上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、NHKのクローズアップ現代で異常気象と温暖化について取り上げていた。
この夏の酷暑の原因は海水温度の上昇によるものであり、それは温暖化によるものだと結論付けていた。
暑さの直接的原因は、日本近海の温度上昇と偏西風の蛇行によりもたらされたらしいが、いずれも地球上の平均温度が上昇したことが原因のようだ。
温暖化しつつあることは間違いなさそうだ。彼岸花
この偏西風の蛇行は地球上にいろりろと異変をもたらした。特にロシアには歴史的な酷暑をもたらし、森林火災など大きな被害をもたらした。
この様に温暖化の兆候により、各地の「今までの普通」が破られつつある。
いよいよ変化を肌で感じられる様になってきた兆候なのだろう。
しかし、テレビで報じられる三連休の渋滞は何なんだろうか。
私たちを支えている環境が変化しつつあるのに、いくら趣味とはいえ、懲りもせず家族全員でエンジンを掛けたまま高速道路上に居座ったり、ゆっくり走ることが好きな人達(渋滞することは分かっていながら、あえてそうするのだから好きなんだろうな、としか思えない)は、この環境変化を子供達とどう捉えているんだろうか。
高速料金が1000円だからといって、金のために時代に逆行する行動を取っていて、子供に環境教育をどうやってするんだろうか。
もう、今までの常識を変えなければいけないということぐらい誰でも分かっているはずであろうに、何故変わらないのだろうか。
人類の最大の不思議の一つであろう。にがうり
ベトナムだったと思うが、今度アジア一のノッポビルが出来るそうだ。五百メートル以上あるらしい。
まだ人間はこんなことをしている、と感じるのは私だけなんだろうか。 
建物の外観を見ると相変わらず流行の単なるガラス張りである。
これはCO2の問題がまだ殆ど取り上げられていない時代に作られた形であり、価値観だと思うのだが、いまだに何も代わっていないように見える。
高層ビルの必要性は単なる経済的なものであるに過ぎないが、背の高い物を作ってみたいという単なる個人の興味がそうさせている面もあるのだろう。
何れにしても、エネルギーはいくらでも投入できるという中で、エネルギーのことを考えずに作られた物であり、システムに過ぎない。
大体、経済効率と言うが、今までのようにCO2の排出が配慮されていない中で作られた高層ビルが、今後とも経済的であるとは思えない。
高層であればあるほど人の移動、物の移動、水の移動が重力に逆らって必要である。
エレベーターは絶対条件であるし、水も必ずポンプで何百メートルも上げなければならない。
黙っていても常に大量のエネルギー消費が行われなければ何も全く機能しないことになる。
その上、四面全てがガラスであるため、当然、光も入っても来るが、強烈な太陽熱エネルギーも入って来るし、屋内からの熱が大量に逃げることにもなってしまう。にが葉
また、特に東京に於いては、超高層ビルに当たった風が上昇気流となり、積乱雲の発生を促し局地的な集中豪雨をもたらす原因までも作りだしているらしい。
それに当然高層ビルの後ろ側に日陰を作ることにも成り、均一に到達している太陽エネルギーをわざわざムラにしてしまうことになる。
このことは、太陽エネルギーが当たる高層ビルでは冷房エネルギーを大量に消費し、その後ろで影になっている建物は日陰により太陽エネルギーが得られないため暖房エネルギーを消費することになる。
高層ビルというのは電力会社やガス会社が設計が終わってからの負荷計算に合わせて、いくらでも電気とガスを供給してくれるもの、という前提が有ってこそ成り立っているのである。
何れにしても高層ビルを建てるというのは、エネルギーは湯水の如く使えるのだ、という思想に基づいたものであり、今となっては過去の遺物思想として葬り去らなければならないと思う。
高層ビルはこれからの時代には全くそぐわない代物に成ってしまったのではないだろうか。
つまり時代遅れだということであろう。銀杏
これからの基本はわざわざ上に持ち上げるシステムは意味がないのではないだろうか。
無駄な位置エネルギーを消費してはならないのではないだろうか。
移動は極力水平方向にすべきであろう。
もう、一つ一つのエネルギーがどうのこうのと言うことでなく、世界全体でCO2を排出するエネルギーから、排出しないエネルギーに転換しなければならない。
少なくとも一つのエリア全体、社会全体としてエネルギー使用の効率化を図り、無駄を無くす構成にしなければならないのではないだろうか。
高層ビルによる風の流れをシミュレーションで確認するのではなく、初めから不自然な流れを起こさないためにはどうするか、という計画にすべきだろう。
出来るだけ平面化すればその屋根上は太陽電池を載せて、エネルギー生産面になる。
どうしても高層にしたいのであれば、その上に超大型風力発電機を取り付けるというようなことも考えられる。
つまり、高層ビルという発想ではなく、超大型風力発電機の台座の中を高層ビル化して利用するという発想である。
出来る限り化石エネルギーを枯渇させないために、温暖化を出来るだけ回避するために、出来る人から自分の仕事の中で、その原因を一つづつ消して行かねばならない。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。