上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


少しでも太陽熱を利用して二酸化炭素を出さない生活をすることは、かなり緊急を要する事だと思う。 とは言っても意識的に太陽熱を利用することは、殆どの人になじみがない。 そこで、誰でもが簡単に二酸化炭素を出さないでお湯が手にはいる体験が出来るようにと、温水集熱器の自作を試みたのでお知らせします。 20070613181221.jpg 先ず、目標テーマは「主婦が5000円で自作できる太陽熱集熱器」ということにした。(パネル1枚に付き) 材料は直径20mmの黒いホースを35mぐらい。 あとは3mmベニヤ、厚さ0.5mmの透明塩ビ板、断熱材用段ボールと20×40mmぐらいの角材、12~15mmのアルミアングル、0.5mm位の銅銭など。 外形寸法は455×910mmとし、できるだけ定尺(1820×910mm)のものをカットするだけにした。 この写真は2枚のパネルのホースを直列につないであるため、集熱部となるホースの全長は32mぐらいになり、こんな簡単な物でも結構お湯が出てくる。 お湯が出た瞬間は、かなり感激する。 何と言っても、二酸化炭素が出て尚かつ、お金を払わなければならないエネルギーを使わなくてもお湯が得られることに何となくホッとした気持ちになる。 誰でもが簡単に太陽熱に親しめるようにと作ってみたが、勿論これで完成したわけではない。 これをどうやって、何に使えば良いのか、その部分の開発が最も重要になる。 今までと違って、無料のエネルギーを使うのだから、それなりにガスの栓をひねるのとは違う手間が掛かるのは仕方ないと思うが、しかしあまり掛かりすぎると使われなくなってしまうし・・・・良いアイデアがあれば教えてください。 太陽エネルギーをできるだけ利用する方向に変えていかなければいけないのだが、その為には、些細なことでも先ず実行することが何よりも大切であると思う。 思っていないよりは良いが、思っているだけでは何も変わらない。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。