上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このグラフは月刊雑誌ニュートンの2010年4月号「CO2特集」に載っていた図である。
この号はCO2による温暖化の問題を実に分かりやすく書いてあるので、是非一読していただきたい。ニュートングラフ2
赤い線のグラフは約2万年前から現在までの大気中のCO2濃度の変化を示している。
南極の氷床に閉じこめられた空気中のCO2濃度を測定することで求められたそうだ。
2万年前から近代まで300ppmを越えたことが無いことが解るが、近年になりいきなり400ppmに向かって立ち上がっている。
まるで何かが爆発して急速にその体積が増加している様子を表しているようだ。ほぼ垂直に立ち上がっている。
また、80万年前からのデーターも解析され、やはり300ppmを越えたことが無く安定したことが解っているらしい。
私たちは今この先端部分おり、この直線的な立ち上がりは更に加速しつつ上昇をしているのである。それは、黄色で書かれた1950年から2010年までのグラフが如実に示している。カーブを描きながら上昇しているのだ。
このグラフを見ただけで未来の具体的な状況までは想像できなくても、地球環境が何かとてつもなく大きな異常事態に向かって、加速度的に突き進んでいるのではないか、ということぐらいは感じられるだろう。
もし感じられないのであれば、よほどのアホだと自覚する必要があるかも知れない。
まあ、グラフの読み方が解らないのであれば話にならないが、解らなければもう一度小学校から勉強し直した方が良いと思う。子供や孫をかわいがる気持ちがあるなら、是非実行して理解してもらいたい。
人は自分の近い未来に重大な変化(危険)が有りそうと察した時、それが避けられないと気が付いた時、その未来から意図的に出来るだけ目を反らそうとする傾向にあるのではないだろうか。
私の母は1970年に癌で死んだ。手遅れだった。思い起こせば、その前兆は色々な場面で見られた。しかし、何だかんだと理由を付けて、体調の悪さを自分自信に対して隠そうとした。宣告されることが怖かったのだと思う。そしてどうしても対処せざるを得ない状況に成った時には、手が付けられなくなっていたのだ。
おかしいと思った時に直ぐ対処していれば、もう少し何とかなったはずだったんだろう。
とても悔しい思いをした。
これは今の地球状況と全く同じなのでは無かろうか。
もし、この急速な変化のグラフが自分の白血球の数だとしたらどうだろうか。もし、血糖値だったら、もし、血圧だったら、・・・・かなり重大な体調変化であるし、ほって置いたら取り返しが付かないことになるんじゃないかぐらいは予測するだろう。
もしそうだとしたら、自分自身だったら、すぐさま病院に行き、急いで治療しようとするだろう。重篤な状態に陥らないうちに・・・・。
下の水色グラフは1985年から2010年に掛けての海水中に含まれているCO2変化量を示している。
たった25年の間に30ppmぐらい増えたことになる。
空気も海水も現在の地球環境を支えている原点である。これらが相まって太陽からの強烈なエネルギーを緩和させている。それにより地球の平均温度を約15℃に保たれ、私たちの命は支えられている。03大気と海の厚さ7
私たちの地球は、私たちが全世界で年間に消費しているエネルギーの何千倍もの太陽エネルギーに曝されている。にもかかわらず、定常的な温度を保っていられるのは、まさに空気と海水のお陰なのである。
その空気と水の機能を大きく変化させるかもしれない変化をこのグラフは示している。
2番目の図は直径が1mの場合の地球と対流圏の空気層の厚さと海水の厚さを表した図である。
それらの層が余りにも薄いため、線の太さの中に埋もれてしまい良く分からない図になってしまった。
つまりそれほど空気層も海洋層も薄いのである。直径が1mに対して空気層は0.8mmぐらい、海洋は0.3mmほどである。
生物が命を保てる大気の厚さというのは、厚さというより地球の表面にへばり付いた「膜」と言った方が適切に思う。
地球とは海水と空気がコーティングされた惑星であると言える。
そんな薄い空気層の中で人間が好き勝手をやった結果がこのグラフなのだ。
何としても、一刻も早く、1人でも多くが、先ずはこの距離感、厚さ感を共有して同じ価値観を持たなければならない。
太陽の寿命は後50億年程度と言われている。それまでの過程で大きく変化するのだろうから、地球上に生命が存在していられるのは、1/10(単なる感で、科学的な根拠はない)としてあと5億年ぐらいかも知れない。
それだけ有るのだから、その前に絶滅しないようにしないとね・・・・
孫を可愛いと思い、可愛がっている方、一緒になって何とかしませんか。



プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。