上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝日新聞2月16日
脱原発、冷める民主・自民 エネルギー政策はや「停滞」
という記事の中に、民主党エネルギープロジェクトチームの会合で、経団連など経済3団体の幹部は「電力が足りなくなる」「安全を前提に原発を速やかに再稼働すべきだ」と訴えた、と書かれている。
また、記者会見で谷垣総裁が「安全性を考えた上で再稼働は必要」と述べたとある。
何れも「安全」という全く抽象的で耳障りの良い言葉を使っている。
利権と金だけしか考えていない、これらの御仁が原発の安全性とは何かなどと言う事を本当に考えたことがあるんだろうか。
大体、原発は動かさなければ損をする以外に、原発とは何かと言う事を考えたことがあるんだろうか?
人間が行う技術と安全などという至って奥の深い究極のテーマに対して政治家ごときが突き詰めて考えた事なんかあるんだろうか?
大体、政治家などに軽々しく「安全」と発言などさせておいて良いのだろうか・・・
安全などと言う言葉を使う前に「原発の安全とは何か」と言うことに対して、どう考えているのか、先ずは具体的にきちんと明確にすべきだ。
勿論、保安院が安全という結論を出したなどというのは何の答えにも成らない。
(今回の原発人災事故の担い手でもある保安院が恥ずかしくなくいまだにしゃしゃり出てくるのはどういう事なんだろう・・・恥を知れ!)
また、人をバカにしたような、防潮堤を15mにしますなど、高さのことはどうでも良いので(どうせまた想定外だったと言うのが関の山である)、安全の原点その物をどう考えているのかハッキリさせるべきである。
特に、「人間は不完全である」、と言うことと「原発の安全」との関係を明確にすべきである。
それとも政治家や保安院や電力会社は不完全な人間などいないのかな・・・・
また、どんな大きな地震が起き、どんな大きな津波が起こるか誰も分からない訳であるが、その予測不可能な自然災害に対して、原発が安全であると言う論理的証拠を明確にすべきである。
先日、何処の自治体だか記憶しなかったが、津波対策に対して、いくら防潮堤を高くしてもそれで完全だとは言えないから、詰まり安全性は確保できないので、避難というソフト面を充実する必要が有ると言っていた。
至って真っ当な考え方である。
予測できないことが起こるのが自然災害であると理解している為の発言である。
それに対して浜岡原発は防潮堤で安全が確保できると原子力安全・保安院などが言っているのは、
自然災害の全ては読めるつもりなのだろうか・・・
避難というソフト面で対応できるとでも言うのだろうか・・・

原子力安全委員会や原子力安全・保安院などが、名前だけで安全など考えた事も無い連中がたむろしていた為に今回の事故は起こったのである。
何故、今でも相変わらず、これらの連中が安全などと言う事を口に出来るのだろうか。
また、市場調査によると原発反対意見が多いように言われているが、それらの有権者が選んだ政治家ごときが、何で原発維持の方向へ舵を切る権利があるのか。
自分の置かれている目先の利権以外は何も考えていないのだろうが、未来を考えることは経済だけを考える事ではないのだ。
本気で孫や曾孫の代が原発があることに感謝するとでも思っているのだとしたら、先ずは自分達の家族、特に孫達を率先して自然豊かな原発のある自治体に住ませるべきである。
原発の金で大いに潤っている地元は下手な都会へ行くより素晴らしい施設が整っている。
それをせずして、安全等という言葉を軽々しく使うべきでない。
靍がロードレーサーに乗ったくらいで、エコポーズぶって安全などと言う言葉を言ってもらっては困る。



プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。