上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人間が人間らしく快適に暮らして行くために最も大切なものは、エネルギーであることは以前から何回も述べている。
立派で格好良い家であれば良い訳ではない。
どんなに素晴らしい形の家であっても、そこにエネルギーが無ければ、それはただの物体としての家に過ぎず、倉庫と同じであり、誰も住もうとしないだろう。椿
しかし、「家」という物の基本は、どんな地震にも台風にも絶えられる構造を持ち、雨風が防げる物である(そうでないものは「家」とはいわない)。その上で、初めて「住まい」としての体裁を整えなければならない。
そこで最も大切なものがエネルギーである。
家という建物を人間の住まいにするためにはエネルギーが無くてはならない。

現代は必要なだけエネルギーを金で買える時代である。その為、皮肉にも最も大切なエネルギーのことをほとんどの人が意識するこができなくなってしまった(これらのことも何度も書いている)。
その為、エネルギーのことを全く考えずに物事全てを進めることが当たり前になってしまった。
つまり、エネルギーの意識無しで全ての価値観が組み立てられてしまったのだ。
その中で甘えていられたのだ。
それが出来ることが先進国の条件であるかのように言われた。
経済成長だけを考え、石油をたくさん買えるようにしておけば、それで良いと思われてきたのだ。
それが永遠に続くと勘違いされてきたのだ。
それらの考え方に対して世界は危険だと思うようになってきた。菜の花
石油を使うことがまずいということになれば、今までの間に作られ、社会を牛耳ってきた価値観と権威はほとんど全て失墜することになってしまう。
家の設計手法も例外ではないと思う。
それは設計の順序を見れば自明である。
最後になって今まで設計してきた建物の熱負荷計算をやっとすることだ。
熱エネルギーのことを全く考えないで設計をしてきた証拠である。
つまり、今、自分が設計している家がどのくらいの石油エネルギーを消費(CO2を排出)するのか全く知らないで、意識することなく全ての仕様を決め、形を作ってしまうのだ。
後から石油エネルギーが好きなだけ金で手に入れることが出来る、という条件の下でだけでしか成り立たない設計方法なのである。故に主観だけで、単なる個人の好みだけで設計することが成り立ってしまうのだ。
しかし、エネルギーを自前するために自然の原理を取り込むとなると、自分の好きなようにするということだけでは行かなく成ってしまう。
少なくとも、自然の原理を理解し、それと仲良しにならなければならないだろう。しだれ桜

延べ床面積は四人家族の生活を考えて40坪と決めた。これに然したる根拠はない。欲しいスペースを足していったら40坪ぐらいになっただけだ。
勿論、構造を出来るだけ単純化するためと、外壁面積を最小にするため正方形とし、総二階にした。
ダイレクトゲインを利用する以上、本来は東西に長く取り、南面を出来るだけ広くすべきなのであるが、土地の寸法上、それができないので、せめて熱が逃げる面積を最小に押さえるため、正方形とした。
当然、屋根は太陽電池を載せたり、給湯用集熱温水器を載せるため南面に傾け、雨水が集めやすいように出来るだけ広い面積にした。また、夏の南風が吹き抜けて行くように、無風時でも空気の上昇気流が起きやすいように、北側に近い最上部に大きな北向きの開口部を取った。ほぼそれらの条件だけでプロポーションを決めた。

次につづく


プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。