上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(株)イゼナの23期もこの十月で終わる。近年では最も売り上げが落ちた。
特別、アクアレイアーの評判が落ちたわけではないので、世の経済状態の影響を受けたのだろう。又、時代が変化しているためだろう。その為、事業形態を変革することを含め、経営状態をどの様に良くするかを考えなければならなくなった。林2
そんな訳でノンビリ遊んでいる訳にも行かないのだが、気分転換をするためにという理由を付けて、実は恒例の夏の北海道へ行った。
じっくりと計画する時間もなかったので、二度お世話になったお気に入りのペンション星ヶ丘を宿とし、美瑛をノンビリ散策することにした。
勿論、トレンクルである。しかし、一応レンタカーも予約しておいた。
残念ながらプリウスは借りられずインサイトになってしまった。道
トレンクルは例の如く宅急便センターに前日到着するように送っておいた。
ペンションの齋藤さんからは、トレンクルを受け取っても良いという了承をいただいていたのだが、ちょうどペンションの休憩時間帯に私たちが到着する事になってしまうので美瑛の宅急便センターにした。
旭川空港でレンタカーを借り、トレンクルを取りに行った。
二年ぶりの美瑛を堪能したのだが、上り坂では随分歩かされることになり、年には勝てない事をつくづく感じさせられた。
12年前にトレンクルを利用し始めた頃は、その軽さだけで変速機が無くてもかなりの坂道を登ることが出来たが、妻ともども体力の衰えはいかんともしがたく、大分疲労感を憶えるようになってきた。
結果、一日の走行距離がだんだん短くなって行くことになった。
それと同時に、起伏の有り様でコースの選択をするようになり、自由に計画が作り難くなって来ていた。
だからといってトレンクルの旅をこれからも続けて行きたいので対策を考えることになった。トウモロコシ
現在、軽いトレンクルも輪行箱に入れて前もって送ってしまう(これも年のせい)ので、それなら多少重くなっても変速機付きの新しい自転車にしてもよいだろうと考えてもみた。
しかし、スペースと管理と年のことを考えると、これ以上自転車を増やすのは納得できず、否定していたトレンクルの多段化を検討することにした。花1
早速トレンクルを多段化した二人の友人に話を聞き、腹は決まった。
今までの主張を年に免じて取り下げることにした。
多段化への改造は本来自分でやるべき事であるのだが、技術や工具以前に時間的、気分的な余裕が無く、今までチューブやタイヤを購入した工房赤松の赤松さんにお願いすることにした。
しかし、予算がいくらでも有る訳ではないし、目的は先ずは、今までより楽に坂道を登れることであり、出来れば緩い下りや追い風の時にもう少しスピードが出せればということであるので、その範囲で検討を始めた。林1
時代が変わってしまい、どんな部品があるのか全く分からない状況の中で全てをお任せしてしまうのは、これもささやかなプライドが許さず、結局、赤松さんに直接お会いして色々勉強させてもらうことにした。
結局以下の仕様にした。ひまわり
1)前輪はそのままで改造無し。
2)ハブのクィック化はいらない(これは今まで十年以上使っていて、2台でパンクは2回だけだったので、わざわざクィックで車輪を外す必要はないため)。
3)リムは現品のまま。
4)その為、リアハブはアカマツオリジナルに交換。
5)フロントギアの大きい方はTAの56枚。
6)フロントギアの小さい方は現状の42枚を使う。
7)ブレーキは前後ともTEKTROに交換。但しブレーキレバーは現状のままで変更無し。
8)リア変速機はアルテグラ10段用。
9)フロント変速機もアルテグラ。
10)ハンドルバーテープは現状の物を使用。
11)後ろの泥よけの取り付けは自分でやる。
などである。花2
シングルギアトレンクルで最後まで通そうと思ったが、それにこだわり旅の快適さが損なわれたり、ましては出来なくなったしまっては何の意味も無くなってしまう。
体力の低下という状況の変化を素直に認めればシングルギアにこだわる必要は無いことを悟った訳である。
まだ出来上がる日程は分からないが、非常に楽しみである。何だか又新しい可能性が得られるような気がするのだ。


プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。