上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月3~4日
前日の予想に反して、午後から雲行きが悪くなると言うことだったので、急きょ8時予定の朝食を7時にしてもらって三四郎旅館を出発した。木蓮桜
今日は能代の宅急便センターまで30キロばかりの旅である。風は大分収まったが、それでもまだ向かい風が残っていた。
途中、澤目神社という所で小さな祭りに出会った。満開の桜の中の御輿は小さかったが、旅情をかき立ててくれた。
ほぼ予定通り宅急便センターに着き、ホテルグランメール山海荘から送っておいた輪行箱にトレンクルと不要な荷物を入れ込み、自宅へ送り返した。
これでザックとフロントバックだけになった。それに私はD50のカメラを持った。鉄橋
能代駅でNさんに車で迎えに来ていただくことになっていった。Nさんとはお会いしてから24年ばかりになり、床材の件で大変お世話になった方である。現在は会社を変わられ、東北六県をエリアとして営業活動をされている。
Nさんには今回もいろいろお世話になってしまった。人の親切は本当に有り難いし、何よりも嬉しい。人生も残り少なくなってきたが、このことは決して忘れてはならない。
駅前の商店街は殆どシャッターが下りていた。厳しい時代の変化を感じざるを得ない。一軒一軒の人達はどんな思いでシャッターを下ろし、出て行ったのだろうか。活気のある声が響いた時代もあったのだろう。ここで多くの人が楽しく、そして悩みながら生活をしていたかと思うと何とも胸が痛む。
それに比べて能代駅前に向かう国道沿いには、にぎやかな大型店をいくつか見た。駅前商店街のお客を奪ったの張本人である。しかし、これも時代の流れ、駅前商店街を懇意にしていたお客さんが、商店街を捨てて郊外店に行ってしまったのだからしょうがないのだろう。お祭り
Nさんには八郎潟を埋め立てた上に作られた大潟村に連れて行ってもらった。菜の花と桜と人が満開だった。私たちが小学校で学んだ八郎潟は日本で2番目に大きな湖だったが、今の大潟村にその面影は感じることは出来ない。八郎潟の埋め立てが始まったのは1957年であるそうだ。(この年はソ連が初めて人工衛星を打ち上げた人類の記念すべき年でもある)
その地域で生活している人のために埋め立ても仕方のないことなのだろうが、自然を一度壊してしまうと、もう二度と元通りには成らない。ホモサピエンスの支配する地球の自然なんだから、どうしようと勝手でしょ、と言ってしまえばそれまでであるが、もういい加減そのことに気が付かねばならない。
今日の宿である、秋田県藤里町の「ホテルゆとりあ藤里」までNさんに送っていただいた。今時珍しい禁煙室のない宿だった。禁煙してから40年近く経ち、煙草の臭いには妻共々もうとっくに馴染めない。
翌朝はまた、Nさんに迎えに来ていただき鷹ノ巣駅まで送っていただいた。少し時間があったので、途中、Nさんの自宅にお寄りし、珈琲を入れていただいた。短い時間ではあったが、奥様とも久し振りにお会いでき、楽しいひと時を過ごすことが出来た。その間の話の内容は、言わずと知れた孫、孫、孫、孫、孫・・・・であった。孫持ちが集まっては、どうしようもないと言っていい。興味のない人にとっては、これほどどうでも良い話は少ないかも知れないが・・・・桜1
鷹ノ巣駅からは秋田内陸縦貫鉄道でに乗った。一両編成の最小列車で角館が終点である。私は仕事に来た帰りに一度乗ったことがあるが、今回は妻のリクエストで秋田内陸縦貫鉄道経由で角館に行き、そこで途中下車し、桜を見て新幹線で帰ることにした。
鷹巣では快晴だったので、角館も快晴の下の桜を期待したが、それは叶わなかった。
人生、期待通り層々上手く行くものではない。雨には成らなかっただけでも幸いと思わなければならない。
しかし、桜はどんぴしゃ満開であった。それも例年より10日遅れというのだからこんな幸運はない。
二ヶ月前に計画を立てたのだから、その偶然の一致の幸運は神に感謝するしかない。
曇りになったぐらいで嘆いてはならない。黄花
こう気候変動が激しいと、来年にもう一度来ようとした時、宿をいつ取れば良いのか的中させるのはいかにも難しい。
武家屋敷通りは、まるで原宿竹下通りのような人混みであった。
近隣の人達が満開を聞きつけて押し寄せたのだろう。
旅で行くどんな場所でもそうなのだが、自分たちのことを棚に上げて人の多さに嘆くことが多い。
自分たちも混じって人が多いのだから、他人事ではないのだ。世間は往々にしてこういう勝手な意見で構成されている。
人の多さに嘆くのであれば、その場所に泊れば良い。桜2
そうすれば、観光客の去った静かな夕暮れ時の陰影を楽しみながら歩くことが出来るし、次の朝も人が押し寄せる前に、もしかしたらヒヤッとした朝靄の中に浮かぶ景色を独占することが出来るかもしれない。
大部分の観光客は、昼間の上からの光で構成された景色だけを楽しんで帰ってしまう。
泊まってまでして、夕方と朝方の陰影まで楽しもうという人はいたって少ない。
勿論そういう傾向で良いのである。もしみんながそんな風に考えたら大変なことになってしまう。
宿を取るのが大変になってしまうし、夕と朝が静どころか竹下通りになってしまう。
しかし、朝夕の風景を楽しむとなると、そんなに有名な場所ばかり行く必要はないだろう。
一本の満開の桜を見ても人は感激するものだと思う。こまち
どこの宿でも非日常の生活を肌で感じればそれで良いのではないだろうか。
そういうセンスを持てば人生がもっともっと楽しめるのではないだろうか。
角館の売店で弁当を買い込み、17:18発の「こまち88号」に乗り込んだ。
二人で弁当を食べながら、いろいろあった今回の旅を振り返り、2010年5月の連休が終わった。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。