上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


尖閣に対してあるテレビ局で「断固とした態度で臨むべきである・・・・」と言っていた。
それを聞いた多くの人が、多分「そうだそうだ!」と憤ったことだろう。
しかし、断固は良いがその先にどんな結果を描いての発言なんだろうか。
今となっては、日本が「あれは日本の領土だ」と言って歴史的な記述を見せた所で、中国も同じ事を言うだろう。
力関係から見てもそうなるのだろう。
話し合いで決着が付けられるのならそれに越したことはないが、今の日本人と中国人はそれが出来るほど進化していないだろうから、結局は力ずくで決着を付けるしかないという事に成るかもしれない。
その結果は多くの人命が奪われる訳だが、日本が勝つ、中国が勝つ、誰かが停戦に入って引き分ける、のどれかになるだろう。
しかし、完全にどちらかが占領するということには成らず、結局は問題を棚上げして今まで通り無人地帯にするか、共同管理にして両者で何か事業をすることに成るだろう。
だったら少なからぬ人命を掛けて争奪戦をするなど愚の骨頂ではないか。
ましてや、日本が負けて主権が中国に移ってしまうようなことが有れば、それこそ元も子もない。
日本人の命が失われて、オマケに島も失うことになる。正にバカバカしいことである。
まさかもう一度ガダルカナルをやる訳には行くまい。
マスコミは少なくとも今回の件に関しては、愛国心を鼓舞するような報道を極力してはならない。
この問題は冷静に政治的に決着を付けるべきことであるから、売り上げ部数を上げる為に、視聴率を上げる為に、大衆を感情的に鼓舞するような報道はしてはならない。
大人と大人(大人が居ないと困るが・・・)の交渉にまかせるべきである。
マスコミがアジり、大衆が興奮し、更にマスコミがアジり、更に大衆が興奮するスパイラルは冷静な判断を抹殺し、悪循環へ突き進むしかない。
命を掛けて戦う立場にない、勿論その気もない人間が何の心配もない所にいて騒ぐべきでない。
その暇があったら、一人の犠牲も出さないで解決する手段を一生懸命考えるべきである。
現地で戦う人間には、必ず家族が、妻が、子供が、恋人が居る生身の人間である。

311から始まった内戦である原発放射能戦争は、終息するどころか、ますますエスカレートして行っている。
その中で、尖閣へも戦線を拡大すべきでない。
この国が先ずやることは、一にも二にも、先ずは原発放射能戦争にけりを付けるべきである。
とても二方面作戦などこなせる国ではないし、やっている場合ではないのだから・・・・


プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。