上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小沢幹事長の金の問題でマスコミは持ちきりである。まるで温暖化、二酸化炭素排出を含む地球環境の問題は無くなってしまったかのようだ。小河
勿論、小沢問題が大したこと無いと言うつもりはない(但し温暖化の超重大さに比べればゴミ以下程度の話である。にもかかわらず新聞の第1面を独占している)。その日その日であたかも社会の重大な問題が、猫の目のように変わるかの様な報道の仕方や、紙面の構成が場当たり的であり今の時代に不自然さを感じるのである。
大部分の人は、ニュースの本質的な価値を考えるのではなく、目の前に現れる報道の仕方によって、その量によってのみ反射的に左右される傾向にある。おみくじ
今の報道の仕方は、あたかも小沢問題が、その費やされている時間から見ると、地球上で最も重要な問題であるかのようである。
政治的に今最も重要なことは、政治主導への転換、確立であり、政治全体の透明化であり、脱官僚である。小沢問題も一つの透明化であるが、それ一つだけにこだわり、本来社会に重大な影響をもたらすニュースが軽んじられるのは何とも歯がゆい思いである。だいたい、野党自民党が今度の国会でこの問題を徹底的に追求するなんて党首が言っていることが、どうしてニュースに成らなきゃ成らないのか不思議である。このことなど、まさにマスコミ主導で民意を操作しようとしていると取られても仕方あるまい。
だいたい追求するなんて言うことは当然やりそうなことであり、改めて貴重な時間と紙面を使うまでもない事である。それぐらいしか今の自民党には手がないからニュースとして取り上げるのだろうか。
国民の大多数は、大きな普遍的な問題を見る目より、場当たり的な放送の頻度、時間の長さ、紙面の大きさだけで、あたかもそれが重要であるかのような錯覚をさせられている。簡単に錯覚させられてしまう性格なのである。つまり、森を見ず木ばっかり見るのが好きだし、それで満足する傾向にある。まして、森を育てる地球環境などとてもじゃないが気が回らない。水門
ニュースとして放送する割合は社会の重要度で区分すべきでないのか。政治家とは言えたかが個人の金の話である、無視せよとは言わないが、そんな報道にエネルギーを費やしている価値が本当にあるのか大いに疑問である(何度も言うが、小沢問題はどうでも良いと言っているのでなく、検察が粛々とやればよい話で、それをマスコミが社会が崩壊するかの如く一面を使って報道に血道を開けていることに疑問を呈しているのである)。
そんなニュースを流している間にも、環境はどんどん悪化の方向に向かっている事は間違いないのだ。
環境問題ほど重大なニュースは無いのではなかろうか。貴重な有限の時間、有限の紙面を浪費していて良いほど地球環境の悪化は悠長に進んでいるのだろうか。
環境問題が問題として見つけられなかった時代は、その日その日で人々が興味を持ちそうな事件や問題をニュースとして取り上げれば良かった。
地球環境の問題が新しく発生した以上、報道方法も変革すべきではないのか。百年一日のようなマンネリ化した報道パターンでよいのだろうか。
地球環境がおかしく成りつつあると言うことは、地球環境丸という舟が浸水し始めていると言うことだ。まず最初にその浸水箇所を閉じることが何よりも先にやらねばならないことではないだろうか。それが常に最大のニュースではないだろうか。狛犬
沈みつつある舟の上で、乗客同士で互いに粗を見つけあったり、和気藹々としたところで、肝心の舟が沈んでしまえば全てはお仕舞いである。
誰も助けてくれないのだ。
今はそういう時代である。我々の行為の全てが無になってしまうかもしれない未来を背負った時代なのである。
時代背景が激変したのである。二酸化炭素を発生する化石燃料が枯渇するから問題なのではない。人類が快適に生きる為の環境が劣化しつつある事が問題なのである。枯渇など悠長なことを言ってる前に人類が壊滅的なダメージを受けてしまうのではないかということが問題なのである。
そういうことをベースにした報道の在り方というものは無いんだろうか。
我々が先ず興味を示さなければならないことは、先ずはこの危機を何としても乗り切らねばならないということだ。
誰が何と言おうと地球環境丸を沈めないことが最大、最優先のテーマである。
その視点から見れば小沢問題などゴミ以下の問題であるのだ。4億円がどうだろうと我々の生活にはほとんど何ら関係ないと言って良いが、環境問題は我々一人一人に満遍なく必ず甚大な影響をもたらすことである。
勿論、政治主導への転換、確立、政治全体の透明化、脱官僚は税金を通して我々に直接影響をもたらすことである。
折角ともした火を4億円程度で消しては損だと思う。川飛び
そこで新聞紙面構成の提案をしたい。
第1面は、必ず地球環境問題とする、ということである。そんな上等なページを場当たり的なニュースで独占させてはならないのではないだろうか。
後は例えば、第2面はエネルギー問題、第3面は政治改革問題、第4面は経済問題、第5面は・・・・等としたらどうだろうか。要は、常に環境問題が最も重要であるというイメージを明確にすることである。
つまり地球環境丸を沈没させないために一致協力して行く社会を目指す為に努力することである。その為に今まで通りの報道に在り方、仕方を劇的に改革しなければならないのではないだろうか。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。