上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


良い乗車姿勢の工夫が旅をいっそう楽しいものにしてくれる。
20070618175752.jpg
上の乗車写真はもう少しサドルが高くても良いかもしれないし、バーエンドの前の方を持てばもっと良くなるだろう。
まあ、いずれにしてもあまり細かいことを言う必要はないが、要は自分が楽しく乗れればそれで良いのだ。
20070618175348.jpgハンドルバーを両端2cmづつ切って、肩幅に合わせた上、バーエンドを取り付けてある。
バーエンドは短めより多少長めが良いと思う。その分だけ乗車姿勢を変えることができるからだ。勿論初めについていた握り部分は切り取ってしまい、間にスポンジなどを入れて自分が最も握りやすいようにして綿のバーテープを巻いてある。バーエンドも同様である。バーエンドは勿論ハンドルバーに対して角度を調整できるが、同時にバーエンド方向に回転できる物の方が良い。兎も角、できるだけ自分にあった乗車姿勢が取れるような部品にしておくべきである。
ついでに、ハンドルバーにつけてあるのは右側がGPSで左側は発光ダイオード光源のランプである。GPSは自分の位置が分かるので便利この上ないが、走った平均速度や距離、休んだ時間などまで出るので本当に便利だ。数値と自分の体調を比べながらどこまで走るかなどを決めることができる。文明の利器である人工衛星から直接恩恵を受けてることが実感できる道具の一つである。
ランプはできるだけ対向車から確認しやすいように点滅できる物がよい。殆どのトンネルは自転車が通行することを考えて作られていないので、非常に気を付けなければならない。
20070618175402.jpgバーエンドの角度はその時の体調や気分で変えると、乗りやすくなる。
自転車はシンプルだからこそ自転車だと思っている。できるだけ不快な思いをしないで楽しく自分らしい旅ができればそれでよいと思っている。レースではないのでどんな状況でも強引に乗ってしまったり、特にスピードを上げたりすることは、気ままな旅とは縁がないので、そういう改造はお勧めしない。坂がきつければおりて押せばいいし、予定したところに行けなければそこでやめればいいし、自由気ままに、その時の気分で折りたたんで運べばいいと思う。
トレンクルの良いところは、軽くて、誰でもが気軽に旅に持って行けるところであるのだから・・・
今まで旅先でトレンクル夫妻に会ったことがない。もっともっと旅先で巡り会えたらどんなに楽しいことだろう。


プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。