上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/9/27朝日新聞/社会面
「安部さん再登板に一言」で新右翼団体「一水会」顧問鈴木邦男氏が発言している。
「中国や韓国に厳しいメッセージを発するよう期待する一部の国民に、軽々しく乗せられてはならない。常に国益を意識して発言し、行動すべきだ」
 安倍氏が目指す「闘う政治家」を体現しようとする際にのぞく、強硬な一面に対して、
 「たとえ国民の一時的な熱狂を敵に回しても、『まずはアジアの平和を実現するんだ』との姿勢を貫くくらいであってほしい」と述べている。
勇ましいだけの発言に同調するのではなく、こういう冷静な日本人であって欲しいと思う。
一部の勇ましくがなりたてている発言など無視すべきである。

もう一つ
「〈高橋源一郎〉変化を求めて■「暴論」じゃない、まともだ」に孫崎氏の「領土」に対するドイツの対応の仕方(孫崎享著 「戦後史の正体」より)が書かれたいた。この国の発想が戦前と変わらないのに対して、ドイツはどんどん先に行ってしまう感じである。原発対策もしかりである。ヨーロッパは国境を接しているため、原発事故は隣国に対しての問題でもあるが、島国の日本国民に国境の意識などなく、まして隣国への配慮などは育ちようもない、という違いが有るのかも知れない。

論壇時評「暴論」じゃない、まともだ」の一部抜粋
今月はなんといっても「尖閣」「竹島」を中心にした領土問題が論壇誌だけではなく、メディアの報道の中心となった。そして、その多くは「我が国の領土」を守るために、どのように中国や韓国に対するか、というものだった。中には、「日中もし戦わば」といさましいものまである。その中で、異彩を放っているのが、元外務省国際情報局長・孫崎享(うける)の発言だ。孫崎さんは、いざとなってもアメリカは尖閣を守ってくれない、という〈2〉。あるいは、豊富な資料をもとに「尖閣諸島は日本古来の領土である」という前提には根拠がない、ともいう〈3〉。まことにもって、ギョッとするような「暴論」ではありませんか。しかし、孫崎さんは、「領土」問題に関しては専門家中の専門家なのである。
 たとえば、同じ敗戦国のドイツは、「領土」に対してどんな態度をとることにしたか。敗戦後、ドイツは、膨大な国土を失った。人の住まぬ岩礁ではない。ドイツ語を話す人々の住む土地を、である。だが「ドイツは歴史の中で新しい生き方を見いだした」、「失ったもの(領土)は求めない、その代わり欧州の一員となりその指導的立場を勝ち取る」ことにした、と孫崎さんは指摘する。そのドイツの戦後の「国家目標」が、ぼくたちの国では「暴論」に聞こえてしまうのが、なんだか哀(かな)しい。

片山さんは、いちど「内閣などをぜんぶ、女性に変えてしまう」ことを提唱していて、それは、「子供を産むとか、育てるということを本気で考えていない男の社会」がかくも悲惨な結果を招いたからだというのだが、これも、ぼくには「暴論」ではなく、ものすごくまともな意見に聞こえるんですけれどね。
 最後に、教育のことを。内藤朝雄は「いじめの蔓延(まんえん)」を食い止めるために、「法の介入」と「学級制度の廃止」を提案し、同時にその実現は困難をきわめるだろうと書いている〈7〉。これを読んで、「学級制度の廃止」だけではなく、さらに進んで、学年も、試験も、宿題も、通知簿も廃止して、その結果、いじめを実質的に根絶している、「きのくに子どもの村学園」の学園長、堀真一郎さんと話した時のことをぼくは思い出した。そのあまりにラディカルな(つまり「暴論」といっていい)教育理念を、文部科学省は支持してくれて驚いた、と堀さんは言った。「抵抗があるのは、実は、現場の自治体や教師や親の方なのです」。ぼくたち自身の中に、「変化」を拒むなにかが存在しているのだ、と。

片山さんの「内閣などをぜんぶ、女性に変えてしまう」・・・大賛成である。第一面白い。
人間は受胎して細胞分裂を起こし、先ずは女性になり、それを経てそこから男になる者は男に変化して行くというのを読んだことがある。
これは関係ないだろうが、今までの男が牛耳る社会は常に最後は殺し合いである。
今回の島の問題もその方向を向いて相も変わらず威嚇し合っている。
威嚇は猿でも犬でも鳥たちでもしている。
威嚇するなどということで解決を図ろうというのはそのレベルと変わらない。
もう少し進化したらと言いたい。
民主だ自民だなどと代わり映えのしない選択をしている暇があったら、本当は「女性内閣」の試みをしてみた方がよっぽど楽しい気がするが・・・・

プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。