上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回のブログでアクアレイヤーの売り上げが伸びないことを書いたが、イゼナの大黒柱であるアクアレイヤーについて改めて書いてみたい。橋
現在、アクアレイヤーが使われる場合は、殆どがオール電化住宅である。
当然だが、オール電化住宅で蓄熱式のアクアレイヤー床暖房(ヒートポンプ熱源の場合)を使うとランニングコストはダントツに安いし、CO2の排出量もこれもダントツに少なくなる。
アクアレイヤーには、オール電化に使える電気式床暖房は現在二種類ある。
一つは発熱ヒーターを用いる物、もう一つは電気ヒートポンプを熱源にする物である。
アクアレイヤーはその特性上、どちらの熱源も用いることが出来る。しかし、同じ熱量を出すのにはヒートポンプの方が3倍ぐらい効率が良い(これからの時代は熱源としてヒートポンプが主流に成るだろう)。ビニール
アクアレイヤーというのは水の大きな蓄熱性能を利用している床暖房である。水は自然界で最も蓄熱性のが大きい物質である。
その為、夜の11時から朝の7時までの最も電気料金が安い時間帯の電気を使って蓄熱することが出来る。
電気代が安いオール電化にして、さらに得する床暖房は、このように大きな蓄熱量を持っていなければ成らない。
言い換えると、一番安い時間帯で通電し、蓄熱した熱で残りの16時間の暖房もまかなうことができなければオール電化用床暖房とは言えない。
アクアレイヤー床暖房はオール電化住宅の月々の電気代を更に安くすることが出来る蓄熱式床暖である。
と同時に、世界で唯一のお尻の下だけが熱くなるこもり熱の排除機能を持っている床暖房でもある。また床衝撃音を減衰し、静かな床にする特性、非常時の備蓄水としての機能、長さを自由に決めることが出来るフレキシブル性、昼間の太陽熱も取り込む設計が出来るなど数々の優れた特徴を持っている床暖房である。
一般の単なるシートヒーター式床暖房やパネルタイプの床暖房は蓄熱性が殆ど無いため、安い深夜時間帯で熱をため込むという最も重要な性能を持っていない。
オール電化だからと言って深夜時間帯に熱をため込むことが出来ない電気式床暖房を選択することは全く不親切なことであると同時に、環境への配慮を全く欠いた選択と言うことになる。
オール電化住宅で選ぶ床暖房の種類をまとめてみると以下のようになる。
・オール電化住宅最適床暖房ーーーーーーー水蓄熱式イゼナアクアレイヤー床暖房
・その他の蓄熱式床暖房ーーーーーーーーーコンクリート蓄熱式床暖房
                   潜熱蓄熱式床暖房
・オール電化住宅に不適切な床暖房ーーーーシートヒーター式電気床暖房
                   パネル式電気床暖房
                   パネル式温水ヒートポンプ床暖房
                                など枕木葉

アクアレイヤーの最大の特徴は前記したように、水の大きな熱容量を利用しているところである。
床暖房であるからそれらは当然床構造内に納めてある。
つまり、床材の下は大きな蓄熱庫ということになり、何ら余分なスペースを取らないばかりか、その溜め込んだ熱を直接取り出し床暖房として利用することが出来る。
そのような優れた性能があるため、ソーラーハウスには絶対欠かせない太陽熱を溜め込む蓄熱庫として利用することも出来る。
これからの時代はオール電化と太陽熱の組み合わせが主流になるだろう(何故オール電化かというと、太陽光から電気を作り出す太陽電池が住宅の屋根に取り付けることは常識になるからである)。
今までは、太陽熱の蓄熱庫は外置きのタンクか、床のコンクリートに直接日射を当ててるしかしか無かった。
アクアレイヤーはそれらと違う第三の方法の提案である。田んぼ
そういう使い方が出来るアクアレイヤーは、既存の住宅をソーラーハウス化リフォームをすることを可能にした。
現在、新築においては以前に比べればかなりの省エネ化が図られている。
その代表的な物は断熱化である。壁、床、屋根への断熱材の施工とペガラスの標準化であり、気密化である。
これらによりエネルギーの消費量、つまりCO2の削減する新しい住宅ができ始めている。
このように新築は性能がアップしつつあるのだが、既に建っている大部分の家は今まで通りの性能に据え置かれたままである。
温熱環境の快適さの向上と消費エネルギーの削減、つまりCO2の削減はこれからの社会の緊急事項である。
既築住宅のソーラーハウス化リフォームは急務である。
ソーラーハウスの条件は、集熱と蓄熱である。勿論、それらの機能を付加する前に断熱化をせねばならない。
断熱化無くしてはソーラーハウス化どころか、それ以前の省エネ対策すらも出来ないことになる。
つまり、ソーラーハウスの条件は、1)気密化を含んだ高断熱、2)太陽熱集熱システムの設置、3)太陽熱蓄熱槽の設置、ということに成る。
勿論、ソーラーハウス化にどの条件も欠かせないが、リフォームにおいて、どんな蓄熱庫を、何処にどう設置するかは大きな問題である。
それらの問題をクリアー出来る蓄熱システムはアクアレイヤーが最も適切であると考えている。
このようにアクアレイヤー蓄熱式床暖房が最も真価を発揮するのは、これから始まるソーラーハウス用蓄熱庫としてである。鵜
ソーラーハウス化とは太陽熱を用いて暖房、給湯、調理ができる住まいにすることであり、太陽電池で発電した電気を社会と自宅に供給する住まいのことである。
勿論、自然エネルギーである風や水力で発電することも含まれる。つまり今までのようなお金で買うエネルギーから自前するエネルギーへの転換することである。
化石エネルギーに依存しない社会に作り直すことである。
ソーラーハウス化の中でアクアレイヤーが担当するのは、室内の温熱環境に関わる部分だけである。
ソーラー給湯とソーラー調理にはアクアレイヤーの出番はないが、ソーラーハウス化にとって、その重要度が増すことはあっても減ることはないであろう。


プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。