上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20130909
今朝のニュースに仰天した。
「(汚染水問題は)結論から言って全く問題ない。事実を見てほしい。
汚染水による影響は福島第1原発の港湾内の0・3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている。
近海でモニタリングしているが、数値は最大でも世界保健機関の飲料水の水質ガイドラインの500分の1だ。
日本の食品や水の安全基準は世界で最も厳しい。
健康問題については、今までも現在も将来も問題ないと約束する。
さらに完全なものにするため抜本解決に向けたプログラムを決定し、着手している。
日本の首相として(子どもたちの)安全と未来に責任を持っている。
日本に来るアスリートにも責任を持っている。
その責任を完全に果たす。」と言った。
大本営発表の嘘と何処が違うのか。これが同じ日本人なのかと思うと何ともいたたまれない。
陸上でタンク一つの汚染水ブロックも出来もしないくせに、港湾内の海の中で水中カーテンぐらいで海水の行き来を完全に止められるなんて出来っこないことは小学生でも解る事であるし、あの信用できない東電だって海水が行き来をしていることは認めているじゃないか。
こんな誰も信用しない嘘をついている事は当然、IOC委員も分かっているはずなのに投票しているのはかなり多くの見返りをもらってのことなのだろう。
もしそうでなければ、IOC委員は何も見抜けないバカの集まりだと思う。
選手が喜ぶのは良く解るし、純粋な気持ちの何物でもないだろ。
少なくともこれで金が儲かると喜んでいる選手などいない。
しかし、経済界のインタビューなど何故するのか、平和のへの字も出る訳でなく、ただ金が儲かるから良いと言っているだけである。
そんな画面が何故必要なんだろう。
建前だけとしても世界平和に貢献したい、とぐらい言っても良いんじゃないだろうか。
経済効果と言うが、世界的に見れば単なる東京(日本の隅々などと言う事は有り得ない)というミクロの部分のことに過ぎないだろう。
現在、地球的に見れば温暖化や海洋や大地の汚染など、海洋資源の枯渇、化石燃料の枯渇、相変わらずの対立と殺し合い、核武装などなど、末期的症状に見える。
もっとそれらを意識した中で「平和の祭典」オリンピックを語っても良いんじゃないか・・・
その位の人間的進化があっても良いのじゃないか・・・
全てのマスコミは大はしゃぎしている場面だけを繰り返し流している。
周りを見ているとそんなに賛成している人が多いとは思えない。もっとやるべき事が先にあるんじゃないかと言っている意見が多いと思う。社会を冷静に見ている人が多いと思う。
にもかかわらず雰囲気は大政翼賛的に賛成一辺倒である。
異論を言えない空気を戦前と同じ様にマスコミがこぞって作り出しているように見える。
完全に先祖返りの様相である。
孫達の運動会を見ていると一生懸命の姿が何ともほほえましい。
オリンピックは先ずは選手が一生懸命競って楽しめばよい。
そしてそれを見てみんなで感動して楽しめばよい。
経済界が金のことだけを言ったり、議員が嘘っぱちを並べ平和の祭典を汚すべきではない。


プロフィール

izena社長 前田誠一

Author:izena社長 前田誠一
FC2ブログへようこそ!

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

人気BLOGランキング

ランキング人気 20070719115222.gif にほんブログ村 環境ブログへ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。