上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現在、原発賛成・反対、温暖化が起こる・起こらない、など環境に関する事が社会のテーマに成っている。
日の出
勿論、貧困問題、人口問題、食糧問題、民族問題、国境問題、宗教問題・・・様々な問題が人類の中には数えられないほど多く存在している。
原発(核分裂熱発電)問題と温暖化問題(これが人類が二酸化炭素出していることにより起こっているのだとしたら)が起こっている原因を考えてみる。
簡単に言うと両方とも熱を取り出したいが為に起こった問題である。
人類が人類に進化した、進化できた大きな要因の一つに火を使うことが出来る様になったからだと言われている。
人類は木を燃やして火を手に入れたことで、熱を利用することを覚えた。
木を燃やして火を使うことにより煮炊きをしたり、土器等を作るなど技術を身に付け、他の全ての動物たちと違う生活の仕方が出来る様になった。
更に、石炭を使い、石油を使うことによりその技術を進化させ、効率化させ、生活を便利で楽な方向に変化させた。
そして更に、便利で楽な生活をしたいという理由を付けて核分裂熱発電まで手を出した。
(横道にそれるが、核分裂熱発電は決して温暖化を防ぐという目的から始められたのではなく、後から屁理屈として付けられた物である。核分裂熱発電がこの国に持ち込まれた経緯を見れば良く解る。欺されないように・・・
現在の価値基準に基づく生活パターンを変えたくない為に、核分裂熱発電までして便利な生活を維持しようという安易な発想をしているのだと思う。そこを変えなければ何をしようとも地球環境や社会情勢が更に悪くなることはあっても、良くなることはないだろうし、エネルギー問題と環境問題を解決することは出来ないと思う。)
ここまで来ると、今までの価値観を変えず、社会形態を引き伸ばして、今までの技術を延長するだけで解決を求めるなど安易過ぎると思うのだが・・・・・

木を燃やすことも、石炭や石油を燃やす事も、核分裂をさせることも、みな熱を取り出したいからである。
熱エネルギーを利用したいからである。
しかし、同じ熱エネルギーを取り出すのも、木と石炭・石油とでは結果が違ってくる。
ましてや、核分裂で熱を取り出すのはご存じの様に全く違う(これは二酸化炭素どころか、その廃棄物の捨て場も定かでなく、それが未来に何を産むかの想像も出来ないのである)。
鳥
木を燃やして二酸化炭素をだし、熱を利用して来た時代は、二酸化炭素が環境の中を循環していた。
植物は太陽光エネルギーと水と空気中の二酸化炭素から有機物を合成し、酸素を空気中に放出している。光合成である。
この様にして出来た木材燃料を燃やしても、環境の中の自然によるバランス力で、燃やす事によって発生した二酸化炭素の顕著な増加が起こる事はなかった。
燃やす事により同じように二酸化炭素を出す石炭と石油はそこが違っている。
元を正せば、石炭も石油も太陽エネルギーによって長い時間を掛けて作られた生き物群である。
それが膨大な時間を掛けて石炭化し、石油化した。
それを至って短時間で燃焼させてしまう為、自然界では普通あり得ない量の二酸化炭素を発生することになり、自然のシステムでは処理できなくなってしまった。
その為、間違いなく空気中の二酸化炭素は増加してきている。
温暖化ガスである二酸化炭素が増えることにより、地球からの遠赤外線の宇宙への放射が減少するということは間違いないことである。しかし、何回か訪れた氷河期のような自然変動と、温めようという効果が大きくなった現在が重なった場合、どういう結果になるか良く研究する必要が有ると思う。
現在社会に於いて、二酸化炭素が自然のバランス以上に増加している事は間違いない。
化石燃料の燃焼は、当然、二酸化炭素だけでなく、それに伴いイオウや窒素やその他諸々の物質も空気中に放出されることになる。
温暖化は兎も角としても、石炭や石油などの資源を、熱を取り出したいという理由だけで空気中で燃焼させれば自然のバランスに於いても、人間に取っての快適空気環境に、少なくともプラスには働かない。
それに、有限の資源である。
いくら熱エネルギーを取り出し、利用するとは言え、それを二度と回収できない燃焼に使ってしまう事は、未来を考えた時、許されるものではないはずだ。
熱は化石燃料の燃焼や、ましてや核分裂でなければ利用できない訳ではない。
この地球に生命が発生した時から、これから50億年もの間、それこそ莫大なエネルギーを「輻射」によりコンスタントに届けてくれる当たり前の「太陽」がある。
太陽輻射熱源は細かな変動は起こすだろうが、少なくとも故障することはないし、勿論メンテナンスもいらない。
今、求められているのは、燃焼と核分裂の熱の利用から、輻射熱の利用への移行である。
燃焼ボイラーと核分裂ボイラー技術から、太陽輻射熱ボイラー技術への転換である。
現在、温暖化の有無の研究をしている暇があったら、一刻も早く太陽輻射熱ボイラーや、その他、太陽エネルギーを隈無く使えるような技術開発に金と時間を投入すべきである。
以前は二酸化炭素による温暖化防止を重視してきたが、より安全でなければならないという視点に立ち直し、温暖化している、していないに関わらず、貴重資源として化石燃料の全てを保存し、太陽エネルギー化を進めるべき、という考えに至った。核分裂エネルギーなど論外である。

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。