年(正確に私になる細胞が分裂を始めたのは1943年であるが)であり、今年で66年が過ぎようとしている。
経過した時間の全てを憶えている訳ではないからなのだろう、随分短かったように感じてしまう。
その間に終戦(これは憶えていない)舞鶴港の引き揚げ船、小学校での二部授業、コッペパン、紙芝居屋、駄菓子屋、コメットジェット旅客機、朝鮮戦争、ペンシルロケット、トランジスター、大陸間弾道弾ICBM、ソ連のスプートニク人工衛星、冷戦、電子計算機、ハンガリー動乱、日米安保条約、原子力発電、キューバ危機、ケネディー暗殺、ラムダロケットによる国産人工衛星、ベトナム戦争、パーソナルコンピューター、ソ連崩壊、等々、短く感じる時間の中に次から次へと浮かんでくる。
世界は常に激動してきたし、勿論、今も益々激動している。その激動を動かしている人類の行動が、地球環境の激変を起こそうとしている。
しかし、人類の歴史は常にそうであるが、悲しいかな、振り返ることが出来る所まで行かないと、今の時代に何が起こっているのかに気が付くことが出来ない。
大部分の人間は温暖化に気が付いていないし、日々の時間を、相も変わらぬ行動で消費することに夢中で、気が付こうと努力もしていない。
多分、家族に大きな犠牲が現れてからでないと気が付かないのだろう。そしてやっと振り返り「あの時、ああしておけば良かった、何故しなかったんだ、あの時しておけば犠牲もそうだが、莫大な負担をしなくても済んだのに・・・・」となるのだろう。
まあ、これは人類に取ってしょうがないことなのだろう。これが頭の良いと言われている人間の能力だからである。
富士今年、この日本でもやっと変化が起こった。戦争が終わり60年以上が過ぎ、振り返えれる時間になったのだろう。その場所へ到達し始めたのだろう。
しかし、やっと振り返って見たにもかかわらず、もう既に目先だけを見る特性に舞い戻ってしまったように見える。
鳩山総理や政府に対する風当たりが強くなってきたことだ。変わったばっかりであるにもかかわらずである。少なくとも何らかの商品開発の仕事を体験した人は、それが、そう簡単に予想通りいかないことなど分かっていると思うのだが・・・・
この100日余りの間で、今まで見られなかった色々な政治の内幕を見ることが出来た。
今まで見ることが出来なかった事が見られたのである、こんな凄い体験はないと思う。素晴らしい事だと思う。変化が始まったばかりである。そんなにあくせくすることは無いじゃないかと思う。もう少し大人の感覚で見守ったらよいと思う。不備な点があるなら批判するだけじゃなくて、改善する提案、協力をするくらいの気持ち持っても良いのじゃないだろうか。折角始まった変化である、もう少し大切に育てたらと思う。
2010年がやっと本格的な変化の年になるのではないだろうか。そうなってほしいし、そうしなければならない。


プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。