上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久し振りに山用テントを持ってキャンプに行った。それも念願の孫(小学校一年生男子)と二人だけのキャンプである。泳ぎ
時は7月18日と19日の二日間。場所はいつもの馴染みの場所である。福島県とだけ記しておこう。
何しろ水が綺麗で、流れはそう早くなく、深くもないので、小さな子供達でも安心して遊ばせることができる。
水辺は木々が生い茂り、とても良い日陰を提供してくれている。
ここへ始めて来たのは子供達が小学校の低学年のころだったので、もう30年以上前のことになる。でもここの静けさは殆ど変わっていない。これからもこの静けさを保ってもらいたいものだ。いつまでも孫達とゆっくり、静かな時間を過ごせればと思う。河原
この流れの対岸にキャンプ場がある。今回はそこにテントを張った。我々二人だけだったのでとても良い気分で居たのだが、案の定、7~8人グループの若者がやって来た。
我々を無視して直ぐ隣でバーベキューを始めた。その為、いらつく前に更に上の300mぐらいさきのキャンプ場へテントを移した。そこは50歳代の男性が一人でテントを張っていただけだったのでホッとした。
全く他人の事は無視して自分たちのことしか眼中に無いという、今の世相の表れであると思う。
どうしてこうなってしまったんだろうか。戦後教育の結果なんだろうが、何とかならないだろうか。
先に来た人がテントを張って居たなら、出来るだけ離れた所でバーベキューをすべきであるのは常識でないのだろうか。私たちを含めてこのキャンプ場には3組しかいなかったのだ。何でそんな簡単なことが分からないんだろうか、何故、他人への思いやりがないのだろうか・・・・
夕方近くになると、車の音も、話し声もない静寂の中でヒグラシの大合唱が始まり、やっと落ち着いた時間が持てた。

今回のキャンプは行く一日前に急きょ決まった。
「キャンプに行くか?」と言うと「行きたい!」ということになり、二人用のテントを前日に買い込んだ。
一人用のシングルウォールのメスナーテントは持っているのだが、小学校1年生と二人で寝るのはちょっと窮屈なので、新たに二人用の同じメスナーテントを購入した。探検
メスナーテントに決めたのは、張り終わるまでの時間と、張りやすさからである。
一人用も二人用もテントとして最も軽るいわけではないが、特に非常時に使わなければならない場合は、張る時間を最優先すべきと考え、ニッピンのメスナーテントに決めた。孫は勿論テントを張るのは初めてであったが、このテントだと手伝ってもらうことも出来た。
孫と山の中でテント生活(オートキャンプ場ではない)をするのは、残りの人生の中での一つの夢であった。その為、テントを買ってまでも実行した。テント
もしかしたら、もうキャンプに行こうとは言わないかも知れないからである。しかし、結果は「またテントの中で寝た~い」だった。大成功であった。
このキャンプ場は車が横付けできる、いわゆるオートキャンプ場ではない。その為、荷物は車から500m位しかないのだが、担いで持って行かねばならない。
久し振りに大きな荷物を担ぐことになった。しかし、このキャンプ場は水道もあり、トイレもあり、本当の山のキャンプとは違う。次は是非本当のキャンプを孫に味合わせてやりたいと思っている。
夕食は久し振りに飯盒でご飯を炊くつもりだったが、テントの移動などで疲れてしまい、こんな事もあろうかと用意していった、出来合いのご飯を湯煎で温めた。洗顔
孫の好物のハヤシライスにしたが、場所が場所なので何とも美味しかった。
孫は誕生日にプレゼントしたスイスアーミーナイフ(十徳ナイフ)を小さなカラビナに付けて、ザックにぶら下げて持ってきたので、キュウリなどを切ってもらった。アーミーナイフを人生の中で初めて使った一瞬であった。
今回で孫は山テンのキャンプとアーミーナイフのデビューをした。
いつまでも自然の中に戻り、自然を大切にし、自然の美しさに喜び、そこでたくましく、優しく生きられる男になることを祈って止まない。

お知らせ
来る8月3日、OZONEにて、セミナーの講師をします。
テーマは「CO2ゼロの住まいを目指して、実験住宅の出来るまで」
~買うエネルギーから自前するエネルギーへ!時代は発想の転換を求めている~
です。詳しくは、こちらをクリック

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。