上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プリウスシステムが最も優しいのは何と言ってもエンジンに対してだろう。
20070618160603.jpg

電気モータと力の配分を分担しているから当然なのだが、マニアル車だったらシフトダウンして回転数を上げて加速する分をモーターがやってくれるのでエンジンの立ち上がり音が少無く、同時に負担が少ない。
エンジン音と相まって醸し出した加速感のイメージが全然違い、新しい価値観を生み出している。
アイドリングが必要とプログラムが判断した時だけエンジンが回ることがあるが、それ以外は全くエンジンを動かさないのもエンジンには優しいだろう。
特に渋滞時の、あののろのろ動きの時にエンジンが掛からず少しづつモーターで動くのは、その度にアクセルを少し踏んで回転数を少し上げて排気ガスを沢山出すのに比べるといたって気分が楽だし、エンジンに対する負担も少ないだろう。
20070618160545.jpg

いずれにしても、車というのは動き出したらエンジンも動きっぱなしが当たり前であるが、同じ距離を走ってもエンジンの使用時間とエンジンに対する負担は随分違うのだろう。
プリウスはエンジンをとても大切に使っている車とも言えるだろう。





プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。