上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011/07/12
原発は相変わらず先が見えない。
これを廃炉にするのに数十年かかる見通しが発表された。
何で、たかがでかい湯沸かし器を処分するのにこんなに時間を使わなければならないのか、そのあいだ中、何らかの危険に曝され、莫大な金が使われる訳であるから何とも馬鹿げた話しだ。田んぼ道
技術というのは人の為にある訳だから、こんな事に成ってしまう技術は、技術とは言えないだろう。
今回の事故は良い勉強になったなどと悠長な事は言っていられないが、起こってしまったからには、そのことを大いに勉強にしなければならない。
この様な勉強をさせられた事は、人間の驕りにより成した技である事を、後世への教訓として正確にきちんと記録されなければならない。
今回の事故による教訓は、どんな高い技術であろうと、それが起こすであろう全てを、私達は予測することは出来ないことを改めて思い知らされた事と、もう一つは、技術には人間がコントロール出来る技術と、コントロールできない技術が存在する事を白日の下にさらけ出され、再認識させられた事である。
にもかかわらず、未だに原発は必要だと言っている人達が居る。
福島第一原発を廃棄処分するにも、もう既に子供の世代と孫の世代にお願いしなければならない状況である事が解っている。
それなのにまだ続けようというのは、何とも身勝手な感じがする。ハス
原発推進派の理由は、先ずは自分の現状が壊される事への恐怖心が基本にあるのだろう。
特に経済界の多くは原発をなくすと電気代が上がる事を特に危惧している。
それにより 企業が海外に出て行ってしまい、失業者が多くなり、日本の経済的競争力に打撃を受けると言う論法である。勿論、原子炉産業は大打撃に成る。
しかし、もう既に原発による電気代は今までとは違うのであり、何が起こるか解らなくて計算する原発による電気は、値段の出しようがないということが解ったのではないのだろうか。
それでも原発が最も安いなどと言っていられるのだろうか。
それともこんな事に成っても、まだ原発の電気代が今までのように安く見せかけられると思っているんだろうか。
原発の安く見せかけた電気代でしか成り立たない企業は、所詮税金の援助無くしては世界と伍して行けないという事ではないのか。
だとしたら、初めから実力としての競争力など無かった事に成ってしまう。

また、原発推進の理由として、太陽エネルギーなど自然エネルギーでは足らない、という論法がある。
しかし、化石燃料と核燃料は、足らないどころか、早晩、無くなってしまうのだ。
人類を百年で終わらせようと言うのなら足りるかも知れないが、そんな事はあり得ないので、近々、化石と核燃料以外のエネルギー源を探さなくてはならない。
何れにしても、世界の人口急増がエネルギー消費を増大させ、考えているよりも早く化石も核も食いつぶすだろう(その前に地球環境がパンクするだろうが)。昼の庭

そこに行き着くまでにエネルギーの争奪戦が始まるのだろう。勿論戦争ということに成る。
この狭い地球の中で有限のパイを取り合っている以上、力ずくで確保するしかない。
いずれにしても、たかが熱エネルギーを取り出すだけなのに、これからも化石燃料を燃やし続けて良い訳はない。
ましてや改めて確認させられた手の付けようのない核廃棄物を出し続けて良い訳はない。
今の自分達さえ良ければ後の時代の事はどうでも良い訳ではない。
人生の「旅の恥は掻き捨て」で良い訳はない。
「飛ぶ鳥跡を濁さず」を実行すべきである。

しかし、未だに太陽エネルギーや自然エネルギーでは不安定で「今のような経済活動が出来ない」などと言っている。
やってもいない事をどうして予測できるのか?今、現に動いている物である原発でさえ、その未来を予測することなどできなかったではないのか?
予測できなかったから事故が起こった。当然どう終息させたら良いのかの予測も立たない。
どうせ大した予測も出来ないのだから、これから太陽エネルギーが利用出来るか出来ない等と言っているのもおかしい。
今、駄目だダメだと言っているのは現在の状況のみを見て言っているに過ぎない。
大体、太陽エネルギーと自然エネルギーの社会を作るということは、それらのエネルギーを使って電気も安定的に供給する技術とシステムを作り上げるということである。不安定に成らないようにするには、どうするかということであり、新しい技術を改めて開発する事を意味している。
高速増殖炉を開発する金を使って開発すれば良いことである。
ついでに、自然エネルギー技術で世界のリーダーシップを取れるようにするべきである。
やりもしない内に、技術の本質という事を考えもせず、マスコミから流れてきた程度の情報をオーム返しに言っているのは何とも頂けない。駅前の花

薪しか使っていない時代に、石炭エネルギーによる社会を考え、移行したのではない。
石炭エネルギーの時代に、石油エネルギー社会を考えて移行した訳ではない。
石炭が存在する事がわかり、それを上手く使うと儲かるから移行していったんだろう。
石油も同じである。儲かるから石油を採掘する権利を得て、石油社会が作られていったんだろう。
原発も同じである。誰かが儲からねば誰も原発などやらないだろう。
石炭は、そこから出る二酸化炭素や有害廃棄物のことは儲けの中に計算されていなかった。想像力のレベルがそこまで行ってなく気が付かなかったのだろう。
原発は危険な廃棄物が出る事は解っていたが、どうしたら良いのか解らないままで、儲けのチャンスを逃さない内に、とうことでスタートしてしまったのだろう。

人類の歴史は、未来を予測せず目先の利益だけを追求して来た為に壮大な失敗の連続である。
植物や動物を食い尽くしたり、生存圏を奪ったりして絶滅させる事は今でも続いている。
ヨーロッパや中東では薪燃料を使い尽くしたし、石炭や石油を燃やした後に環境や、人間や、その他の生き物たちにどんな影響が出るかなど考えずに多くの自然を失ってきた。
にもかかわらず、反省することなく、また未来について何も考えずに核技術に手を出し、この始末に陥っている。
未来の結果を予測をせずにエネルギーを使って来たのは、人類始まって以来の特性と言えばそうだが、もうそろそろ己を知って悟っても良いのではないだろうか。

私達は鎌倉時代でも、戦国時代でも、江戸時代でもないその時から変化した価値観の中で暮らしている。
今も時代は刻一刻と変化している。
私達が今のこの時代を止め置く「権利」はない。ましてや、原発に依存する社会と経済を長く続かせようなどという「権利」もない。
有るのは、より良き社会を作り、受け渡す「責務」だけである。トンボ
今、私達は太陽のエネルギーに頼る社会の扉を開けようとしている。
人類始まって以来の特別に誰かが儲かる訳ではないエネルギーへの扉である。
これは画期的な事だと思う。
1960年、ケネディー大統領は、10年以内に月に行くアポロ計画をぶち上げた。当時のアメリカはマーキュリー計画のレベルであった。これはドイツのV2号を改良したレッドストーンロケットを使って、一人乗りの宇宙船を弾道飛行させるしかできない物である。当時の大部分の人は月到達など不可能だと思ったに違いないし、反対論も随分出ただろう。しかし、ご存じのように予定通り成功させてしまった。
新しい事をやる時、必要なのはその時の技術レベルで判断する事ではない。もし、そんなことをしていたら新しいステージには決して進めない。
今こそ政治的に決断し、実行する事が最も必要なことである。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。