上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年8月5日
朝日新聞8月5日「「原発0%」7割支持 政府の意見聴取会終了」
68%の人が30年に原発ゼロ、15%と20〜25%の支持は合計で27%(経済の事を考えて15%と20〜25%の差など厳密に分けて考える事は出来ないので、15%も20〜25%も要は原発を動かしたい人達)と出た。
当然と言えば当然だが、動かしたい人の意見の全ては相変わらず「経済活動に支障が出る」だけである。
原発を含めた今まで通りの不活発な経済を維持する方がよっぽど経済活動に支障が出ると思うが・・・終戦直後のように一度リセットした方がよっぽど経済の活性化が出来ると思うが・・・・終戦直後に比べれば、もしリセットすると言ってもよっぽど恵まれた環境にあり、楽な話しである。
原発を動かしたい今の経済人が言っている事が果たして正しいのだろうか。
その割には原発が動いていたにも関わらず空洞化をさせたり、正規雇用を激減させたり、今の経済界が経済を動かしていると所詮その程度なのではないのだろうか。
テレビを含め家電業界の斜陽は経済界の人達が原発の元で経営してきた結果なのではないだろうか。
原発が自由に動いてた状況にも関わらずこの結果はどういう事なのだ。どう説明するのか是非聞きたいものである。どの面下げて「原発を動かさないと日本の経済がだめになる」などと言えるんだろうか。
単にマンネリ発想以外の何物でもないのではなかろうか。
賛成する人のほぼ全てが「経済」の維持を言うのは、単に原発以外の基本的な知識不足と想像力不足に過ぎないように思う。
それを隠す為、「経済」という分かったような事を持ち出すのだと思う。
それも経済について特別優れた知識を持っている訳ではなく、ましてや原発の発電量と経済の関係など考えても見ない人が大部分だと思う。
前にも書いたが、子供電話相談室リアルに於いて、推進派の53歳の大人の専門家の意見と15歳の反対派の少女の話を聞き、きちんと知識を身に付けた後の四人の中学生は全員原発反対になった。
話しを聞く前は原発の事など殆ど考えた事もないし、知識を持っていなかった為、何となく「原発は必要なんじゃないか」という発言しかしようがなかった。
この15%と20~25%の稼働賛成派も同じであろう。
きちんとした知識を持てば、この人達も、もしかしたら経済界の人達も「このシステムは地震国日本には明らかに馴染まない、核廃棄物の処理方法が解決出来ないシステムなど我々が扱うシステムには馴染まない」と思うのではないだろうか。
そんなリスクを国民に負担させてまで大量の金を注ぎ込むのなら、世界の先頭を切って、思い切って太陽エネルギー社会に投資した方が、よっぽど得だと思うんではないだろうか。
それが経済界で考える事ではないだろうか。
人類の歴史を考えると化石燃料に頼っている時代はほんの一瞬にしか過ぎないだろう。
まして原発の時代など更に一瞬である。
どこから見てもこんな理不尽なシステムが闊歩できるはずもない。
理論上成り立つはずがない。
たまたま作り上げた為、今はその慣性力が働いているに過ぎないだろう。
慣性力も大きな摩擦があれば急速に減衰するのは自然の原理である。
人間はそれほどバカではないのではないだろうか。
経済とは国民あってのものである。国民あっての経済にしか過ぎない。
呉々もそのことを忘れませんように・・・・
しかし、30年にゼロとは言っても原発再稼働は行われる訳で、よりリスクを少なくする為と新しいエネルギー社会を世界に先駆けて作り出す為にも、基本は30年ゼロではなく、今エネルギーリセットでは無かろうか。
呉々も勘違いされませんように・・・・

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。