上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日、ある病院に入院した人の投書の話を聞いた。6人部屋の窓側の人からであり、内容は、「昼間は、まるで地獄の様な暑さである」というもだ。
この病院は最新の都市計画の一環として作られた病院である。そんなに最新の考え方で建てられたはずの病院からこういう投書が出るのはどうゆうことなんだろうか。何を意味しているんだろうか。しぎ
調べている内に都市計画の見た目の随分立派なイメージ図があった。イメージとしては至って当たり前であり、代わり映えがしない相変わらずの絵ではある。
しかし、何故、入院したした人からそんな言葉出たのだろうか。
原因は簡単である。入院患者がそこに寝た時、患者に太陽直射光が直撃し、同時に室温が上がったからだろう。
そうなることが分かっていて何も対策を立てなかったのか、それとも形だけに捕らわれ過ぎて気が付かなかったのか、それとも分かっていて、空調で何とか冷やそうという設計をしたのだが、その能力が足りず地獄にしてしまったのか、いずれにしてもナンセンスは話である。
しかし、もし、空調能力で何とかしようとしたのだとしたら、時代錯誤も甚だしいと言えないだろうか。
大きな空調機器に頼ることは、膨大なCO2の排出を前提にしている。2、3年で壊すなら兎も角、少なくとも20年や30年は使うつもりなのだろうが、ごく近い将来にエネルギー的に使えなくなるのではないだろうか、と心配してしまう。それにしても最新の建物である。九輪
建物は、それを使う人の為にあるはずである。
それとも机上で作った計画通り、外から見た時にかっこよく見えればそれで良いのだろうか。
そんなことはあるまい。
病院の入院棟であれば、特にそこに入った人が先ず第一に快適であるべきなのは当然であると思う。それじゃなくとも患者さんは気持ちが沈みがちであろう。特に心をいやす快適さを考えるべきではなかろうか。
それが人のことを第一に考えた設計ということだと思うのだが・・・何はともあれ、外観が例えどうあれ、入院した人が「ここに来て良かった」と思われる建物でなければならないはずだ。
室内に入り込む日射に対する窓の対策は、ガラスの外ですべきことは常識である(透過光を減衰させるガラスも使われているんだろうが、所詮、小手先の対策に過ぎないと思う。冬の熱も減衰させてしまう)。
しかし、ビルの場合、今までは殆ど外で対策をしてあるのにお目に掛かったことがない。単に格好悪いと言うことなのだろうか。
最近建つた最新のビルも、それ以前のビルも、ただ単にガラスになっているだけである。確かに、縦と横の線の構成で図面は随分綺麗に見えるだろう。しかし、そこに入院した人に「地獄のようだ」と言わせてしまっては、どんな図面を書いても、全ては失敗作と言えないだろうか。入院した人と外観は何の関係もないのである。
時代はエネルギーを中心に大きく変わりつつある。車もガソリンエンジンから電気モーターみ変わろうとしている時代である。ハイブリッド車が最も売れる時代である。太陽電池も珍しくない時代である。何所に旅をしても風力発電機の1台や2台はお目に掛かる時代である。釣り人
それに比べてビルはエネルギー的な観点から見て、何も変わっていないように見える。多分、設備の効率は少しは上がったんだろうが、電気エネルギー、ガスエネルギーを投入することが前提で、つまりエネルギーはランニングコストに置き換えて、全ての設計が成されていることには変わりがないのではなかろうか。
ガラス張りであれば、日射がもろに入ろうとするのは当然である。その日射の熱エネルギーは入れてから処理するのではなく(それには多大の化石エネルギーが必要である)、入れる前にカットするのも、また当然の物の理である。
CO2の問題がそれほど重要に感じることが出来なかった時代は致し方がないにしても、問題が明確になった今でも、相変わらずの形で作られているのはいかにも不自然だと思うのは私だけなんだろうか。
「はやぶさ」が、無限の宇宙の中の、たった500mぐらいの小惑星に接触し、60億Kmの旅をして、また地球へ帰り着いた。それも狙ったオーストラリアの砂漠にカプセルだけを着陸させられる時代である。
技術的に出来ないことなど無いはずなのに、何故、入院棟が暑くて地獄のようだということが解決出来ないんだろうか。鳶
これは解決できないのではなく、初めから解決するための項目に入っていないのではなかろうか
時代は激変しつつある。日本太陽エネルギー学会誌を見ていても、CO2ゼロという言葉が出て来るように成った。
CO2はゼロにしなければならないという方向に社会は向かっている。
エネルギーを金(ランニングコスト)に置き換えて、それが少し安くなった程度では許されない時代に入りつつある。
ビルはかなり長期に使うことを前提に作られなければならない物である。今のままで行くとその途中で使えなくなる物が続出するのではないだろうか。
せめて、病院の建物であるなら、そこに入院した人達に「ここへ来て良かった」と言ってもらえるような建物を設計してもらいたいものである。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。