上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プリウスがどうして開発されたのか、という経緯は何も調べたことが無いので知らない。

20070615074439.jpg

しかし、単にガソリンエンジンの燃費向上だけを目指したとは思えない。
勿論、トヨタの技術者が思いつきでやった訳ではないだろう。
プリウスが今の社会に出現した位置づけを推測してみたい。
今後、太陽、水素エネルギー社会になるとすると、つまり二酸化炭素を出さない社会になると、車の動力の方向は3つ考えられる。
一つめ、現在の進化した内燃機関を更に改良して水素エンジンを作る。
(ディゼルエンジンで温暖化に対応しようとしているのはその方向を目指すからなのかな???
内燃機関を水素に代えるだけなら今の生産設備が使えるし・・・)
二つめ、燃料電池を用いた発電式電気自動車を作る。
三つめ、高容量蓄電池を開発して充電式電気自動車を作る。
が考えられる。
他にもあるのかもしれないが、太陽、水素エネルギー社会になるのだろうからこれだけのような気もする。
高性能ディゼルエンジンはハイブリッド化すれば更に性能が上がることになるし・・・・
当然、プリウスの技術が生かされることになる。
いずれにしても、ディゼルエンジンの高性能化は過渡的な技術ではないだろうか。
燃料電池にしろ、蓄電池にしろ電気自動車だから、ちょっと飛躍しすぎるが、ハイブリッドからエンジンが取れたシステムである。
これに移行するためにもハイブリッドの技術は当然生かされるだろう。
それでは、今考えられる新しい時代に存在できる車は何かというと、そのシステムのシンプルさからいって、充電式電気自動車であるような気がする。
自宅の太陽電池で充電して満タンになったらドライブに行くなんて時代が来るんじゃないだろうか??? 途中では急速充電スタンドか、電池交換スタンドか???
いずれにしても、ハイブリッド技術が原点にあり、プリウスはまさにキーマン的存在ではないだろうか・・・・
そんな目線で今後の車の進化を見るのも楽しいのではないだろうか。
一度是非プリウスの開発に至った経緯を直接聞いてみたい。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。